My Diary 2006
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2006/01/.....
2006年 1月 4日 (Wed) -- No.1
 +--A HAPPY NEW YEAR--+
A HAPPY NEW YEAR
明けましておめでとうございます。
今年のお正月はオットが年末から夜勤続きということもあって、なんだかお正月という感覚がありませんでした。
元旦のお雑煮もムスコとふたりでモソモソと。
やっぱり新年最初の朝は、家族揃ってがいいなぁ。
夜もオットがいないので、お酒も飲まず(これがいちばんガッカリ笑)
今日やっと晩御飯に家族が揃うので、飲むぞー(笑)

今年もパンにお菓子にオーブンと仲良しな1年になりそうです。

2006年 1月 4日 (Wed) -- No.2
 +--トマト&ハーブのウインナーパン--+
please click
今年初焼きのパンです。
みかさんのトマト&ハーブのフォカッチャの生地を使って、ウインナーパンを焼きました。
ウインナーが埋もれてしまって見えませんが(笑)
トマトの酸味とハーブの爽やかな香りが、ウインナーととても合っていました。
何も入れないリーンな生地より、好きかも♪
明日は友人宅で新年会なので、この生地でプチフロマージュを焼こうと思っています。
赤ワインにとっても合いそうでしょ?

2006年 1月 5日 (Thu) -- No.3
 +--プチフロマージュ--+
今日は同じマンションの友人達と、昼から新年会。
料理を持ち寄ってお昼からわいわいしてきました。
みかさんのトマト&ハーブのフォカッチャの生地を使って、プチフロマージュを焼きました。
チーズダイスを80g、捏ねあがりに直接混ぜ込みました。 最終発酵後、クープを入れてピザ用チーズをのせて焼き上げ。
相変わらず均等に分割できずに、おっきいのやちいさいのが出来ちゃいましたが(苦笑)
トマト&ハーブの生地は、想像通りとてもチーズにあっていて、おまけにワインにもピッタリ♪ 美味しかったです。
please clickplease click
同じマンションだと、飲んでも帰りの心配をしなくていいから( ^ー゜)b
ちゃんと午前中に晩御飯の心づもりもしておいて、心置きなく飲んじゃいます。
女性3人で、ワイン2本空けてしまいました(爆)
ごちそうさまでした〜(=^〜^)o∀

2006年 1月 7日 (Sat) -- No.4
 +--ヨーグルトシフォン--+
please click
友人に沢山卵を頂いたので、消費を兼ねて久しぶりにシフォンを焼きました。
レシピはイナモチ ケイコさんの「シフォンケーキ・アラカルト」から。
ちょっと底の焼きが甘いような…;
急にホールのまま差し入れする事になったので、中がどうなっているか、心配です〜(苦笑)
ちゃんと焼けているといいのだけど。

2006年 1月 7日 (Sat) -- No.5
 +--ぶどうパン--+
今日はお昼にぶどうパンを焼きました。
ぶどうパンと言っても、去年のクリスマスのシュトーレン用に漬け込んだ、ドライフルーツを使ったので、色々なフルーツが入っています。
レシピはみかさんの「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」から。
シュトーレンの時と同様、捏ねあがった生地に、フルーツを加えて練りこむのに苦労しました;
長い間漬け込んでいるフルーツだと、中からブランデーの水分が滲み出てしまうのか、いつまでたっても生地に馴染まない(泣)
やはり納得いかないまま一次発酵へ。 生地の表面が綺麗に張っていないと、発酵も綺麗に出来ないんですよね…泣
いつもより時間をかけて一次発酵(40℃50分)。
発酵後も生地がかなりベタついているので、心持ち手粉を多めに取り出して成型しました。
24cm×24cmの正方形に伸ばして、シナモンを降り、くるくると巻いた生地をパウンド型にセットして最終発酵へ(40℃40分)。
最終発酵前最終発酵後
最終発酵は綺麗に膨らみました。(ちょっと表面が滑らかではありませんが;)
please clickplease click
窯伸びがとても良くて、背高のっぽのぶどうパンが焼きあがりました。

今日はオットとムスコはドッジボールの試合に出かけていたので、ひとりでのんびり焼きたてをパクリ。 しあわせ〜。

2006年 1月 8日 (Sun) -- No.6
 +--雑貨屋さん三昧♪--+
please click
今日はなんと1週間ぶりに買い物に出かけました。 元旦にムスコ用にスポーツブランド福袋を買いに行って以来。
さすがに食料品も乏しくなってきたので、近所のAEONに出かけてきました。 AEONはジャスコ以外に専門店が沢山入っていて、雑貨屋さんもいくつもあります。 あまりに広いので、普段の買い物には行かないのですが、雑貨屋巡りをしたい時にはAEONに出かけます。
知らずに行ったのですが、この3連休はどの雑貨屋さんもセール中♪
買い足したかった普段使いのカップやミニグラタン皿、クロス等々GETしてきました。
ミルクジャム
それとKALDIという輸入食料品店で、気になっていたボンヌのミルクジャム発見☆ しかも割引♪ 普段買っているサイズよりも大きいサイズだったのですが、買ってしまいました。 blog等で、ちょくちょく目にしていて、とても気になっていたんですよね…。
ミルクジャムを楽しむ為に、シンプルな食パンを近いうちに焼かなきゃ♪
ボンヌのミルクグラスも発見。 ものすごーく欲しかったけれど、お値段が普通のジャムの2倍近くするので、ぐっと我慢。 でも次には買ってしまいそう〜(汗)
このKALDIというお店で、じっくり商品を見たのは初めてだったのですが、ものすごく楽しかった〜。 ムスコも「ワクワクするねぇ」と言っていました。
久しぶりに雑貨三昧で、あー満足満足(笑)

2006年 1月10日 (Tue) -- No.7
 +--おやつスティック--+
please click
トマト&ハーブのパンを2度焼いて、微妙に残った100ccのトマトジュースを使って「おやつスティック」を焼きました。
レシピはたかこさん&みかさんの「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
みかさん曰く、トマトジュースは1割固形物、9割水分とのこと。
ということは、100ccのトマトジュースの水分は90cc。
おやつスティックの水分は70ccなので、「70cc→90cc」で割合計算して材料を計量しました。
ハーブも「イタリアンハーブミックス」を使用。
生地量が増えても、16本にしたので、少し太めのスティックだからか、カリカリに水分が飛ぶまで、かなり時間を要しました。(170℃10分、150度25分)
トマトの酸味をほのかに感じる、イタリアンおやつスティックの出来上がり♪ 
昨日夕方お腹がすく時間に焼きあがったので、ポリポリポリポリ、ムスコがすごい勢いで食べてしまいました。 あらま。
私的には、もっとチーズの味が欲しいので、次回は増量しようかな。

2006年 1月11日 (Wed) -- No.8
 +--ぶどうパン--+
please click
今日は友人へのお礼にぶどうパンを焼きました。
レシピは「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」から。
入れたぶどうは、カレンズ・グリーンレーズン・サルタナの3種。
普段ブランデーに漬け込んでいるレーズンは、柔らかくてHBで捏ねている間に潰れて姿がなくなってしまいそうなので、30分前にブランデー大さじ2をあえて準備しました。
いつもレーズンを加えた後、生地に馴染まずに苦労するのですが、今回はHBピザ生地コースでパン生地を7分捏ねた後、レーズンを加えて3分じっと待ってみました。 最初はパン生地の表面でベタベタとしていたレーズンが、3分捏ねると綺麗に中に入り込んで馴染んでいる〜♪
今までは、まさかちゃんと馴染むとは思っていなかったので、早々にパンケースから取り出して、四苦八苦してレーズンを混ぜていたのに…。
長時間漬け込んで柔らかくなっているレーズンでは、潰れてしまうかもしれませんが。
今までの苦労は、何だったんだーorz…という嬉しい結果だったので、これからは3分じっとケースを睨みつつ、待つことにします(笑)
生地は5分割してパウンドケーキ型に入れているのですが(みかさんの型より長い為)、等分割できていないせいで、山の高低が見た目を損ねていますねぇ(汗) やっぱ18cmのシルバーストーンの型買った方がいいかな…。(まぁ単に腕の悪さが原因なのですが;)

2006年 1月12日 (Thu) -- No.9
 +--ライ麦入りミルクパン--+
please clickplease click
先日買ったミルクジャムを食べてみたくて、ライ麦ミルクパンを焼きました。
レシピは「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
ミルクパンの材料を1.2倍で計量して、粉の40gをライ麦に。
今回は山形が均等に綺麗に出たように思います♪
1時間程冷まして、早速ミルクジャムをたっぷりのせて、パクリ♪(・〜・)
コンデンスミルクみたいな味かなぁ、と思っていたけれど、少し違う。 香ばしい濃厚ミルク? 考えていた程しつこく無い。 美味し〜♪
紅茶やコーヒーに入れても、とあったので、コーヒーに入れてみた。 かき混ぜるとみるみるうちにカフェオレ風に。 普段私は砂糖入れずに飲むのだけれど、ミルクジャムならほんのり嫌味のない甘さでなかなか( ^ー゜)b
しばらくミルクジャムにはまりそうです(*'ー'*)

2006年 1月13日 (Fri) -- No.10
 +--ブリュッセルワッフル--+
please click
昨日ライ麦ミルクパンと同時進行で、ワッフルをものすごく久しぶりに焼いてみました。
CUOCAで購入したワッフルミックスが切れてからのご無沙汰。 その後一度リエージュワッフルを焼いたっけ。
ということで、ブリュッセルワッフルをミックス使わずに焼いてみました。
レシピはワッフルメーカーについていたレシピブックから。
■材料
強力粉 100g
薄力粉 100g
黒砂糖 60g
塩 2g
卵 2個
牛乳 200cc
ドライイースト 6g
バター 50g
あられ糖

生地は溶かしバター以外の材料をHB「ピザ生地コース」で10分かき混ぜてみました。 その後蓋を開けてHBを稼動したまま溶かしバターを少しずつ加えてみました。
最初からかなり水分量が多い感じだったので、牛乳もある程度混ざった後加えた方が良かった気がします。(粉がダマになって底に沈んでた;)
…しかも、ミックスで作った時より、不安になるぐらい緩い生地が出来上がりました。(ホットケーキの生地よりもまだ緩いの)
とにかく約30分発酵した後、ワッフルメーカーで焼き上げ。 生地を流し込んだ上にあられ糖をパラパラと置いてから蓋をしてみました。
焼きあがりのワッフルは……何というか、カッコワルイ!
生地が緩いので、だぁ〜と広がってしまって、しかも四角くなるところまでいっていない。 隅っこは網みたいになってるよぅ〜orz
味は良かったんですがねぇ。 私は材料だけのシンプル味が好きなので、ミックス粉よりも、好きな味だったのですが。
この生地だったら、きっちり四角のワッフルになるように、生地を流し込むか、あるいは水分(牛乳・卵)を減らして、まあるいワッフルに広がるような固さの生地に仕上げるか、ですねぇ。 CUOCAのミックス粉だったら、粉200gに対して卵1個・牛乳40ccだし。
次は卵1個・牛乳100ccにして、焼いてみようかな。

2006年 1月14日 (Sat) -- No.11
 +--ブリュッセルワッフル再び--+
please click
一昨日焼いたワッフルの出来が納得いかなかったので、配合を変えて焼いてみました。
前は生地があまりに緩かったので、卵と牛乳を減量。
私はVitantonioのバラエティサンドベーカーを使用しているのですが、焼き時間は3〜4分でした。
生地を半分づつに分けて、一方にチョコチップ、もう一方にあられ糖を入れました。
今回は自分がイメージしていたワッフルになって、成功したと思います。
まあるい可愛いワッフルが出来ました♪
次は紅茶や抹茶、ココア生地でアレンジしてみたいな。
■材料
強力粉 100g
薄力粉 100g
黒砂糖 60g
塩 2g
卵 1個
牛乳 100cc
ドライイースト 6g
バター 50g
*
あられ糖30g
チョコレートチップ30g

2006年 1月16日 (Mon) -- No.12
 +--HOVIS型でミルクパン♪--+
please click
午前中に友人から、サプライズなお届け物が。
私好みの雑貨の中に…なんと!これはHOVISの食パン型ではありませぬか!
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
実はこの型、お気に入りのサイトさんで、以前可愛い型だわ〜と見とれた事があったもの。
こ、これは食パンを焼かねば!(いそいそ)
レシピは「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から、いつものミルクパンをチョイス。
とりあえずシンプルパンで試してみよう♪
型の大きさからすると、みかさんの基本の粉200gで良さそう。
最終発酵前最終発酵後
please click180℃で15分焼いた後、山のてっぺんが充分な焼き色になったので、160℃に下げて5分。
うわぁ〜♪立派な食パンが焼きあがりました。
初焼きなのに、型離れも( ^ー゜)b
*
*
*
*
please clickplease click
HOVISのロゴも可愛く浮かび上がってます。
それだけで何だか立派な食パンに見えてしまいます(笑)
明日はこの食パンが朝ごはんかな。
お気に入りのミルクジャムを落としたコーヒーと一緒に、頂きます。

2006年 1月18日 (Wed) -- No.13
 +--ぶどうパン--+
please click
今日はHOVISの型で、ぶどうパンを焼いてみました。
レシピは「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」から。
今回は久しぶりにパネトーネマザーを使用。
砂糖は黒砂糖大さじ3加えました。
一次発酵後の生地を四角に伸ばして、シナモンをふり、ブランデー漬サルタナレーズン約60gをくるくる巻いて成型してみました。
ちょっと型に生地のサイズがぴったりあわなくて、だぶついてしまったのが残念。
でも最終発酵したら、あんまり目立たなくなったかな。
最終発酵後please click
カットしてみたら、黒砂糖の色でほんのり茶色の、うずうずレーズンパンに仕上がっていました。
今回もちゃんとHOVISのロゴが浮き出て L(@^▽^@)」
お昼ご飯には間に合わなかったので、後で食べるのが楽しみです。

2006年 1月21日 (Sat) -- No.14
 +--イングリッシュマフィン--+
please click
今日は、イングリッシュマフィンを初めて焼いてみました。
レシピは「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」から。
みかさんのレシピは、マフィン型を使わず、ホットプレートで焼くものだったのですが、以前馬嶋屋で型を購入していたので、型に入れて天板を乗せて焼き上げてみました。
リーンな生地を作り、6分割してコーングリッツをまぶして最終発酵。
最終発酵後焼き上がり
180℃15分焼き上げ。
型の高さが2cmなので、ちょっと薄めのイングリッシュマフィン。
スライスするのは、フォークを使うより、ナイフを使ったほうがいいかもしれません。
今日は焼きたてにバターをつけて、そのままパクリと食べてしまいました(照)
次回はちゃんとスライスして、何かはさんで食べてみよう…笑

2006年 1月21日 (Sat) -- No.15
 +--紅茶入りブリュッセルワッフル--+
please click
今日は明け方から丸1日、雪が降り続きました。 車もすっぽり雪に覆われて外出も怖くて出来ませんでした。
雪篭り決定〜ということで、イングリッシュマフィンに引き続きワッフルも焼き焼き。
今回は紅茶味にしてみました。
最初の粉の計量時に日東紅茶の「新紅茶生活*アールグレイ」を5g加え、アールグレイの茶葉ティーパック1袋分を焼き上げ直前に加えました。
今回はあられ糖やチョコチップ等の甘みのあるものを加えなかったので、焼きあがったワッフルは甘さ控えめ。 おやつにはちょっと物足りないかも。 ざら目糖を入れたら良かったかな〜。
朝や昼ごはんには、ぴったりの甘さだと思います。

2006年 1月22日 (Sun) -- No.16
 +--雪*雪*雪***--+
please click
今朝、マンションの前の林の様子。
ここまで積もるのは滅多にありません。
風景は綺麗だけれど、今オットは一生懸命車の雪かきしています(笑)

2006年 1月22日 (Sun) -- No.17
 +--ライ麦食パン--+
please click
今日の朝ごはん用に昨夜焼いたライ麦食パン。
もちろんHOVISの型で(笑)
食パンカットガイドの5枚切の目盛でカットすると、ちょうど6枚とれます。
このガイド、東急ハンズのお店に寄った時、1.5斤の食パン型とあわせて購入したのですが、その頃は成型パンを作ることが多くて、しまいこまれていました。
最近はとても役に立っています。

2006年 1月25日 (Wed) -- No.18
 +--GOOD LUCK PASTA--+
please click
先日KALDIという輸入食料品店で見つけたパスタ。
その名も「GOOD LUCK PASTA」。
クローバーの形をしたショートパスタで、一目惚れ♪
クローバーは1cm程度の大きさで、よーく見ると、三つ葉に混じって四葉のクローバーも☆
コンソメスープの浮き身にしたら、お客様にちょっと受けそうでしょう?
この時期受験生の朝ごはんのスープに「GOOD LUCK!」と浮かべてもいいかも。
please click

この他にハートの形のも見かけました。 バレンタインに使う?(笑)

2006年 1月26日 (Thu) -- No.19
 +--くるみ入りライ麦食パン--+
please clickplease click
みかさんが、HPでくるみぱんの攻略日記を書かれていたので、無性にくるみぱんが食べたくなってしまいました(照) HOVIS型で又もや食パンになってしまいましたけど(笑)
HBのケースにくるみ以外の材料を入れて、「ピザ生地コース」で5分捏ねた後、乾煎りしたくるみを投入して更に5分。 きれいに生地が纏まりました。
みかさんが日記で書かれていたのですが、捏ね機を使うときは、くるみは砕かなくてもいいんですねー! 今まで砕いたくるみを入れていたのですが、HBで捏ねると砕けすぎていたんです。
そっか、大きいまま入れておけばちょうどいい砕け方に…なんで気がつかなかったのかしら。
頭を柔らかくしなくちゃー(苦笑)
ライ麦は今はまっているので、又入れてしまいました。
少し最終発酵で過発酵だったかな。 ものすごく釜伸びしてしまいました。
でもくるみの甘みがライ麦とマッチして、とても美味しい食パンでした。
ムスコは食パンを気に入ってくれているので、しばらく食パンが続きそう。

2006年 1月26日 (Thu) -- No.20
 +--マーガレット三昧--+
please click
今日は久しぶりにお天気が良くて暖かかったので、外出のついでに近所のバラ園のガーデンセンターに寄ってみました。
昨冬購入した八重のピンクマーガレットが、今年こんもりととても綺麗に仕上がったので、同じような背の低いマーガレットが並んでいないかチェック☆
可愛い白のマーガレットを2つ、連れて帰りました。
暖かい南側のベランダで、植物の鉢を見て回る時、とても幸せ。

2006年 1月27日 (Fri) -- No.21
 +--お届けパン♪--+
please clickplease click
今日は友人宅へのお土産に、「レーズン食パン」と久しぶりの「バラのパン」を焼きました。
朝6時から仕込みをはじめて、朝の家事の合間をぬって発酵・焼き上げ。
うまくパン焼きと家事の作業をパズルみたいにピタリと収めて、テキパキこなせると、心の中で小さなガッツポーズ(笑)

用事がない日でも、ちゃっちゃと家事をすませて、後でのんびりするのが好きな、几帳面O型の私です(照)

2006年 1月31日 (Tue) -- No.22
 +--「B&B オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !」--+
BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !
amazonサイトを色々眺めていたら、「BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !」が11月に発売されていたのに気付きました。
以前「BAGEL&BAGELオリジナル・レシピ集―We Love Bagel!」は購入して、色々なベーグルレシピやサンドイッチ、クリームレシピが満載で、とても気に入ったのですが、2冊目はどうかなぁ…とためらっていました。
でも、レビューを読むと、第2集も満足したというものが多かったので、思い切って購入。(本屋で内容を確認したかったのですが、見つけられなかった〜)
プレーンベーグルの作り方が、第1集よりもとても丁寧に写真で解説されてあって、とても解りやすい。
生地のアレンジも沢山紹介されていました。
粉・イーストor酵母・糖分・塩、水分まで、アレンジを変えると違うベーグルを楽しめるんですね(驚)
ベーグル作りのレシピ本だけれど、読み物としても充分満足。
まぁ私が作るのはせいぜいプレーンやらブルーベリーやらライ麦ぐらいだとは思うのですが、ベーグルを作りたい気持ちが又湧きあがってきました。
作ろう作ろうと思いながら、後回しになってるんですよね;
(すくいっこレードルも購入済みなのに〜〜〜〜笑)
今日作ろうかな…。

2006年 1月31日 (Tue) -- No.23
 +--ライ麦ベーグル--+
please clickplease click
「BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !」の記事を書いていたら、無性にベーグルを作りたくなってしまいました。
ライ麦粉を入れる場合は、粉の10%程度ということだったので、250gの粉のうち、ライ麦粉を30g入れました。
久しぶりに作るベーグルなので、なんだか手順がモタモタ(汗)
4つのうち2つには、かぼちゃの種をトッピング。
おまけに生地の乾燥を防ぐためにかけている布巾に、生地がべったりくっついてしまって、鮫肌ベーグル…orz
でもでも、とっても美味しいもちもちベーグルでした。
kiriのクリームチーズを塗って、お昼ご飯に頂きました。

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen