My Diary
+画像をクリックすると大きな画像を見る事ができます+

Diary in 2005/10/.....
2005年10月 4日 (Tue) -- No.1
 +--失敗コーンブレッド--+
今日はコーンブレッドに挑戦しました。
レシピは「超本格パンが100分で焼ける!」から。

でも、これ失敗しちゃいました。
材料を分量通りHBのケースに入れて一次発酵までおまかせにしたのですが、全然膨らんでいなくて、固い生地のまま。
どうも水分が足らなかったようです…orz
仕方が無いのでケースから取り出し、水分を加えて捏ね直してみましたが、二次発酵後も少ししか膨らみませんでした。
とにかく焼いてみると、「塩辛いパウンドケーキ?;」という仕上がり。 玉砕です…orz
でも根性で数きれ食べましたけど。(重くて胃にもたれるぅ;)

失敗の原因は、コーングリッツが細引きだった為、水分を吸いすぎてしまったのかも? 捏ね直しでイーストの力も弱まってしまっただろうし。
うーリベンジする元気も今は無し。
コーングリッツどうしよう。 イングリッシュマフィン?笑

2005年10月 5日 (Wed) -- No.2
 +--シナモンレーズンブレッド--+
昨日のパンは失敗したので、気を取り直して今日は「シナモンレーズンブレッド」を焼きました。
これは先日の「シナモンブレッド」の作り方を少し変えたもの。
レシピは「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
今回はツイスト成型時にカレンズを入れるのではなく、生地そのものにカレンズ(100g)を入れてみることにしました。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
バター
牛乳
ドライイースト
砂糖

シナモン
グラニュー糖
カレンズ
ブランデー

牛乳は10cc減らして、一次発酵までHBまかせ。
カレンズはドライイースト投入時間にあわせて入れました。
やはりカレンズについているブランデーが影響してか、少し柔らかめの生地になっていました。 後5〜10cc牛乳を減らしてもいいかも。
ツイストの成型をして、パウンド型に入れて二次発酵(40℃35分)。
やはりカレンズを生地に入れたのは正解でした。 成型がすんなり出来ました。
今回は新しく購入したパウンド型を使用したので、レシピ本の型より長くて、ちょっと高さが出なかった気がします。 次は2割増しの分量で計算し直そう。
please clickplease click
前回のツイストよりも、少しましにになった気がするけれど、まだまだかなー。
それと、カレンズを生地に入れると生地が薄茶色く色付いて、シナモンの模様があんまり見えない(汗)
でも味は( ^ー゜)bでした。
うーむ。 ツイストは奥が深いわ・・・。

2005年10月 6日 (Thu) -- No.3
 +--そろそろシーズン--+
クジャクアスター
暑かった夏が終わって涼しくなってきたので、やっと我が家のベランダにも活気が出てきました。
先日購入したクジャクアスターは、どんどん花が咲いてポンポンみたいになってきています[:わーい:]
バラの蕾も膨らんで来たし、八重のピンクマーガレットも咲き始めました。 ブライダルブーケも再び花をつけています。
あと一ヶ月でビオラの植え付け・・・o(^ー^)oワクワク 待ちきれない〜。

2005年10月 8日 (Sat) -- No.4
 +--ベイクドチーズケーキ--+
生クリームの賞味期限がせまっていたので、慌ててチーズケーキを焼きました(笑)
レシピはたかこさんの「本当に作りやすい焼き菓子レシピ」から。
生クリームは1パック使い、その分小麦粉を5g増量。 ブルーベリーも加えました。
今回は20cm四方のスクエア型を使い、バータイプのチーズケーキにしてみました。
please clickplease click
スクエア型に流したら、どのくらいのケーキの高さになるか不安でしたが、バーにするのにちょうどいい位になりました。
難は、ブルーベリーを最初に敷いて上から生地を流すと、ブルーベリーが流されてしまって、まんべんなく底に散らすことが出来なかったこと。
ブルーベリーいっぱいというバーと、少ない〜;というバーが……(笑)
ブルーベリーいっぱいバーを先に選んで食べてしまったのは、言うまでもありません(爆)

2005年10月 8日 (Sat) -- No.5
 +--おやつスティック--+
今日の晩御飯はナポリタンにしようと思っています。
で、夕方突然「おやつスティック」を焼こうと思い立ちました。
レシピはたかこさん&みかさんの「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
■材料
江別製粉ハードブレッド専用粉
牛乳
バター
ベーキングパウダー
砂糖

パルメザンチーズ
ドライパセリ
黒こしょう

みかさんがおつまみバージョンとして紹介されている、ドライパセリと黒こしょうを加えたスパイシーなおやつスティックにしました。
生地をこねるのはHBにまかせることにし、ケースに粉類・牛乳を入れて「ピザ生地」コースを選択。
蓋を開けたまま、捏ね具合を見ながらバターを投入。
5分間捏ねた後、ケースから生地を取り出して休ませました。
べとつかない綺麗な捏ね上がりで、これはワッフル生地を捏ねるのも、HBにお願いしてもいいかも♪
さて、材料の2倍量を捏ねたのですが、32本生地を棒状にするのは、結構大変だと気づいた私。
暇そうにしていたムスコを召還  ̄ー ̄)ノノ彡 コッチャコイ

ムスコ「うわーやっていいの??」(普段は私が成型したいので、手をださせない笑)
ハハ「おー思い存分伸ばしてくれぃ」

ムスコよ、生地で遊び過ぎだってば。
かなり個性たっぷりの棒がずらりと並びました(笑)
170℃10分焼いた後、まだ焼きが足りないみたいなので、途中様子を見ながら150℃15分を追加しました。
please clickplease click
チーズと黒こしょうの風味が効いた、カリカリおやつスティックの出来上がり♪
みかさんも1時間で出来上がる、書かれていましたが、これは時間はあまり無いけど、焼きたい気持ちムラムラの時にピッタリ。
ムスコもうまい!とポリポリ食べていました。
ビールにあいそう〜早くビール飲みたいっ。

2005年10月10日 (Mon) -- No.6
 +--ターシャ・テューダー--+
今日、BS2で「喜びは創りだすもの〜ターシャ・テューダー四季の庭」の再放送がありました。
8月に最初の放送があり、その時にかなり話題をよんだ模様。(検索かけてみたら、沢山hitしました)
私は全くターシャ・テューダーという人を全く知らなかったのですが、9月にNHK総合で放送していたのを偶然目にしてから、彼女の暮らしにすっかり魅了されてしまったのでした。
今日BS2で再放送があるのを知り、録画して永久保存版に(笑)
9月に総合で放送されたものは、少しカットした映像だったらしく、今回の放送は見ていない部分もあって、再び感動。
彼女のような暮らしは、私には全くできそうにないけれど、憧れです。
絵本も沢山出されているんですね。 今でも現役の絵本作家だそうです。
番組の中でも、さらさらと素敵な絵をスケッチされていました。
ターシャの庭ターシャの家
「ターシャの庭」「ターシャの家」は誕生日&クリスマスプレゼントにねだってみたいと思っています(笑)
(ま、ねだらなくてもボーナスで気が大きくなった時に、絶対買うと思うけれど爆……事後承諾事後承諾♪)

2005年10月12日 (Wed) -- No.7
 +--バラが咲き始めました--+

我が家に1鉢だけあるバラ「早春」が咲き始めました。 2回目の秋です。
管理が悪いのか、どうしても小ぶりの花になってしまいます。
剪定も怖くてあまりできないし(汗)
でもなんとか蕾をつけてくれて、優しいピンクの花びらが覗いた時は、とても嬉しい。
近所のバラ園も10月中旬からバラが見頃になり始めるので、そろそろ朝一で撮影に行かなきゃ♪

2005年10月12日 (Wed) -- No.8
 +--レーズン入ちぎりパン--+
今日はお昼にレーズン入りちぎりパンを焼きました。
ちぎりパンを焼くのは初めて(〃∀〃;)ドキドキ
みかさんの「手づくりパンおある楽しい食卓」の「ちぎりパン」のレシピに、カレンズ50g+グリーンレーズン50gを加えて作ってみました。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
バター

コーヒー用ポーション
ドライイースト
きび砂糖

カレンズ
グリーンレーズン
ブランデー

あいにく牛乳を切らしていたので、コーヒー用ポーション5個+水で120ccにしました(汗)
一次発酵までHBまかせ。
レーズン類はドライイースト投入時間にあわせて入れました。
16分割して18cmx18cmのスクエア型に入れて二次発酵(40℃40分)
やはり等分割するのは難しくて、でこぼこになってしまいました(汗)
二次発酵前二次発酵後
二次発酵後、焼き上げ。
少々ぽこぽこが均一ではないけれど、ちぎりパンの焼きあがり♪
ちぎりパンはちぎる時が楽しいですねー♪
あつあつふわふわ〜・:.,;*
please clickplease click
ちぎりパンも、色々バリエが楽しめそうだから、次はどんな味にしようかな。

2005年10月14日 (Fri) -- No.9
 +--バラ園に行ってきました--+
「ブラスバンド」
バラ園のHPで「秋バラが一部咲き始めました」という案内が出たので、早速行ってきました。
昨日の天気予報では今日は曇りだったので、「これは撮影日和だ♪」と思っていたのですが、見事にカンカン照り;
影が濃すぎて綺麗に撮れませんでした。
暑いし、気に入った色のバラだけチョイスして、早々に退散。

そんなに咲いていないだろうと思っていたら、もう4割ほどのバラが咲いていました。
ここ数日お天気が良くて暑いぐらいだから、一気に開花したのかな。

ガーデンセンターでタイムやラベンダーの鉢に、つい手が伸びてしまったけれど、ぐっと我慢我慢。 スクーターで来てるし。
おととい生協で届いたオキザリスの球根を早く植えなきゃ。

2005年10月17日 (Mon) -- No.10
 +--星パン&フルーツクレープ--+
please click
今日は土曜日の参観日の振り替え休で、ムスコが家にいます。
月末に家庭科で「自分の苦手な食材を食べようキャンペーン」(笑)があり、キウイが苦手なムスコはクレープを作ることにしました。
それで、今日はその予習。
クレープ種を作り、フライパンにお玉で作った生地を流してくるくる〜。
コツをつかんだら、結構上手に焼きました。
キウイ・黄桃・バナナを自分で切り、クリームは最初からホイップしてあるものを使いました。
ムスコ「キウイの種のブツブツが苦手ー(泣)」と言いながらも、嬉しそうに食べていました(笑)
ババとハハもご馳走になったけれど、とっても美味しかったよ〜。
クレープを焼くことよりも、キウイの皮をむく手つきが不安なハハでした・・・。
やっぱり普段からさせないと、こういうことは出来ませんねぇ。

それと、もうひとつ私が焼いてみたかった星パン。
これはネットの旅に出たとき、偶然目にして一目ぼれしたもの。
+ Ciel +」のikuyoさんが成型の仕方を書かれていた、可愛い星の形のパンなのです。
粉の配合は、みかさんの「手づくりパンおある楽しい食卓」の「ショコラ」を使いました。
粉ははるゆたかブレンドを使用、レシピより牛乳は10cc減、砂糖を大さじ1増やしました。
チョコチップはHBで一次発酵しているうちに溶けちゃったー(泣)
そのせいか、生地が柔らかめの仕上がり。
8分割して、星パンの成型。 これが楽しい〜。
私は6つと8つのツノの星パンにしたのですが、6つツノの方が、かわいく仕上がりました。
二次発酵中、乾燥防止にかけているサラシに生地がべっとりくっつくという、悲劇が起きたのですが、とにかく気を取り直して焼き上げへ。(180℃で15分)
please clickplease click
かわいい星パンの焼きあがり。
砂糖を多めにしたのと、チョコレートが溶け込んでいるので(そんなはずでは・・・;)、少し甘めのおやつパンになりました。
二次発酵の悲劇を感じさせない膨らみで、ホッ。
この星パンは、プレゼントにしても、形の楽しさで喜ばれそうですね。
ikukoさん、ありがとうございました。

2005年10月19日 (Wed) -- No.11
 +--黒ごまパン--+
今日はお昼ご飯に「黒ごまパン」を焼きました。
レシピはたかこさん&みかさんの「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
■材料
江別製粉ハードブレッド専用粉
牛乳
バター
砂糖

ドライイースト
黒ごま

前回HBおまかせにしたら、黒ごまが粉砕されて、得体の知れない生地になってしまったので、今回は一計。
みかさんの本では、手捏ねの時間は長くて10分程と書かれています。
それで、最初から粉類にドライイーストを加えてケースに入れ、バターと人肌に暖めた牛乳を加えて、「ピザコース」を選択してスイッチオン。
約5分HBの蓋を開けたままで、捏ね具合を観察して、まとまってきたら黒ごまを加えて、ざっと混ざったらスイッチオフして台に生地を取り出しました。
生地がかなりベタついていたので、少々打ち粉をして滑らかになるまで手捏ね。
ボールに生地を入れてビニールをかぶせて、オーブンレンジで40℃40分一次発酵しました。
一次発酵前一次発酵後
いい感じに発酵しているみたい。
分割してベンチタイム後成型して二次発酵へ。(40℃20分)
みかさんおすすめのウェンガーのスナックナイフを水をはったグラスに入れて、いざクープ!
おお、今までで一番まともかも?
クープ〜
190℃で15分焼き上げました。
please clickplease click
(T▽T)クープ開きすぎて、存在がほとんど無くなってる…。
オーブンを暖めている間に、クープが開きすぎちゃったのかな。
それと、柔らかめ生地をふんわり扱いすぎて、パン自体が腰高に仕上げられなかったのが原因のような気がします。
でも、中がふわっとして、ぷちぷち黒ごま食感が美味しいパンになりました。
ハハとふたりで1個半、ペロリと食べちゃいました。
本当はもっとハードタイプのパンのような気がするけれど(笑)
綺麗な形とクープが次の課題です。

HBの助けを借りての手捏ねは、今回初めて試してみましたが、意外といいかも。 時間も30分程短縮できるし。
又やってみたいと思います。

2005年10月21日 (Fri) -- No.12
 +--植物の避難先--+
please click
そろそろ寒さに弱い植物を室内に取り込まなくてはならない季節になってきました。
今まで出窓にぎっしり並べたりしていたのですが、例の組み立てるだけ〜の木製支柱と棚板で、奥行きの狭い棚を作ってみました。
■材料
支柱 90cm 4本
棚板 20cm×60cm 4枚
木ネジ 32本

さすがに4回目となると、電動ドライバーに振り回される事無く、なんなく組み立て終了。
今回は一番上の棚受けの切り込みから上を、カットして貰ったので、上段のでっぱりが無く、すっきり仕上がりました。
まだこれから数鉢この棚に避難してくる子がいるので、もう少ししたら棚ぎっしりになってしまうかな。
薄型なので、地震の時倒れちゃうかも(汗)
グラッと来たら、まずこの棚を押さえにすっとんで行かなきゃ(爆)

リビングから目に入る場所ではないので、植物の水切れに要注意。

2005年10月21日 (Fri) -- No.13
 +--HAPPY BIRTHDAY--+
please click
今日はムスコの誕生日。
コージーのモンブランが食べたいー!と言うので、
色々な種類を買ってきました。
美味しい〜♪

2005年10月22日 (Sat) -- No.14
 +--ブラウニー--+
ムスコの誕生日ケーキは買ってきたモンブランだったのですが、それだけというのも、なんだか寂しいので、久しぶりにブラウニーを焼きました。
日持ちもするし、普段手作りお菓子をあまり食べてくれないムスコも、チョコ系のお菓子は喜んで食べてくれます。
■材料
板チョコ 225g
バター 225g
砂糖 150g
塩 小さじ1/4
卵 3個
ココア 50g
小麦粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1.5
くるみ 100g
please clickplease click
ちょっと焼きすぎたかもしれません。 思ったよりしっとり感が少なめ。 1日置いたらもう少ししっとりすると思うけれど。

今回感動したのは、ウェンガーのスナックナイフの切れ味。
今まで普通の包丁で切っていたのですが、くるみに刃先が当たると、くるみが綺麗に切れずに、下にめり込んでしまっていたのですが、ウェンガーだと気持ちいいくらい綺麗にカットできました。
cuocaの商品に対する投稿にも書かれていたのですが、まっすぐ刃を入れたつもりでも、何故か左に少し斜めに切れてしまいます。 このナイフを使う時は、気持ち右斜めに切るつもりでいたほうがいいみたい。
トマトもスパッと切れるので、感動〜。
普通の包丁とウェンガーのナイフを使い分けて、料理の時も普段使いしています。
ロールケーキも綺麗な切り口になるらしいので、切ってみたいな。
それより先に納得いくロールケーキを作るのが先だけれど(笑)

2005年10月26日 (Wed) -- No.15
 +--バラのパン--+
今日はずっと焼いてみたかった「バラのパン」を焼きました。
レシピはみかさんの「手づくりパンのある楽しい食卓」から。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
牛乳(140cc→130cc)
バター
砂糖(大さじ2→大さじ1)

ドライイースト
マロンクリーム

レシピでは、生地と生地の間にバターを塗っていますが、ボンヌママンのマロンクリームを薄く塗ることにしました。
黒ごまパン」を作ったときに試しにやってみた、HBの「ピザ生地コース」で10分間機械で捏ねて生地を取り出す方法で、リッチの生地を作って取り出し、ボードの上で手捏ねで軽く整えました。
40℃40分で一次発酵……とってもいい感じに膨らみました。
ボードでレシピの通りに生地を伸ばして、マロンクリームを塗りながら層にした後、分割してエンゼル型に。
二次発酵前二次発酵後
40度30分で二次発酵……(°ー°)(。_。)ウンウンいい感じに膨らんでいますぞ♪
今回はターンテーブルに型を置き、180℃で15分、160℃で5分焼き上げました。(途中しっかりと焼き色がついたので温度を下げました)
please clickplease click
型からはずす時、ちょうど生協さんが来られて、慌ててはずしたらちょっと層の部分が一部はずれてしまうというハプニングがありましたが、私的には大成功!
ハハも「綺麗だねーバラに見える見える」と言ってくれました。
パンも中身はふんわりと仕上がって、甘みも思っていたより控えめでお昼にちょうどいい感じ。
塗るクリームは、マーマレードや色々なジャムでも良さそう。
ただ、レシピに使うバターと比べて糖分があるので、型にマロンクリームが焼きついて、はずすのに少し手間取りました。 型の底には多めにショートニングを塗った方がいいかもしれません。 フッ素加工のエンゼル型なら問題ないかな。

このバラのパンもお土産にしたら喜ばれそう〜。
作るのも、花びらをはがしながら食べるのも、とっても楽しいパンでした。 又作りたいパンです。

思うに、HBの食パンの粉は280g、みかさんのレシピは200gの粉が基本なのですが、HBのケースで200gお任せで捏ねてしまうと、捏ね過ぎになってしまって、膨らみがいまいちなのかもしれません。
倍の400gを「生地コース」で捏ねる時は、そう感じないので、200gの粉の時は、HBの助けを借りて手捏ねが上手くいく気がします。
HBを上手に活用しながら、これからもパン作りを楽しんでいきたいな。

2005年10月28日 (Fri) -- No.16
 +--プレーンフォカッチャ--+
今日はオットは晩御飯がいらないので、手軽にペンネをナポリタンソースであえた、「なんちゃってペンネアラビアータ」に決定♪(一応緑黄色野菜は加えますよ〜)
それだけでは寂しいので、「フォカッチャ」を焼くことにしました。
レシピはたかこさん&みかさんの「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
■材料
江別製粉ハードブレッド専用粉
水(130cc→120cc)
オリーブオイル
砂糖

ドライイースト

今回もHBの「ピザ生地コース」で10分機械で捏ねてから、生地を取り出して整えた後、ボールに入れて40℃40分一次発酵しました。
上手く発酵したので、分割ベンチタイム後、成型。
二次発酵前二次発酵後
40℃20分二次発酵した後、190℃10分焼き上げ。
2枚の天板で同時に焼いたのですが、下段の焼き色がいまいちだったので、下段だけ3分追加。
please clickplease click
ふんわり焼きあがりました。 フォカッチャって、こんなにふわふわに出来ていいのかなぁ。 サイゼリアのフォカッチャのイメージがあるので(笑)
3時に捏ね始めて、5時には焼きあがってしまいました。 晩御飯の時間までまだあるけれど、我慢できずに半分食べちゃった(笑)
外はカリッ中はふわっとして美味しい〜♪
「フォカッチャ」で検索してみたら、これを横にスライスしてサンドイッチにしてもいいみたい。 この厚みだったらスライスできそう。
フォカッチャ特有の穴は、焼き上げたら小さくなってしまいました。
もっと思い切って穴を開けなくてはいけないみたい。 オリーブの実があったら、それを押し込めばいいんでしょうけどね。
みかさんのパンの本には、トマトジュースを使ったフォカッチャが載っているので、次はそれを焼いてみたいな。

2005年10月29日 (Sat) -- No.17
 +--イギリスパン--+
明日の朝ごはん用に「イギリスパン」を夕方焼きました。
レシピはたかこさん&みかさんの「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
牛乳
水(90cc→70cc)
バター(15g→20g)
砂糖

ドライイースト

HBの「ピザ生地コース」で10分機械で捏ねてから、生地を取り出して整えた後、ボールに入れて40℃40分一次発酵しました。
一次発酵後、そうっと生地を取り出し、分割ベンチタイム後、まぁるく生地を整えて、いよいよ二次発酵(40℃40分)。
形良く山形になるかしら…(〃∀〃;)ドキドキ
二次発酵前二次発酵後
180℃で30分焼き上げました。
初めてにしては、ちゃんと山形になったかな…。
でもちょっと窯伸びが足らない?それとも二次発酵が足らなかった?
高さがもう少し欲しいような。
please click

カットしたいのをぐっと我慢。 明日の朝が楽しみ〜というか、怖い;
軽くトーストして食べたいと思います♪

***追加の写真***
please click
翌朝カットしたイギリスパン。
どうかしら? とってもふわふわで、軽くトーストして頂きました。
ムスコも合格出してくれたので、これからは食パン買わずに前の日にイギリスパンを焼こうかな。
基本的には朝ごはんはご飯とお味噌汁の我が家なので、しょっちゅう焼くとまではいきませんが(笑)

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen