My Diary
+画像をクリックすると大きな画像を見る事ができます+

Diary in 2005/11/.....
2005年11月 4日 (Fri) -- No.1
 +--来年のカレンダー--+
黒井健 2006年度 カレンダー
そろそろ来年のカレンダーを買う時期がやってきましたね。
私は5年前からリビングにかけるカレンダーは、黒井健さんのものと決めています。
黒井さんの甘すぎないパステル調の絵が、リビングの雰囲気を壊すこと無く、それでいて数字もとても見やすいから。(スケジュールの書き込みも出来るようになっているけれど、禁止しています笑)
もちろん黒井さんの絵が大好きだからなんですけど。
近くの本屋さんでは黒井健さんのカレンダーは見かけないので(泣)、amazonで早々と注文してしまいました。
で、今日届いたので、早速めくってみたら……相変わらず素敵な絵ばかりでウットリ。
特に5月と10月の絵が好きかな〜。
そうそう、今かかっている11月の絵もとても素敵。 アスファルトの道路から田園を見下ろしている絵。
今度の週末、群馬方面に紅葉狩りを予定しているので、こんな風景に会うことができそう。(予報では雨みたい…泣)

2005年11月 5日 (Sat) -- No.2
 +--かぼちゃパン--+
今日は朝早くからオットとムスコはスーパードッジボールの交流試合へ。
お留守番の私は、ふたりを送り出した後、早々に家事を済ませて、まったり時間・:.,;*
ちょっとパン焼きの間が開いたので、自分しかいないけれどお昼ごはん用にかぼちゃのパンを焼くことにしました。
(本当はその間に失敗パンがあったのですが〜泣)
レシピはたかこさん&みかさんの「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
「かぼちゃのちぎりパン」をエンゼル型に変えました。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
かぼちゃ
牛乳(140cc→130cc)
バター
砂糖→黒砂糖

ドライイースト

HBの「ピザ生地コース」で10分機械で捏ねてから、生地を取り出して整えた後、ボールに入れて40℃50分一次発酵しました。(かぼちゃが影響してか、いつもより10分余分にかかりました)
一次発酵後生地を取り出し、8分割して成型してエンゼル型へ。
一次発酵前二次発酵後
180℃15分+160℃5分で焼き上げました。
エンゼル型からこんもりパンが盛り上がって、とてもかわいいかぼちゃパンが出来ました♪
かぼちゃの種を買い置きしているのを忘れてた…上にトッピングして焼いたらもっと雰囲気でたのに〜。
please clickplease click
かぼちゃの風味がふんわりとする、もっちり柔らかパンに仕上がりました。
3つもちぎってパクパク食べちゃった(笑)
みかさんお薦めのエンゼル型は、やっぱりいいですね。
今まで出番の少なかった我が家のエンゼル型も喜んでいます(笑)

2005年11月 5日 (Sat) -- No.3
 +--初*馬嶋屋!--+

please click

たかこさんのお菓子の本を買ってから、ずーっと欲しかったマルグリット型とフラワー型。
そろそろボーナスを当てにしてもいい時期になったので(笑)、馬嶋屋菓子道具店に初めて注文してみました。
普段はcuocaさんに注文しているのですが、道具だけだと馬嶋屋菓子道具店は安いー!
マルグリット型もフラワー型も1000円を切っちゃう♪
おまけに初楽天買い物ということで、300円引きになったので、今回は送料も気になりません。
やっぱり色々目移りしてしまって、結局上のふたつの型以外にクグロフ型・オーバルタルト型・イングリッシュマフィン型も合わせて購入。
あーまず何から使おうかしら〜♪
フラワー型でバターケーキからかな o(^ー^)oワクワク

2005年11月 7日 (Mon) -- No.4
 +--紅葉狩り&リンゴ狩り--+
please click
昨日は群馬県の赤城山へ紅葉狩りドライブに出かけてきました。
毎年水上か赤城山へ紅葉狩りに出かけるのですが、我が家の紅葉狩りにかかせないのはリンゴ狩り!(笑)
一番好きな果物は?と聞かれると、迷わず「リンゴ!」と答える私、ちょうど紅葉の時期はリンゴの旬と重なることもあり、ドライブ先でリンゴ農園を探さずにはおれません。
紅葉狩りにはちょっとお天気が悪くて、せっかくの紅葉はくすんだ色に見えてしまいましたが、リンゴにお天気は関係無し!
利根町にある小林りんご園にお邪魔しました。

こちらのりんご園は昨日が観光農園としてのリンゴ園は最終日だったらしく、いつもより出血大サービスをされていた模様。
大きなビニール袋つめ放題で1500円。 品種は「新世界」で、「ふじ」よりは酸味が少し控えめの固くて甘いリンゴでした。(中に蜜も入っていました♪)
「新世界」
ムスコとふたりで(^-^*))((*^-^)わーいわーい言いながら、リンゴを収穫。
「まだ後いくつ入るぅ?」と袋つめ係のオットに聞くと、
「ビニールのばしたら、もう3つぐらいいけるぞ(オバチャンード全開!爆)」
21個も詰め込んで、大収穫(笑)
おまけに最終日だからと、野菜までおまけにつけて頂きました。
絞りたてのリンゴジュースやお茶、お焼き・お漬物…とお茶うけまでご馳走してもらって、大満足のリンゴ狩りでした。
予約するとバーベキューも出来るらしいので、来年からのリンゴ狩りは小林りんご園さんで決定!(食べ物につられています笑)

生食で充分美味しいリンゴですが、せっかく沢山あるので、いくつかコンポートにしてお菓子かパンに使ってみたいと思います。

紅葉狩りとリンゴ狩り、どっちがメインだったのかわからない(バレバレの)ドライブ、楽しかった・:.,;*

2005年11月 7日 (Mon) -- No.5
 +--「ちっちゃなチーズケーキのレシピブック」--+
ちっちゃなチーズケーキのレシピブック
今日は病院の待ち時間に本屋さんに出かけて、料理本コーナーをぶらぶらしていました。
ふと目に入ったのが、黒川愉子さんの「ちっちゃなチーズケーキのレシピブック
チーズケーキ好きの私にとって、これだけのバリエのチーズケーキレシピ、たまりません。
しかも表題にある通り、「ちっちゃな」型用の分量の材料なんです。
クリームチーズひと箱で2種類のチーズケーキを焼いてもいいし、我が家で常備している「kiri」を使ってもいい♪
眺めていてo(^ー^)oワクワクしてくるレシピ本です。

2005年11月 8日 (Tue) -- No.6
 +--クリスマスリース--+
please click
今日は友人とtiaraさんに注文したキットで「クリスマスリース」を作りました。
■材料(25cmリース台)
ドライモス
キンポウジュ
アナベル
川原ハハコ
ホワイトポプラ
綿の実
ヤマゴボウ
南京ハゼ

please click
ドライモスとアナベルは、大好きな花材。
雑貨屋さんで見かけるナチュラルリースにも、よく使われていますよね。
このリースは最後に枝に座ったかわいいスノーマンを付けて、クリスマスリースに仕上げるのですが、まだちょっと時期的に早いので、スノーマンはお休みしてもらっています(笑)
ふわふわした、とても私の好みのリースに仕上がりました。

今日のお昼用に、みかさんのバラのパンを持って行きました。
二次発酵中に移動して、友人宅で焼き上げ。
リース作りに夢中になって、過発酵ぎみ(汗)
でもふんわり美味しくできました♪
明日はお客様がくるので、又バラのパンを焼こうと思っています。
形が可愛いので、おもてなしにはピッタリ♪
バラのパン

2005年11月10日 (Thu) -- No.7
 +--おうちランチ--+
昨日は子供が同級生同士の友人ふたりをお呼びして、おうちランチをしました。
パンはみかさんの「バラのパン」と「フロマージュ」。
今回初めて2種類のパンを時間をずらして焼くことに挑戦。
前日HBとオーブンの使い分けのタイムスケジュール(大げさ〜笑)を練りました。

■バラのパン
江別製粉はるゆたかブレンド
牛乳(140cc→130cc)
バター
砂糖

マロンペースト
ドライイースト

■フロマージュ
江別製粉はるゆたかブレンド(40g減)
ライ麦 40g
牛乳(145cc→135cc)
バター
砂糖

プロセスチーズ
ピザ用チーズ
ドライイースト

まず「バラのパン」の材料をHBに入れ、「ピザ生地コース」で10分捏ねてから取り出し、生地を整えてから一次発酵へ。
バラのパンを取り出してから10分後、「フロマージュ」の材料をHBで捏ね始めました。
「バラのパン」の20分後を追いかけるように「フロマージュ」を作るようにしました。
基本的に「バラのパン」の流れは崩さず、「フロマージュ」の発酵は「バラのパン」がオーブン(40℃)に入っている時だと、その間は一緒に庫内に入れているようにし、焼き上げでオーブンを使っている時は常温でゆっくり発酵が進むようにしました。
「バラのパン」が焼きあがった頃、「フロマージュ」にクープを入れて焼くのにちょうどいい時間になりました。
材料の配合が違うパン生地を作る時は、こんな流れでいいかも、というのが掴めたような気がします。
もちろん室温で発酵は違うと思うので、その時その時で判断しなくてはいけないでしょうけど。

パンの写真はおもてなしに忙しくて撮るのを忘れてしまいました〜(爆)
「フロマージュ」は中にチーズを包むのではなく、生地全体に散るように最初の捏ねの時に混ぜ込みました。 6分割して丸く成型して、「リーンなパン」と同じクープを入れてピザ用チーズをトッピング。 ライ麦を入れた生地も美味しかったです。

デザートにはベイクドチーズケーキ手作りリンゴジャム添え、紅茶シフォンにクレームアングレーズ、ブラウニーをワンプレートでお出ししました。
友人が持ってきてくれた黒糖のチーズケーキも美味しかった〜♪

2005年11月11日 (Fri) -- No.8
 +--ミルクパン--+
今日は、お昼用にミルクパンを焼きました。
バラ園にビオラを買出しに行く前に焼き上げたいと思ったので、7時から捏ね始めました。
レシピはたかこさん&みかさんの「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
私のパウンド型は長さが24cmあるので、材料を1.2倍に。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
牛乳(10cc減)
バター
砂糖

ドライイースト

HBの「ピザ生地コース」で10分機械で捏ねてから、生地を取り出して整えた後、ボールに入れて40℃40分一次発酵しました。
一次発酵後生地を取り出し、5分割して成型してパウンド型へ。
二次発酵前二次発酵後
二次発酵は40℃30分+オーブンを暖めている間にちょうどいい具合に発酵終了。
180℃20分で焼き上げました。
小さい山がぽこぽこ並んだ、かわいいミルクパンの出来上がり♪
please clickplease click
ビオラを買って帰ってから、冷めたミルクパンをスライスしたのですが、もっちりしたきめの細かいクラムでした。
ゆで卵を刻んでマヨネーズあえしたものと、カスタードクリーム(先日のクレームアングレーズを加工)、リンゴジャムを添えて、好きなディップをのせながら頂きました。
しっとりもっちり、おいしいミルクパンで、感激。 これは定番にしたいパンです。

2005年11月11日 (Fri) -- No.9
 +--ビオラを買いに--+
ビオラ今日から近所のバラ園で「パンジー・ビオラ市」が始まりました。
11月に入ってからも暖かい日があり、早めに買うと苗の徒長が心配なので、ぐっと我慢していたのですが、「パンジー・ビオラ市」が始まるのに合わせて、友人と苗を買いに出かけました。
o(^ー^)oワクワク
大好きなビオラたちがズラリと並んでいる中、好きな色の苗を6株チョイス。
もう少し欲しかったけれど、後で又違う色合いの苗が出てくるかもしれないので、我慢我慢。
右の写真の子、紫の模様がなんだか犬の「ぶち」みたいで笑えちゃえました。
選んだ苗を見ると、どうしても好きなブルー・紫系に偏りがち〜(笑)
他にも「グレコマ」「バコパホワイト」を購入して寄せ植えにしました。
これから株が大きくなってくるのが楽しみです。

友人と待ち合わせ前に覗いたバラ園、意外にもまだバラが5割程咲いていて、いい写真が撮れました♪
please click

2005年11月13日 (Sun) -- No.10
 +--かぼちゃミルクパン--+
オットが朝早くから休日出勤していきました。
なので、これから捏ね始めれば、朝ごはんに焼きたてパンが間に合うな♪と思い、先日のミルクパンにかぼちゃペーストを加えて、「かぼちゃミルクパン」を焼くことにしました。
ミルクパンと同様、レシピの材料を1.2倍に。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
牛乳(10cc減)
バター
砂糖

ドライイースト
かぼちゃペースト 50g

please clickplease click
5時半に捏ね始めて、7時半には焼きあがり。
8時にまだ暖かいかぼちゃミルクパンを頂きました。
んーほんのり甘いかぼちゃが美味しい、もっちりパン。
先日のミルクパンは、翌日軽くトーストしたら、今度はサクサクでとっても美味しかったので、明日が又楽しみです。

2005年11月16日 (Wed) -- No.11
 +--パン・ド・ジェーヌ--+
please click
今日は先日購入したフラワー型を使って「パン・ド・ジェーヌ」を焼きました。
レシピはたかこさん&みかさんの「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
卵を2個しか使わないので、逆になんだかモタモタ。
(いつもは4〜5個の卵を使うことが多いんです)
レシピではメレンゲは後で泡立てるのだけど、泡だて器を使いまわしする都合上、先に卵白を泡立てました。
手順としては、シフォンケーキと似ているので、しっかり頭にたたきこんでから、作り始めました。
案外早く生地が出来上がってしまって、オーブンが温まるまで待つ羽目になって、ドキドキしましたが、なんとかちゃんと膨らんだ感じ。
型からはずす時、ちょっと生地が型にくっついてしまって、綺麗な表面にならなかったのが残念です。
実は紙をしき込まない型は初めて使ったのです。 何度か焼いてみて、慣れなくちゃ。
生地にブランデー漬けドライフルーツを入れたり、缶詰のアメリカンチェリーを入れたら、又違った味が楽しめそう♪ 抹茶もいけたりして?

このケーキは1〜2日寝かした方が美味しいらしいので、味見したいけれど、ぐっと我慢しています。 しっとりするといいな。

2005年11月18日 (Fri) -- No.12
 +--おうちランチ--+
please click
今日は友人2人をお招きして、おうちランチをしました。
パンはレーズンミルクパン、ハムチーズパンを焼きました。
レーズンミルクパンは、みかさんのミルクパンにレーズンを加えたもの、ハムチーズパンは、みかさんのリッチなパンの生地を使って成型しました。

レーズンミルクパンに入れるレーズンはサルタナ・グリーンレーズン・カレンズを各40g、砂糖は黒砂糖に置き換えて、いつものミルクパンの手順で作りました。
HB「ピザコース」で10分捏ねた後、ブランデーをまぶしておいたレーズンを投入し、ざっと混ざったらペストリーボードで手捏ねしてレーズンと生地を馴染ませて一次発酵へ。
二次発酵後please click
5分割して成型した後、二次発酵して焼き上げました。

ハムチーズパンは、リッチな生地をレーズンミルクパンから20分遅らせてHBで捏ねを開始。
一次発酵後、25cm四方に伸ばして、マヨネーズ+黒胡椒+ハム+スライスチーズとのせていき、くるくるロールしてから、6つにカットしてエンゼル型に入れて二次発酵。
二次発酵前二次発酵後
ピザ用チーズをトッピングして、180℃20分焼き上げました。
please click
レーズンミルクパンは、3色のレーズンが楽しい、どっしりしたミルクパンになりました。 私的にはレーズンの甘さがあるので、砂糖を大さじ1に減らしても良かったかな。 おやつ向けかも。
ハムチーズパンは焼きたて熱々もあって、友人に大受け。 良かった〜。
おかずパン系なので、ムスコも好きそう。
エンゼル型で焼くと、よそゆきの顔になるので、おもてなしにはやっぱりいいなぁ、と思います。

ケーキを少しずつ盛り合わせたりするのに、白いシンプルな大き目のプレートをずっと探していたのですが、先日ニトリでオーバル型のプレートをお手頃価格で発見。 うれしー♪
プレートにパンとスープカップを乗せて、ちょっとカフェ風な雰囲気を楽しみました。

お店でランチも好きだけれど、おうちでまったりと持ち寄りランチが、自分にはあっているような気がします。
メニューはいつも同じなんですけどね(笑)

2005年11月27日 (Sun) -- No.13
 +--トマト&ハーブのフォカッチャ--+
今日の夕食は、今度の水曜日にあるムスコの調理実習の予行演習。
マカロニグラタンを作ります。
私は探してやっと手に入った「ミックスハーブ」を使って「トマト&ハーブのフォカッチャ」を焼くことにしました。
レシピはみかさんの「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」から。
実は「ミックスハーブ」、みかさんが使われている「イタリアンミックスハーブ」はどうしても手に入らなくて、S&Bの「ミル付ハーブミックス」を使用。
タイム・オレガノ・マジョラム・セロリがミックスされています。
「イタリアンミックスハーブ」は、オレガノ・バジル・タイム・ローズマリーがミックスされているみたい。
みかさんはHPで、イタリアンハーブミックスが手に入らなければ、オレガノ・バジルで代用してね、と書かれていました。
…ということは、「バジル」が足らない〜〜〜;
「バジル」は単品で買えばよかった…orz
でも、どーしても今日焼きたかったので、とりあえずバジル抜きでっ。
■材料
江別製粉ハードブレッド専用粉
トマトジュース
エキストラバージンオリーブオイル
砂糖

ドライイースト
ミックスハーブ
パセリ

今回はトマトジュースの量を減らさなかったのですが、やっぱり10cc減らした方がよかったみたい。 随分生地がべたついてしまいました。
いつも通りHB「ピザ生地コース」で10分捏ねた後、ボードで生地を整え、一次発酵(40℃30分)。
最終発酵前最終発酵後
今回は30分でしっかり膨らんでいました。
分割ベンチタイム後、成型。 今回はきっちり大きな穴を開けたつもりなのですが…最終発酵を済ませたら、やっぱり穴がふさがってる〜(汗)
please click
190度10分で焼き上げました。 ぷく〜と膨らんで美味しそう♪
オリーブオイルの香りがたまりません。

夕食のグラタンと一緒に食べたのですが、冷めてもハーブの香りが爽やかで、ワインとの相性はバッチリ♪
トマトジュースのオレンジ色が綺麗なフォカッチャでした。
このフォカッチャは、ムスコよりオットの受けが良かったかな。

2005年11月29日 (Tue) -- No.14
 +--ドライフルーツのミルクパン--+
今日は、パネトーネマザーを使ってブランデー漬ドライフルーツを入れたミルクパンを焼きました。
レシピはみかさんの「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」の「ぶどうパン」を基本にして、レーズンをブランデー漬ドライフルーツに、ドライイーストはパネトーネマザーに置き換えました。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド 240g
牛乳(10cc減)
バター
砂糖

パネトーネマザー 11g
ブランデー漬ドライフルーツ 120g

材料はレシピの1.2倍。
パネトーネマザーは粉に対して4.4%計量しました。
いつも通りHB「ピザ生地コース」で10分捏ねた後、ボードでドライフルーツを加えて捏ねながら、生地を整え、一次発酵(40℃40分)。
(しっかり水分をきったつもりでしたが、ドライフルーツの水分で生地がかなりべたついてしまい、整えるのに一苦労)
一次発酵後、5分割して丸め、パウンド型へ入れて、最終発酵へ。
最終発酵前最終発酵後
40℃40分かかりました。 ドライイーストと比べて、発酵に少し時間がかかる気がします。
180℃20分で焼き上げ。
please clickplease click
前回初めてパネトーネマザーを使って失敗したイギリスパンは、全く窯伸びしなかったのですが、今回はちゃんと膨らみました(ほっ)
スライスしてみると、きめが細かくて、しっとりもっちりしたパンでした。

失敗イギリスパンは、どこが悪かったのか解りません…( ̄-  ̄ ) ンー
とりあえず、今回は無事焼きあがったので、パネトーネマザーが冷蔵庫に封印される事は回避できました(笑)
次は何を焼いてみようかしら…。

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen