My Diary
+画像をクリックすると大きな画像を見る事ができます+

Diary in 2005/09/.....
2005年 9月 1日 (Thu) -- No.1
 +--みかさんの新しいパンレシピ本--+
みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓
みかさんの新しいパンレシピ本「みかさんの手作りパンのある楽しい食卓」、発売から1日遅れでGET♪
amazonではすでに売り切れなんですねー(汗)
本屋さんでも平積みされていたのですが、もう数冊しか残っていませんでした。
よよ良かったー手に入って。 昨日発売なのに、すごい人気ですね。
たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」でも紹介されていた「リッチ&リーン」のパンをベースに、色々なパンレシピを丁寧な解説で紹介されています。
又々目からウロコな技が沢山! 焼いてみたいパンが目白押しです。
夏休みも終わった事だし、週に一度は今までに溜まっている焼きたいパンを少しずつ消化していきたいなぁ、と思っています。
cuocaさんに昨日又注文しちゃったし〜(てへ)

2005年 9月 2日 (Fri) -- No.2
 +--「たのしい犬生活」--+
たのしい犬生活
私が足しげく通わせて頂いている、「楽しい犬生活」のdamiさんが本を出されました。
今日発売だったのですが、昨日もう本屋に並んでた〜[:ラブ:]
書き下ろしだそうなので、blogには無い楽しみが満載♪
小さな遊び心があちこちにあって、それを探すのも楽しい♪
ムスコも爆笑しながら読んでいます。
きっと「まも日誌」と同じく、ボロボロにされちゃうんだろうなー;
ムスコが「たの犬」を手にするたびに、「手、きれいなの??大事に読んでね!」とチェックをいれる日が続きそう・・・(爆)

2005年 9月 6日 (Tue) -- No.3
 +--古代エジプト展--+
図録
今日は小雨の降る中、母と東京都美術館へ「ルーブル美術館所蔵 古代エジプト展」へ出かけてきました。
以前偶然NHKの「新日曜美術館」でこのエジプト展を見た時、「うわー!行きたい!」と思っていたのですが、出不精な私は行動に移していませんでした。(特に都会嫌い人ごみ嫌い・・・笑)
でもたまたま母と話をしていた時、この展覧会に母が行くつもりなのを知って、「私も一緒に行く行く〜」となったのです。
普段東京方面にはまず出かけないσ(^^;)・・・オットのものすごく細かい美術館への行き方の指図を受け、無事美術館に到着。
(切符の料金や何両目に乗るのかまで指図された爆・・・こっ子供じゃ無いんだから〜;)
素晴らしい美術品の数々を堪能して来ました。
せいぜい1時間ぐらいで回ってしまえる程度かと思っていたら、2時間みっちり歩き回る程の展示数。(最後にはクタクタ笑)
ホームページを見て、一番見たかった青いカバの小像はもちろんのこと、石棺の蓋やステラ、副葬品に圧倒されてきました。
金のトカゲや魚のモチーフのネックレスには、「今でも充分素敵よねー」と母と大盛り上がり。 あのモチーフをチャームで売ってくれたら、身につけるのにな〜。
どの展示物も今から何千年も前の物・・・という事が信じられない程、古代エジプトの息遣いが感じられる物ばかりでした。

最後にはやはりミュージアムグッズのお店であれこれ物色(笑)
ブルーヒッポのチャームの質感がいまいち気に入らなかったので、結局図録を抱えて帰ることに。
今回の展示品の丁寧な解説が書いてあるので、思い出しながらゆっくり眺めよう・・・。

同じくNHKプロモーションの「新シルクロード展」も行けば良かったなーーー残念っ。

2005年 9月 7日 (Wed) -- No.4
 +--ミッシュブロート--+
今日はお昼ごはんに「ミッシュブロート」に初挑戦しました。
レシピは「手作りパンの本―おいしいパン屋さんの味を手作りで」から。
強力粉240g&ライ麦粉160gのハードパンです。
■材料
江別製粉ハードブレッド専用粉
ライ麦粉(細挽)

ドライイースト
砂糖

オートミール

上の材料に、「モルトシロップ」を加えなくてはならないのだけど、持っていないので割愛;
水は280ccのところを30cc減量して250ccにして、一次発酵までHBまかせ。
仕上がった生地は、水分が多すぎたみたいで、ベタベタした生地になってしまいました。 後10〜20cc減らした方が良かったかも(汗)
(くるみカレンズの時といい、水分調整は本当にムズカシイ!)
柔らかくて扱いにくい生地をなんとか分割してベンチタイム、成型しておニュー♪のオーバル型発酵籠に入れて二次発酵。
二次発酵前二次発酵後
焼き上げ前
今日は暑かったので、室温で二次発酵させたのですが、ちょっと発酵が足らなかったかな〜。
レシピ本より、随分平べったい感じ(汗) 発酵籠の形も影響してるのかも。
急いでいたので、焼き上げてしまいました[:苦笑い:]
please clickplease click
ずっしりと中身の詰まった噛み応えのあるハードパンが焼きあがりました。
「ミッシュブロート」で検索してみたら、もう少しソフトな中身じゃなくてはいけなかったかも〜。(発酵不足が影響?)
でもくるみカレンズみたいにずっしり重いパンも私は好きなので、ま、いっかー(いいのか?)
でもこのふたつのパンは、水分調整で失敗しているので、再挑戦しなきゃ。
カレンズも1kg手に入ったし♪♪

さて、次は何を焼こうかしら♪

2005年 9月 8日 (Thu) -- No.5
 +--有田焼の器--+
用事があったので、バイクで気持ちのいい風を切りながら出かけました。
あまりに気持ちがいいので、浮かれた気分で「そうだバラ園で陶器市やってたな〜」と特別買いたいものがあるわけではないのに、冷やかしで覗いてみることに。
かなりのお店が出ていて、お値段もリーズナブルな物が沢山あったけれど、まぁ特別惹かれるものも無く、ぐるっと一周してそろそろ帰ろうかなぁ、と思った時に目に入ったシンプルな器。
please click
薄くて硬質で軽くて、持ってみるとしっくり手のひらになじむ形。
うわ〜好きな器だわ〜と思って「どれどれ値段は・・・」と確認すると・・・「!!(滝汗)」
売り場のお兄さんがすーっと寄ってきて「正真正銘の有田焼だよー隣の町で焼いたものじゃないよ」
べつに有田焼が好きという訳でもないのだけど、その器に惚れちゃった(笑)
有田焼というと、赤や緑や色々と描き込んであって、そういうのは全く私の趣味じゃないんだけど、その器は藍の水玉が上部に散っているだけで、本当にシンプルで、私の好みにピタリときてしまいました。
値段が値段なので、こりゃ無理だーと思ったけれど、売り場から離れられない私に、お兄さんがものすごく値引きしてくれたので、小鉢・中鉢を3つずつ買っちゃいました。
ま、お店側が損するわけはないだろうから、その位は値引きしてくれるものなんでしょうけど。
もちろんその器はA品では無い物。 でも有名な窯(名前をうっかり忘れちゃったよ〜泣)の物らしく、普通はA品として売ってしまうものでも、B品としてハネてしまうんですって。(確かに私がじっくりチェックしても解らないほど)
この器って、フローリングに落としても割れないぐらい固いそう。(本当かいな) でも実際お兄さんがかなり強く器同士を打ちつけても、硬質な澄んだ音がするだけで、欠けないの(驚)
シンプルだから、どんな料理でも使えそう[:ハート:]
気に入った器に出会えると、とっても嬉しくなってしまいます。
でも〜・・・食器棚が・・・orz

黒砂糖
***おまけ***
奄美の黒砂糖♪
沖縄の黒砂糖と比べて、あっさりとしていて、口の中ですーっと溶けていきます。 精製の回数が多いんですって。
蒸しパンや黒蜜にして、黒砂糖の味をシンプルに味わいたいな♪

2005年 9月 9日 (Fri) -- No.6
 +--抹茶シフォン--+
今日は久しぶりに抹茶シフォンを焼きました。
ここのところシフォンは失敗が続いていたので、ちょっと身構えるようになっていたのですが、卵が余ってしまっているので消化がてら。
抹茶は大さじ1のところを、大さじ2にして、抹茶たっぷりのシフォンにしました。
いつもより丁寧にメレンゲを混ぜたので、焼き上がりの高さが低めかな・・・。
please clickplease click
■材料
卵 5個
小麦粉 120g
砂糖 100g
塩 ひとつまみ
抹茶 大さじ2
小豆甘納豆
サラダ油 60cc
ぬるま湯 100cc

甘納豆の散らばりがバランス悪くて、カットしたものによっては、「当たりー!」「はずれー;」があるけれど、まずまずの出来の抹茶シフォンでした。
抹茶の苦味が( ^ー゜)b

2005年 9月12日 (Mon) -- No.7
 +--カイザーセンメルとチーズパン--+
今日はお昼ごはんに「カイザーセンメル」と「チーズパン」を焼きました。
「カイザーセンメル」は初めて。
実はcuocaで「Matferカイザースタンプスタンダード」を手に入れたので、使ってみたかったのでした。
レシピは「手作りパンの本―おいしいパン屋さんの味を手作りで」から。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
バター

ドライイースト
砂糖

けしの実

please click
材料の配合はみかさんのリーンなパン。(強力粉400gで)
水は260ccのところを50cc減量して210ccにして、一次発酵までHBまかせ。
仕上がった生地は、今度は水減らしすぎちゃったかも・・・少し固めな生地になっていました。 うー柔らかすぎたり固かったり、ムズカシイorz
2分割して、半分はチーズパンに、半分をカイザーセンメルに。
チーズパンはさいの目にしたプロセスチーズを真ん中にくるんで、十字の切れ目を入れて、マヨネーズをトッピンング。
カイザーセンメルは、丸めた後スタンプでペッタン♪
あはは、面白ーい。 深くスタンプしないと、模様が綺麗に出ないとのことで、思いっきりスタンプしたら、生地が切れちゃったよ〜(爆)
その後けしの実でお化粧。
カイザーセンメルの方は、パンマットで二次発酵しました。

please click

焼き上げは190℃で18分。 途中前後天板を交換。
初めてのカイザーセンメルは、パンマットで水分を吸収しているせいか、皮がパリッと香ばしいパンで、美味しかったです。
なによりスタンプのおかげで、可愛い仕上がり♪ けしの実の粒々も( ^ー゜)b
おもてなしパンに良さそうです。
お友達の家に持っていって、おうちランチだったのですが、喜んでくれたので良かった良かった。

2005年 9月13日 (Tue) -- No.8
 +--キッチンリース--+
今日は友人とtiaraさんに注文したキットで「キッチンリース」を作りました。
please click
■材料(25cmリース台)
トウモロコシ
ベールナッツ
アップル
シナモン
オレンジ
ブリックキーヌ
ベイリーフ
ドライモス

久しぶりのリースに四苦八苦;
なかなか納得のいく位置に決まらない〜。
特にベイリーフの挿し位置が難しかったです。
以前通っていたリース教室では、先生が細かく指導して下さったので、変な場所にドライを挿すと、しっかりチェックが入っていたのですが、キットで自分でリースを作るとなると、ちゃんと出来ているのかどうか解らない〜(汗)
最終的にはいつもの「ま、いっか」で無理やり完成(爆)
tiaraさんのサンプルの写真とは、どうも違う感じですが、ま、いっか(笑)
今回はキッチンリースということで、ドライを触っているといい香りがしてきて、楽しかったです。
please clickplease click
次はクリスマスリースのキットをお願いしようか〜?と友人と話しています。
tiaraさんがクリスマスリースをどんなデザインにされるのか、楽しみ〜。

2005年 9月14日 (Wed) -- No.9
 +--もちもちパンミックス--+
今日はお昼ごはんに「SHOWAもちもちパンミックス」を焼いてみました。
これはBENESSE「はんど&はあと9月号」に試供品として入っていたもの。
夏休みムスコと作ろうと思いつつ、忘れていました〜。
外は風が強いし、昨日少々ハードワークだったので、今日は休養日。 一歩も外に出ないのだ〜!(笑)
でも、篭るだけじゃツマンナイので、簡単に何か作りたいな〜と、「もちもちパンミックス」を思い出したわけ(笑)
please clickplease click
作り方は簡単♪
卵・牛乳・サラダ油(私はオリーブオイルを使用)を混ぜたものに、ミックス粉をどさっと入れて、コネコネするだけ。
コネコネも私はニーダーを使用して楽チンしました。
もともとチーズ味が付いているらしいけど、チーズ好きの私は、更にピザ用チーズも加えてみました。
こね上がった生地は、なんだかものすごーく粘りの強くて、綺麗に丸められないぞ??(汗)
とりあえず12分割して(説明書をよく読んだら、16個だった汗)丸めたものを、オーブンで200℃15分焼いてみました。
please clickplease click
思ったよりかなり膨らんでるぅ。
パクっとアツアツを食べてみたら、中にかなりの空洞があって、モチモチした食感でした。
この「もちもちパンミックス」を焼いてみた方のblogでは、「ポンデケージョ」に似ていると書かれていたのだけど、「ポンデケージョ」って、こんなに中が空洞なのかなぁ・・・。
でももちもちとチーズ味がとっても美味しかったです。 ムスコが好きそう〜。
「ポンデケージョ」ってタピオカ粉で作るブラジルのパンなんですね。
タピオカ粉を白玉粉で代用してももちもちパンが出来るみたいです。
これは一度作ってみなきゃ(・∀・)9

2005年 9月19日 (Mon) -- No.10
 +--期間限定Blendyのボトル--+
冬はドリップ、夏はインスタントでコーヒーを飲むσ(・・*)
バリバリのコーヒー党です。
そろそろアイスコーヒーの季節はお終いですが、インスタントコーヒーはお菓子に使うことがあるので、切らすわけにはいきません。
で、先日スーパーで見かけた期間限定Blendy。
「期間限定」って何なのよー?
はーい U。・x・)ノお!
『ラベルをはがしてみよう!』 L(‘▽‘)はーい!
ペリペリ・・・っと・・・おお!可愛いイラストがボトルに描いてあるー♪
単にそれだけなんだけど、乙女心(爆)をしっかり捕らえていますよ!AGFさん!
実は最近パンやお菓子の粉の種類が増えたので、粉の保存にblendyやネスカフェ(エクセラ)のボトルを使うことが多くなっています。
2.5kgの粉は、スナップウェアに良く似ているプラスチック容器を購入しているのですが、色々粉の種類が増えると、全部その容器をそろえるのも大変。
1kgぐらいの粉なら、コーヒーのボトルで充分。
でもコーヒーのボトルって、いまいち可愛くない(特に蓋の色!)
その点、この期間限定Blendyは合格! 再利用も楽しくなりますよね。
アイスコーヒーにするのは、ネスカフェエクセラの方が苦味にキレがあって好きなのですが、このボトルならBlendy一本でいくのに!>AGFさん!
期間限定といわず、続けて欲しいなぁ・・・。

2005年 9月20日 (Tue) -- No.11
 +--紅茶シフォン--+
今日のお客様の為に、昨日は紅茶シフォンを焼きました。
今回は18cmの型で、レシピになるべく忠実に焼いてみました。
普段は20cmの型で小麦粉を100g使うのですが、今回は18cmの型でも100g。
いつもよりしっかりとした生地のシフォンになったような気がします。
でもしっとりふんわり〜。
やはり1日寝かした方がしっとりするかも。
たいてい我慢できずに食べてしまいますけどね(笑)
please clickplease click
レシピは「シフォンケーキ・アラカルト」のダージリンティー・シフォンケーキ。
私はアールグレイを使いました。 このレシピでは煮出した紅茶を使うだけなのですが、ティーバッグ1袋分、紅茶の葉も追加しました。
ソースは同じ「クレームアングレーズ」を用意して。
余っていた卵も沢山消費できました。
友人にも好評で良かった〜。 私的にも合格かな。

焼き温度も時間も今までのレシピと違うのだけど、いい感じに焼けたし。
シフォンのレシピは、本当に色々あって、どれが一番いい、というのがまだ見つからない。
しばらくこの18cmの型で、この本のレシピをきちんと守って焼こうかなぁ。

2005年 9月25日 (Sun) -- No.12
 +--ホームベーカリーでシュークリーム??--+
ナショナルの「ベーカリー倶楽部」で掲載されている「ホームベーカリー体験ブログ」。
Home Bakery まりの部屋」のまりさんがblogを書かれているので、時々覗いているのですが、やはり体験blogを書かれている飯田順子さんのblogを読んでびっくり!
なんとシュー生地の溶き卵を加えて練る作業を、HBにまかせちゃうというもの。
な、なるほどー。 粘りのあるパン生地を捏ねるHBだから、シュー生地も捏ねられるかもねー☆ 目からウロコです。
もういつ作ったか忘れるほどシュークリームは作っていませんが、これは試してみたいっ!
その前の小麦粉を加える工程もHBでまかせられないのかな〜(爆) それは無理だから書かれて無いんでしょうねぇ。

HBのお菓子作りへの活用法をこれからも探していかれるということなので、記事UPがとても楽しみです♪

2005年 9月25日 (Sun) -- No.13
 +--フロマージュ--+
今日はお昼ごはんに「フロマージュ」を焼きました。
レシピは「みかさんの手作りパンのある楽しい食卓」から。
■材料
江別製粉ハードブレッド専用粉
バター
牛乳
ドライイースト
砂糖

プロセスチーズ
ピザ用チーズ

強力粉は200gを300gに、牛乳は20cc減らして197ccにして、一次発酵までHBまかせ。
どのくらいの柔らかさの生地になるか、ドキドキしましたが、水を使う生地と比べて柔らかいけれど、べとつくまではいかずにすみました。
牛乳だと手触りがふんわりしている感じ〜♪
分割ベンチタイム後、チーズをくるんで成型。
チーズだけのものと、カリカリベーコン+チーズの2種類作ってみました。
二次発酵前二次発酵後
オーブン40℃設定で30分二次発酵。
クープを入れてピザ用チーズをトッピングして、焼き上げました。
なんだかクープがうまく入らなくて、全然開かなかった〜orz
単なるチーズのトッピングって感じ。 しかもトッピングチーズ少なすぎたかなぁ・・・。(これは計らずに適当にのっけちゃった汗)
please clickplease click

でもムスコは「美味しいー♪」とパクパク食べてくれたから、良しとしよう。

クープは毎回課題になってしまいます。
クープ用のカミソリも用意しているんだけど、ざっくり深く入らないのはどうしてかなぁ…… orz

2005年 9月26日 (Mon) -- No.14
 +--ベランダの新人--+
please click
先週から1週間、近所のバラ園でガーデニングフェアが開催されていました。
やはり行かずにはいられないσ(^^;)、台風の中出かけてきました(笑)
樹木が全品半額という事で、以前から欲しかったユーカリをget。
ミモザアカシアも欲しいのだけど、あまりに大きく育った株だったので、断念。
2年前購入したブルーベリーの2株のうち1株枯らしてしまったので、新たに2株購入。 今回は古い株とあわせて、大きな鉢に一緒に植え込んでみました。
ブルーベリーは秋に紅葉して落葉するらしいのですが、南向きのべランダに置いてあるせいか、我が家では紅葉も落葉もしません。 ちょっと残念。
でも春に咲くすずらんのような可愛い花が好きです。 実もなるといいなぁ。
please click
もうひとつ購入したのは八重のクジャクアスター。
大好きな薄青紫色です。
実家の裏庭に、一重のクジャクソウが繁茂していて、秋になるととても綺麗でした。
背がとても高くなっていたので、惜しげも無くザクザク切り取って、家の中に活けていました。
小花系の花が好きなのは、やはり母の影響だとしみじみ思います。
あと1ヶ月余りしたら、又大好きなビオラの植え付け時期が来ます。
去年は入院と重なってしまって、泣く泣く諦めたけれど、今年はo(^ー^)oワクワクしながら苗を選べるのが嬉しいな。
やっぱり青や紫系になっちゃいそう(笑)

2005年 9月26日 (Mon) -- No.15
 +--ショコラ--+
明日お客様なので、夕方に「ショコラ」を焼きました。
レシピは「みかさんの手作りパンのある楽しい食卓」から。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
ココア
バター
牛乳
ドライイースト
きび砂糖

チョコチップ

牛乳は10cc減らして、一次発酵までHBまかせ。
ココア生地をHBで捏ねるのは初めて。
本では手捏ねする時、最初べたつきやすいと書いてあるので、いったいどんな具合で捏ねあがるのかドキドキ。
でもケースから出す時も、すんなり出せる程度のふんわりした生地になっていました。
こっこんな感じ?
さーて、このショコラはこれからが正念場!(笑)
ツイストの成型は初めて。(〃∀〃;)
正方形に伸ばしてチョコチップを散らし、バターを塗ってくるくる巻いて・・・と。
半分にカットしてツイスト・・・と。
パウンド型にセット☆
ちょっとツイストが長すぎたみたいで、端がもたついてしまった〜(汗)
でも、このツイスト、ものすごーーーく成型が楽しかった! どんな具合になるのか緊張したけれど、包丁で縦にカットした時にのぞく層が嬉しいっ。

二次発酵前二次発酵後
40℃で35分二次発酵後、180度で20分焼き上げ。
心配していた型はずしも、綺麗にはずれて( ^ー゜)b
ちょっとツイストの膨らみが均一ではないけれど、とりあえず満足のいく出来かな。
このパンは半日寝かした方が味がなじむらしいので、つまみ食いしたいのをぐっと我慢。 明日カットする時が楽しみです。

please click

2005年 9月27日 (Tue) -- No.16
 +--くるみパン--+
今日はおうちランチ用に「くるみパン」を焼きました。
レシピは「みかさんの手作りパンのある楽しい食卓」から。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
バター
牛乳
ドライイースト
砂糖

くるみ

強力粉は300gに増やして、6個作れる分量にしました。
牛乳は200ccに減らして、一次発酵までHBまかせ。
私のHBはパン生地コースでは投入のお知らせはしてくれないので、イースト投入後のねかし時間にくるみを投入しました。
生地はいい感じに捏ねあがりました。
くるみは随分大きめに砕いたのですが、捏ねている間に適度な大きさになってました(笑)
10分のベンチタイム後、6分割して丸めて成型。 この成型も楽チン〜♪ 思っていたより結構大ぶりなパンになりそう。
二次発酵前二次発酵後
40℃で30分二次発酵後、180度で20分焼き上げ。
途中(15分後)で天板を上下前後入れ替えました。
please click

ちょっと焼きが強かったかな。 17分ぐらいがちょうど良かったかも。
でもくるみの甘さが程よい、とっても美味しいパンでした。
お客さまも喜んでくれて、嬉しい♪
みかさんも本で書かれていましたが、横にスライスしてサンドイッチにしても美味しそうですね。
今回は「kiri」を塗って食べました。

そうそう、昨日の「ショコラ」ですが、切り口はこんな感じでした。
チョコチップの部分がしっとりとした、美味しいパンでした。
甘さもそんなに強くありません。
ツイストの模様をお客様が驚いてくれて、狙いはバッチリ♪
please clickplease click
相変わらずの紅茶シフォンも用意しました。 良かったちゃんと焼けて〜(笑)

おうちランチは自分のペースでおもてなし&お喋りが出来るので、好き。
だんだん肩の力を抜いておもてなしが出来るようになった気がします。
友人が持ち寄ってくれるサラダもいつも美味しくて、楽しみです。

2005年 9月30日 (Fri) -- No.17
 +--シナモンブレッド--+
先日の「ショコラ」のツイストに味を占めて、今日は「シナモンブレッドを焼いてみました。
レシピは「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
シナモンといえばレーズン!と、レーズン好きの私はレーズンも巻き込むことにしました。
■材料
江別製粉はるゆたかブレンド
バター
牛乳
ドライイースト
砂糖

シナモン
グラニュー糖
レーズン

牛乳は10cc減らして、一次発酵までHBまかせ。
仕上がった生地はちょっと柔らかめになってしまいました。
ベンチタイム後、スクエアに伸ばして、シナモンパウダーとグラニュー糖を振り、ブランデー漬レーズン(100g)を散りばめて、いざツイストへ。
でも、元々柔らかめの上に、ブランデー漬けレーズンの水分が混じって、生地がデロデロに〜 orz
きちんとツイストに出来ませんでした(泣)
レーズンのブランデーはザルにあげてきったのですが、ふきんで拭くぐらい徹底しなくてはいけないかも。
それともブランデーに漬けていない乾いたレーズンを使用したほうがいいかな。
ロールした生地を縦に切ると、レーズンがゴロゴロ転がりだしてしまうので、カレンズを使った方がいいかもしれません。
とにかくなんとかパウンド型に押し込み、二次発酵して180℃で25分焼き上げました。
please clickplease click
うーむ。 やっぱツイストとは呼べないなぁ。
でも、パン自身はとっても美味しかったです。
やっぱりシナモンとレーズンのコンビは美味しいわ〜♪

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen