My Diary 2006
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2006/02/.....
2006年 2月 1日 (Wed) -- No.1
 +--レーズンベーグル--+
レーズンベーグル
今日はレーズンベーグルを焼いてみました。
「BAGEL&BAGELオリジナル・レシピ集―We Love Bagel!」のブルーベリーベーグルを作ろうと思っていたのですが、ドライブルーベリーを一晩ふやかしておく前準備を忘れていたので、急遽レーズンに変更。
レーズン30gはブランデー漬け、残り20gはカレンズを使用。
レーズン以外の粉をHBのケースに入れ、「ピザ生地コース」で捏ねをスタート。 1〜2分後生地がまとまり始めた頃、ブランデー漬レーズンを投入。 更に3分後、カレンズ(ドライ)を投入して、合計10分HBで捏ねました。
ブランデー漬レーズンは、ほどよく潰れて生地に練りこまれて、カレンズはそのまま残っている生地に仕上がりました。
昨日よりは手際よくケトリングまでこぎつけたのですが、二次発酵中用事があって目を離していた間に、過発酵になってしまい、ベーグルの穴が潰れてしまいました…orz
案の定少々ふわふわ感が強いレーズンベーグルに(苦笑)
でもレーズンのほんのり甘さの美味しいベーグルでした。

2006年 2月 2日 (Thu) -- No.2
 +--ベーグルもいろいろ…--+
ベーグル!
ちょっとベーグル熱が上がりつつある私、「そうだ、cuocaで以前ベーグル特集をしていたっけ」と見てきました。
特集を組んでいた9月には、そんなにじっくり読んでいなかったけれど、なかなか勉強になる記事がてんこもり。
ベーグルの作り方はB&Bとは少々違うけれど、cuocaの作り方も挑戦してみよう。
cuocaの作り方は、発酵時間が少ないみたい。
それだけ中身のつまったハードなベーグルになるのかな。
昨日・一昨日と焼いたベーグルは、「江別製粉ハードブレッド専用粉」を使用したのだけれど、粉によって色々な食感になるみたいなので、次の注文では「リスドォル」を買ってベーグルを焼いてみたいな。 「もちもちパン用強力粉」も興味あり。
ベーグルDIARYでは、「BAGEL&BAGEL オリジナル・レシピ第2集 We Love Bagel !」の潜入レポートまで(笑)
cuoca新宿店とBAGEL&BAGEL新宿三越ALCOTT店は隣同士なんて〜〜〜新宿行きたいっ。

2006年 2月 6日 (Mon) -- No.3
 +--水羊羹--+
水羊羹
なんだかチマチマと用事がある毎日で、パンやお菓子を作るまとまった時間が無い〜(泣)
いや、作ろうと思えば作れるのだろうけれど、気持ちにゆとりがないとやる気が出ない私。
で、ムスコの熱烈リクエスト「水羊羹」ならば、すぐに作れるので作りました。
400gの漉し餡を買って、粉寒天1袋と水400cc。
寒天を煮溶かしてから、餡を加えて混ぜ、カップに入れるだけ…10分で出来上がり(笑)
いったい手作りと言えるのだろうか〜。
実は昨日も作って、6つのうち2つは親におすそ分け、夕食の後ムスコと1つずつ食べたのだけれど、残った2つを深夜に帰宅したオットが食べてしまった。
朝1つも水羊羹が残っていない事に気づいたムスコ「父さんズルイ!2つも食べた!!!」と大騒ぎ(怒)
はいはい、帰るまでに今日も作っておきます…好きなだけ食べなはれ。
普段おやつに甘いものはあまり欲しがらないのに、何故水羊羹がそんなに食べたいのか不思議。

明日こそは、パン焼きしたい〜〜〜禁断症状が〜;

2006年 2月 7日 (Tue) -- No.4
 +--チョコバルーン--+
please click
Lela*さんのサイト「Sweet Country」によくお邪魔するのですが、最近「ミルクチョコバルーン」のレシピがUPされました。
ちょうど時を同じくして、みかさんのHPの日記「春っぽい」で同じようなパンの写真が。
うわ〜焼いてみたい!とLela*さんのレシピで作ってみることにしました。
Lela*さんはパン生地をHBの「パン生地コース」で作られていますが、私はいつもの通り「ピザ生地コース」で10分捏ねてボールに取り出す方法で。
パン生地に入れるチョコは、チョコチップで代用し、HB捏ね10分の後投入して、チョコが生地の中にまとまるまで捏ねて、ケースから取り出しました。
生地を一次発酵している間にクッキー生地を用意。 フードプロセッサーにお任せで作れるなんて、大歓迎[:♪♪:] チョコレートは、ブラックチョコレートを使用しました。 卵は40gだったのですが、1個50gだったので、同じ割合で他の材料も増量してクッキー生地を作りました。
焼きあがったチョコバルーンは…クッキー生地をもっとしぼり出せば良かった〜(汗) 「しぼり出す量は、少なめに」が、少なくしすぎたみたい。 パン全体を綺麗にクッキーが覆うように出来たのは、半分程度。 次はもう少し量を多くしぼってみようと思います。
ブラックチョコレートを使ったせいか、黒々としたパンになりましたが、美味しいチョコバルーンになりました。
もうすぐ帰ってくるムスコは、喜んでくれるかな?

クッキー生地はしぼり出すので、メロンパンより手早く簡単に成型出来るのがいいですね。 次はチョコが入っていない、みかさんが焼かれたようなバルーンパンを焼いてみたいな。
クッキー
残ったクッキー生地を180度10分で焼いてみたら…
意外とこれも美味しかった♪ チュイールみたい〜

2006年 2月 8日 (Wed) -- No.5
 +--シフォン2種--+
please click
友人への差し入れ用と、明日のお客様用にシフォンケーキを2台焼きました。
抹茶シフォンは、甘納豆を最後に入れるのを乱暴にしすぎて、固まって入ってる〜(汗)
(おまけに甘納豆が沈んでるしっ;)
ヨーグルトシフォンはホールで差し上げたので、味はどうだったかな。

2006年 2月 9日 (Thu) -- No.6
 +--グラノーラ食パン--+

please click

今日のお昼ご飯用に、久しぶりにグラノーラ食パンを焼きました。
レシピはベーカリー倶楽部のアレンジ食パン「はちみつ&グラノーラ」から。
水&スキムミルクは牛乳に、ドライイーストはパネトーネマザー(11g)に置き換え、HOVISの食パン型で焼きました。
焼き時間は180℃15分、160℃5分。
いつもならHOVIS型は200gの粉で焼くのですが、今回は250g。
どのくらい膨らんでしまうかしら…と思っていたのですが、それはそれは立派な食パンが焼きあがりました(笑)
グラノーラのフルーツ類と、パネトーネマザーの相性はとてもいいと思います。(もともとパネトーネマザーの香りは好み♪)
軽くトーストして、頂きました。 ごちそうさま。

2006年 2月14日 (Tue) -- No.7
 +--ガトーショコラ--+
please click
バレンタインの為に、昨日ガトーショコラを焼きました。
レシピはたかこさんの「“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ」から。
レシピの倍量作って、2台焼きました。 チョコレートはブラックを使用。 レシピに忠実に丁寧に作りました。
紙マフィン型に1つ、味見用に焼いて試食してみましたが、甘さ控えめでしっとり美味しい〜♪
今夜食べることになりそうなので、カットするのはそれまでお預け。

我が家は毎年バレンタインには、メリーのチョコレートを用意します。
これは誰に、というより家族みんなで楽しむチョコレート。
ムスコと私が殆ど食べてしまいますが(笑)
ガトーショコラもバレンタインにかこつけて、気分的に焼いてみたかっただけ…かな。

2006年 2月15日 (Wed) -- No.8
 +--ブルーベリーベーグル--+
please click
今日はブルーベリーベーグルを焼いてみました。
材料の配合は「BAGEL&BAGELオリジナル・レシピ集―We Love Bagel!」から、手順はcuocaの「おいしいベーグルは自分で作る!」のレシピを参考にしました。
粉は江別製粉ハードブレッド専用粉を使用、ブルーベリーをお湯に漬けて一晩置いておくのは、又もや忘れていたので(というか、今朝突然作りたくなった)、作業に入る1時間半前に熱湯をかけておきました。
ドーナツ型に成型するのは、前よりも少し上達したかな〜と思います。 今回はわっかにする時ねじるとハードな仕上がりになるというので、ねじねじしてみました。
ケトリング前ケトリング後
ケトリング(表裏30秒ずつ)したら、なんだかかなり膨らんでしまって…焼き上げたら穴が無い!(泣)
please click
もっちりしてブルーベリーの甘味が美味しいベーグルではあったのですが…ベーグルには穴がないと〜〜〜〜orz
発酵時間は30分とったのですが、もっと短くするべきなのか、それとも成型がまずいのか…。
まだまだ練習しなくてはなりませんね(汗)

2006年 2月15日 (Wed) -- No.9
 +--matferシリコン型--+
please click
てへへ…買っちゃいました。
Mary Roseのアコさんがblogでシリコンの型の記事を書かれていて、知ってはいたけれど俄然興味が湧いてしまいました。
稲田多佳子さんの本でも焼き型の紹介で触れられていました。
しかも最近友人のblogでもシリコン型の記事が〜☆
姪が見事受験に合格して、すごく頑張っていたのを知っていたのでお祝いしてあげたいと思っていたの…そうだ!お菓子作りの大好きな姪にプレゼントしたい!たかこさんの2冊目の本と一緒に!o(^ー^)o
(たかこさん&みかさんの本と、たかこさんの1冊目の本はプレゼント済〜笑)
馬嶋屋菓子道具店で、姪にハート型を、自分にもハート&マーガレットを購入しました。
うわぁ〜ものすごく柔らかい。 ハート型は8つ取なので、もっと小さいハートかと思っていたのですが、意外と大きい。
マーガレット型は6つ取。
我が家のオーブンの天板にちょうど2枚がぴったり収まります。
早速この後焼き焼きしてみようっと。

2006年 2月15日 (Wed) -- No.10
 +--チョコとレーズンのケーキ--+
please clickplease click
matferのシリコンハート型を使って早速ケーキを焼いてみました。
バレンタインは過ぎたのに、いかにも〜って感じですねぇ(笑)
レシピは「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」の「チョコとラムレーズンクグロフケーキ」から。
ラムレーズンはブランデーレーズンに、ヘーゼルナッツパウダーはアーモンドパウダーに、バターはケーキ用マーガリンと半々にしました。
途中で天板を上下左右ひっくり返して、合計35分焼き上げ。
面白いくらいスルリとケーキが外れました Σ(・□・ ) シリコン型恐るべしっ!

このケーキは2〜3日後が美味しいそう。
ムスコのグレードテストに向けて、特別レッスンをしてくれる、ヤマハの先生に明後日お礼に差し上げようと思っています。 しっとりとなぁれ。

2006年 2月16日 (Thu) -- No.11
 +--マーマレードと紅茶のケーキ--+
image
今日も我慢できずにシリコン型でケーキを焼いてしまいました(笑)
シリコン型中毒です(爆)
レシピは「“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」の「オレンジと紅茶のケーキ」から。
たかこさんはしっとりオレンジピールを使われているのですが、マーマレードで代用しました。 マーマレードの甘味を考慮して、砂糖を25g減、バターはケーキ用マーガリンと半々に。
生クリームは70ccあったので、全部いれてしまいました(笑)
生地は問題なく作れたと思うのですが、生クリームの量が多いのが原因か、もしくはマーマレードの粘りが影響したのか…ケーキの断面の底の方が重く沈んでしまい、全体をふんわり仕上げることができず(泣)
やっぱりあまり強引な変更は駄目ですね(汗)
甘さはもっと砂糖を控えてもいい感じ。 50g減らしても良かったかも。 甘すぎるほどでは無いのですが、私はもっと甘さ控えめが好きかな。
紅茶とマーマレードはとてもあっていて、美味しいケーキでした。

2006年 2月26日 (Sun) -- No.12
 +--黒ごまフロマージュ--+
please click
今日は久しぶりにパンを焼くことが出来ました♪
この1週間余り、学校行事やらオットの引越しの荷出しやらで、バタバタしていて、パンを焼くゆとりが無かったんです。
焼こうと思えば焼けるのでしょうけど、気持ちの余裕が無いときに焼くと、たいてい失敗してしまう…orz
今日もそれなりに忙しいけれど、もう「パン焼きたい」気持ちを抑えきれないっ…という訳で、黒ごまフロマージュを焼くことにしました。
黒ごまは30g、チーズは中に包み込むのではなく、生地に練りこみました。
焼きたてパンは美味しい〜癒される〜。
明日からは、少し時間のゆとりが出来るので、又オーブン生活を再開出来そうです。

* * * * * * * * * *

稲田多佳子さんの3冊目のお菓子レシピ本が出たんですね♪
みかさんの日記でそれを知って、amazonで速攻注文してしまいました。
たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子
たかこさんとみかさんの本は、迷わず購入!と決めている私。
届くのが楽しみ〜o(^ー^)oワクワク

2006年 2月27日 (Mon) -- No.13
 +--「たかこさんの12ヶ月のかんたん焼き菓子」--+
please click
たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子」、さっそくamazonより、届きました(はやっ!)
期待通りの内容で、パラパラと眺めただけでも、o(*^^*)oわくわくしてしまいました。
ひと月に3つの焼き菓子レシピがあり、果物を使った焼き菓子は、ちょうど旬の時期に紹介されています。
もちろん、その月でなくても作れるものもいっぱい。
もう作ってみたい焼き菓子ばかりで、どれから作ろう〜と悩んでしまいます。
まずは1月の「抹茶と白あんのマーブルケーキ」を焼いてみたいなぁ〜そろそろcuocaで桜餅の材料を注文したいと思っていたので、白あんを一緒に頼んでみようっと♪
3月の「紅茶のショートブレッド」をmatferのマーガレット型で焼いたらどうかしら、と思ったり。

型はひとつ!大好きな焼き菓子
それと、あわせて「型(パウンド)はひとつ!大好きな焼き菓子―パウンド型だけで51のバリエーション」も買ってしまいました。
次にamazonに注文するものがあったら、一緒に買おうと思って本屋さんでチェック済だったもの。
私のパウンドケーキは、すっかりマンネリ化してしまっているので、この本で色々な味に挑戦してみたいな〜と思っています。
パウンド型で焼くのもいいけれど、matferのシリコン型で焼いても楽しそう。

…そうしてレシピ本がどんどん増えてしまっているのでした(苦笑)

2006年 2月28日 (Tue) -- No.14
 +--抹茶とあんのマーブルケーキ--+
please clickplease click
たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子」の「抹茶と白あんのマーブルケーキ」、我慢できずに焼いてしまいました。
白あんは家にないので、とりあえず小豆のこしあんで代用。
それと生クリームも切らしているので牛乳で。
小豆のこしあんの生地は、優しいベージュ色で、これもいいかも〜♪
matferのハートシリコン型で焼いてみました。(レシピの分量でちょうどシリコン型1枚分でした)
カップケーキ位のサイズなので、マーブル模様はあまり意識せずに、スプーンで2色の生地を重ねて落としました。
160度で20分+10分で焼き上げ。(途中前後を交換)
焼きは少々あまいけれど、抹茶と小豆の綺麗な色を生かすのにちょうどいいかな。
白あんの方が、抹茶とのコントラストは綺麗だと思うのですが、小豆こしあんの色も、なかなかいい感じです。
抹茶の味は、私的にはもっと濃厚なのが好きかも。 次はもう少し増やしてみよう。
焼きたてはふわっカリッで、甘さ控えめで美味しい〜明日はもっとしっとりして又違う美味しさだと思います。 楽しみ♪

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen