My Diary 2006
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2006/03/.....
2006年 3月 1日 (Wed) -- No.1
 +--ポテトサラダパン--+
please click
今日のお昼ご飯に、余ったポテトサラダを包んでパンを焼きました。
リーンな生地の粉のうち30gをライ麦にしています。
熱々焼きたてパン、ごちそうさま〜。
近所に両親が越してきて、パンも焼きがいがあります。
昨日の「抹茶とあんのマーブルケーキ」も持って行ったら好評でした。
パンやお菓子を焼きたくても、今までは消費するのが大変だったけれど、食べてくれる人がいると、どんどん焼くことが出来るので、嬉しい。
あ、でもあまり高カロリーではないものにしなきゃ(笑)
いよいよ3月になると、ムスコの塾が始まるので、塾前のおやつに焼きたてパンを用意しようと思っています。 これが案外楽しみだったりして♪

2006年 3月 2日 (Thu) -- No.2
 +--コーンブレッド--+
please click
今日の朝食用に昨夜焼いた食パンです。
みかさんのリッチ生地を基本に、粉のうち30gをコーングリッツにしてみました。
薄黄色の春色食パンになったのですが、コーングリッツが細挽きなせいか、期待していたコーンをプチプチ感じる食感は無し。
コーンの味も思っていたより感じないので、次は50gに増量してみよう。
それから、今の細挽きを使い切ったら、粗挽きのコーングリッツにしようっと。

ご飯&お味噌汁の朝食が好きなオットが単身赴任してしまったので、これからは朝ごはんがトースト&スープになる回数が増えそうです(笑)

ちぎりぱ〜ん♪
余談ですが、セブンイレブンに行くと、ついつい買ってしまう「ちぎりパン」。
この白くて柔らかいパンに、甘さ控えめのバニラチョコクリームが美味しい〜♪

2006年 3月 6日 (Mon) -- No.3
 +--黒糖とココアのケーキ--+
please clickplease click
週末に弟家族が遊びに来てくれたので、「黒糖とココアのケーキ」を焼きました。
レシピは「たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子」から。
くるみは、約100g残っていたので、全部使ってしまいました。 そのせいか、ケーキをカットするとくるみがゴーロゴロ(笑)
お味は甘さ控えめで、ココアの苦味が程よい、ちょっと大人のケーキという感じでした。
カットして個別にラッピングして手土産にしても良さそう♪

他にランチ用に黒ごまフロマージュ、ぶどうパンを焼きました。
1歳になりたての甥っ子が、ぶどうパンをとても気に入ってくれて、とても嬉しかったです。(もちろん2人の姪も喜んでくれました♪)

今週はホワイトデー用に焼き焼きが多くなりそうです。
何焼こうかな〜。

2006年 3月 7日 (Tue) -- No.4
 +--ライ麦食パン--+
please click
朝食用に昨夜いつものライ麦食パンを焼きました。
今回いつもと違うのは、生地を2分割して型に入れる時、丸めてそのまま入れるのではなく、折りたたんだ生地をくるくる巻いて入れてみた事。
サイドがうずうず〜となった食パンを、他blogで見かけたことがあるのですが、どうやったらいいのかな、と思っていました。
最近Sweey CountryのLila*さんが、blogで丁寧に紹介されていたので、早速やってみました。
いつもより山がこんもりと可愛く出来た〜♪ これからはこのやり方にしようっと。
型に生地を入れる時もやりやすかったです。

2006年 3月 8日 (Wed) -- No.5
 +--バラのパン--+
please click
母のリクエストで、久しぶりにバラのパンを焼きました。
牛乳を切らしていて、スキムミルク大さじ1+水140ccで急場をしのいだのですが、ちょっと柔らか生地になってしまい、扱いにくかった〜(汗)
そのせいか、ジャム(ボンヌのマロンジャム)を塗って層にする時にシャープに切り取れず、花びらがもたもたしてしまいました。
焼きたてのバラのパンを両親が喜んで食べてくれたので、ま、いっか。

2006年 3月 8日 (Wed) -- No.6
 +--紅茶のショートブレッド--+
please clickplease click
ホワイトデー用に少しずつお菓子を作り始めています。
今日は「紅茶のショートブレッド」を焼きました。
レシピは「たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子」から。
私は紅茶パウダーを大さじ1を加えました。
レシピ通りの材料をフードプロセッサーで撹拌しても、生地が纏まらない〜(泣)
なので、クッキーのレシピにならって、卵黄を1個加えちゃいました。
生地はmatferのマーガレット型に敷き詰めてみました。(六取のマーガレット型6個に生地を入れると、厚みが1cm程度)
生地を冷蔵庫で寝かした後、170℃25分+10分で焼き上げました。
もろい感じのショートブレッドなので、matferの型はずれの良さは、最適だと思います。
マーガレットの模様が可愛く浮き上がって、なかなかいい感じ♪
口に入れると、ホロホロと崩れる食感で、美味しい〜。
紅茶パウダーは大さじ2でも良かったかもしれません。
でも1個まるまる食べてみたら、重過ぎました…orz

2006年 3月 9日 (Thu) -- No.7
 +--マーマレードと紅茶のケーキ--+
image
ホワイトデー用焼き菓子第2弾は、以前にも焼いた「マーマレードと紅茶のケーキ」。
レシピは「“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」の「オレンジと紅茶のケーキ」から。
前回と同様しっとりオレンジピールは、マーマレードに置き換えました。
前回のケーキは、ふんわりに欠けた仕上がりになったのですが、今回はうまく焼けたみたい♪

2006年 3月 9日 (Thu) -- No.8
 +--ミルクコーヒークッキー--+
please click
今日はもうひとつ、「ミルクコーヒークッキー」を焼きました。
生地は昨日作って冷蔵庫で寝かしておいたもの。
レシピはたかこさんの「毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ」から。
たかこさんは、ボール状に丸めて軽く厚みをつぶす成型だったのですが、私はアイスボックスクッキーの作り方で生地を切り分けました。
レシピの材料に、牛乳大さじ1も加えました。 以前たかこさんのクッキーを焼いた時、生クリームのかわりに牛乳を加えたら、カリッと仕上がって、私的に気に入ったので。
スクエアにするつもりだったのですが、おおざっぱな性格がしっかり現れて、かまぼこ型に〜(激爆)
ラッピング後残った4枚をムスコが試食したのですが、「美味しい〜」と言ってくれました。 ほっ。

明日は急遽予定が入ったので、朝一番で「バナナとくるみのケーキ」を焼くつもりです。(すでに材料計量済っ(・∀・)9)

2006年 3月10日 (Fri) -- No.9
 +--バナナとくるみのケーキ--+
please clickplease click
前の晩から準備をして、朝の5時から作った「バナナとくるみのケーキ」。
レシピはたかこさんの「“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」から。
このケーキは粉135gに対してくるみが100gという、くるみがたっぷりのリッチなケーキで、そこにしっとりとしたバナナが加わって、とても美味しいのです♪
四角にカットして、余った端っこのケーキをつまみ食い(笑)
バナナはちょっと苦手な私ですが、このケーキは大好きです。 マーマレードを加えても良さそう〜。

2006年 3月10日 (Fri) -- No.10
 +--抹茶とあんのマーブルケーキ--+
please click
朝の7時から作り始めたのは、「抹茶とあんのマーブルケーキ」。
レシピは「たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子」から。
今回も白あんが手に入らなかったので(たかこさん本の影響??)、小豆のこしあんで代用しました。(でも小豆あんでも私は好き♪) 抹茶は倍の小さじ1に増量。
あん生地は、今回あえてマーブルになるようにざっと混ぜてみました(決して大雑把だからじゃないの〜)
型もレシピ通りパウンド型で。 長さが少し長いので、高さは低めに仕上がったかも。 パウンド型だと、スライスした時にマーブル模様が見れてなかなか( ^ー゜)b 楽しい。 このケーキはカップで焼くよりも、パウンド型で焼いた方がいいな、と実感しました。
今回スライスするのに、食パンカットガイドがとても役に立ちました。 食パンだけではなく、パウンドケーキをカットするのにも大活躍。 ほれぼれするぐらい綺麗にスライスできて、嬉しい☆

2006年 3月11日 (Sat) -- No.11
 +--ラッピング--+
please click
ホワイトデーのスイーツ便、無事発送&手渡し済みました(ほっ)
先日行ったナチュラルキッチンで籠と麻紐、ワッフルタオル、木製のカトラリーを購入しておいたので、ワッフルタオルを敷いた籠に、きっちり焼き菓子を詰めてカードを入れ、シンプルに十字に麻紐をかけて、スタンプを押した木製カトラリーを差し込みました。
スタンプパッドが普通の紺色しか無かったのが、心残り…。 近いうちに茶色のスタンプパッドを探しておこうと思います。(あるかな〜)

2006年 3月12日 (Sun) -- No.12
 +--再びバナナとくるみのケーキ--+
please click
まだまだオーブン働いています(笑)
昨日はお借りしていたものを返すのに、ささやかなお礼として又もや「バナナとくるみのケーキ」を焼きました。
レシピはたかこさんの「“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」から。
今回はバナナが一部痛んでいて、まるまる1本の量に足らなかったので、マーマレードを足してみました。
マーマレードは80g、砂糖は135g→80gに減量、無塩バターはついに切れてしまったので、ケーキ用マーガリン100g+有塩バター35gにしました。

今日ブロックに切り分けたのですが、甘さが控えめで、マーマレードの爽やかな味が感じられて、なかなかいい感じに出来たと思います。
ホワイトデー用焼き菓子は、我が家用には殆ど残らなかったのですが、今回は4分の1ほど残ったので、おやつに出来そう♪
このケーキ、家族の中でオットが一番気に入ってくれているみたいです。

2006年 3月12日 (Sun) -- No.13
 +--studio M'のココット--+
please click
我が家に初めてスタジオM’の食器がやってきました☆
スタジオM’の食器は、シンプルで素敵なものばかりですが、お高いのでなかなか買えなかったんです(泣)
でも、ココットならお手ごろ価格だし、色に惚れてしまいました。
Cozy Momで注文して、届くのを楽しみにしていたのが、先ほど到着♪
あ〜やっぱり大好きな色ばかりです。 特にラズベリー色がいいわぁ。
大きさも小ぶりで、持っていないサイズなので、これからどんどん活躍してくれそうです。
please click
でも…Cozy Momで再入荷を待ちに待っていたのは、「HOVISの食パン型」!! 近所のお店では見つからないので、2月末入荷予定というのを、ずーっと待っていたのでした。 3日前、やっと再入荷されたので、速攻注文!
これで食パンを1個ずつ焼かなくて済みます♪v(≧∇≦)v イェェ〜イ♪
棚にポンッと置いていても絵になるので、嬉しくてたまらないっす!
本当は型だけで良かったのだけど、これは胚芽ビスケットがセットになっているので、ビスケットはチーズケーキの台に使おうかな。
まだ食べてみていないけれど、甘さ控えめで美味しいらしいです♪

2006年 3月13日 (Mon) -- No.14
 +--抹茶とあんのマーブルケーキ--+
please click
友人への差し入れに「抹茶とあんのマーブルケーキ」を又もや焼いてしまいました。(このケーキは最近のレシピの中で、一番のお気に入りなんです♪)
レシピは「たかこさんの12カ月のかんたん焼き菓子」から。
もはや定番になってしまった小豆こしあんを使用(笑)
バターはケーキ用マーガリン、抹茶は大さじ1に増量しました。
それから今回は抹茶生地とあん生地を2層に重ねて、パウンド型に入れてみました。 焼き上げは30分。
カットしてみたら……見事に凹模様になってるぅ〜orz
やっぱり交互に重ねた方がいいかも…。
お、お味はバッチリだったんですけどねっ(汗)

2006年 3月14日 (Tue) -- No.15
 +--キャラメルクリーム--+
please click
なんと初めてキャラメルクリームを作りました。
キャラメル味は大好きなのに、カラメル作りが苦手な私。
焼きプリンが大好きなのに、カラメルを作るのが怖くて、たまにしか作らないという怖がりぶり(笑) だって砂糖を焦がした所に、熱湯を加える時、ものすごくバチバチと沸き立つでしょう? 怖いよ〜(((p(>o<)q)))
でも、たかこさんのレシピ本には、美味しそうなキャラメル味のお菓子がいっぱい!(号泣)
で、先日のお菓子作りで残っていた生クリーム150cc…もう賞味期限来ちゃう…これはキャラメルクリームを作るしかないか…そ、そうだ、今作らなかったら又ずっと作らないに違いない…がっ頑張ってみるか!
かな〜りの葛藤(大げさ!)の末、朝から作ってみました〜。(前振り長っ)
感想は…熱した生クリームの方が、あんまり激しい反応をしないの♪ ぶわ〜って泡が沸き立つぐらい。 よ、良かった〜キャラメルクリームならこれからも作れそう☆
(やっぱりカラメルソースを作るのは怖いけど)
明日はキャラメル味のお菓子を焼こう♪♪♪
その前に、今日は紅茶にこのクリームを落として飲もうっと♪

2006年 3月16日 (Thu) -- No.16
 +--パン・ド・カンパーニュ--+

please click

昨日久しぶりにカンパーニュを焼きました。
実は、初めて「フランスパン専用粉リスドォル」を購入したので、ハードブレッドを焼きたくなったのです。
レシピは「手作りパンの本―おいしいパン屋さんの味を手作りで」から。
粉は400gですが、HBのケースでぎりぎり捏ねられる分量なので、いつもの通りピザコースで10分捏ねて、生地を取り出し、一次発酵へ。
リスドォルは国産小麦粉ではないので、水分は減らさずにレシピ通りでいいかな〜と思ったのですが、ちょっとべたつく生地になってしまいました。 次回は10ccほど減らそうと思います。
レシピは2個分の分量なのですが、丸い発酵籠は1つしか持っていないので、2つあるオーバル型を使うことにしました。
成型は同じ本の「ミッシュブロート」を参考。
please clickplease click
クープを深く入れすぎたかしら…パンが横に広がってしまいました(汗)
でもね…皮がパリッとして、中がもっちり、ものすごーーーく美味しいパンでした♪
リスドォル最高です! クラストの美味しさが格別♪
昨日は焼き立てを、今朝は軽くトーストして食べたのですが、トーストしても美味しい〜♪
今までは「江別製粉ハードブレッド専用粉」を使っていたのですが、これからは「リスドォル」でいこうかなぁ〜。 これで食パンを焼いたら、どうなるのかしら…無謀?
今度は似非フランスパンを焼いてみたいと思います。

2006年 3月19日 (Sun) -- No.17
 +--キャラメルマーブルのパウンドケーキ--+
please click
先日作ったキャラメルクリームで、パウンドケーキを焼きました。
レシピはたかこさんの「毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ」から。
バターはケーキ用マーガリンで代用。 焼き時間は5分短縮。
キャラメル生地をプレーン生地に混ぜる時、あんまりキャラメル色が濃くないなぁ〜と思っていたのですが、焼き上げるとしっかりキャラメル色なんですね。
あんまりぐるぐる混ぜないように気を遣ったら、混ぜなさ過ぎ(苦笑)
キャラメルが一部に固まってしまってます。 もう少し大胆に混ぜても良かったのね…。
キャラメルの苦味がとても美味しいパウンドケーキでした♪

2006年 3月20日 (Mon) -- No.18
 +--いちご食パン--+
昨日、友人のmikoさんにずっと前に教えて頂いた「いちご食パン」をやっと焼くことが出来ました。
スキムミルクをたっぷり使う食パンなのですが、水分調節がうまくいかなかったのか、随分固めの生地になってしまい、発酵も一次発酵・最終発酵共1時間じっくりかけました。
(mikoさんにも固めの生地になると教わっていたのですが、もっと固くなってしまったような気がします;
国産小麦を使用したので、水分を減らしたのですが、減らしすぎたかも)
成型はやはりmikoさんに教わった、縦に山型になる方法で(きちんと半分に分割できなくて、大きい山小さい山に〜爆)
最終発酵前最終発酵後
焼き上げは180℃10分、160℃10分にしました。
please clickplease click
スライスしたら、綺麗なピンクの生地に、ドライ苺の赤が鮮やかで、とっても春っぽい♪
クラムは目が詰まっていて(水分不足が原因?)、もっちりした食感で。 苺の酸味とコンデンスミルクの柔らかい甘味が美味しいパンでした。
mikoさん、ありがとうございました♪

でかい!余談ですが…
今回使用したのは、このコンデンスミルク(北海道乳業)。
マヨネーズばりに大きな容器にたっぷり560g入っています。
値段もあまり高くありませんでした。
これならたっぷり惜しげもなく使えます(笑)
夏になったら、カキ氷に心ゆくまでかけて食べよう♪♪♪(いつもはケチケチかけてたの〜笑)

2006年 3月20日 (Mon) -- No.19
 +--バーガー--+
please click
今日はお昼ご飯にバーガーを作ってみました。
みかさんのリッチな生地を粉300g(はるゆたかブレンド250g+ライ麦50g)で捏ねて6分割し、大き目のバンズを焼き上げ。
間に生協で注文した「クリスピーチキンフィレ」、レタス・ゆで卵・トマト・マヨネーズを挟みました。
バーガーを作ったのは初めてだったけれど、美味しかった♪
ハハにもムスコにも大好評v(≧∇≦)v 作った甲斐がありました。
「クリスピーチキンフィレ」は、胡椒がピリリと効いて、トースターでカリッとさせると、とても美味しかったので、次も生協のチラシに載ったら購入しようっと。

2006年 3月24日 (Fri) -- No.20
 +--バタール--+
please click
昨日横浜から叔母がはるばる遊びに来てくれたので、お昼にパンを焼きました。
先日「リスドォル」の美味しさにはまった私、今度は「バタール」に挑戦。
レシピは「手作りパンの本―おいしいパン屋さんの味を手作りで」から。
今回は10cc水を減らして捏ねてみたら、いい感じの生地に仕上がりました。

最終発酵後
please click
クープの入れ方や成型がまだまだ未熟で、ぶかっこうなバタールになったけれど、美味しいパンでした♪ やっぱり「リスドォル」は最高だわ〜(笑)
「天使の囁き」は聞けなかったけれど、回数を重ねて、いつか聞いてみたいな〜。
please click
デザートに「ベイクドチーズケーキ」と「グレープフルーツ杏仁豆腐」を用意しました。
チーズケーキはちょっと焼きすぎちゃったかな〜(汗)

2006年 3月27日 (Mon) -- No.21
 +--ピッツェルプレート!--+
please click
Happy Flavorのヒロカさんの記事を読んで、その模様の美しさに釘付けになったピッツェル。
Vitantonio バラエティサンドベーカー」をすでに持っていたので、「Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー プレミアムセット」限定で同梱されているピッツェルプレートは手に入らないと思っていました。
そうしたら、ヒロカさんが販売元の世界家電。に問い合わせて下さって、ピッツェルプレートを別売りしてくれることを教えてくれました。
即行動開始! デパート等で頼んで取り寄せることも出来るのですが、世界家電。さんに直接送って貰うことも出来るそう。(運賃・代引手数料払い)
18日にメールして(土曜日だったので、実際にメールを処理されたのは20日)、23日には届きました。 丁寧かつ迅速な対応をして下さった世界家電。さんに感謝〜m(_ _)m
届いてからすぐにでもピッツェルを焼いてみたかったのですが、バタバタ忙しくて、やっと昨日焼くことができました。
please click
とりあえずプレーンなものを。
バターはケーキ用マーガリンで代用。
レシピの分量で9枚焼けました。
しっかし、綺麗な円に出来ない〜; 模様からはみ出したり、小さすぎたり。
でもサクサクして甘さひかえめで、とっても美味しかったです。
ちょうどムスコの友達が遊びに来ていたので、試食してもらったら、喜んでくれました。
あまり甘いものを食べないムスコも「又今度作って」とリクエスト。
あっという間に焼きあがるので、急なお客様にも用意できて、これから大活躍しそうです。
抹茶味や、キャラメル味を試してみたいな。

2006年 3月27日 (Mon) -- No.22
 +--カンパーニュでサンドイッチ--+
please clickplease click
今日のお昼ご飯は、パン・ド・カンパーニュをスライスして、サンドイッチにしました。
カンパーニュのレシピは「手作りパンの本―おいしいパン屋さんの味を手作りで」から。
前回は水分が多すぎたか、かなりべとついた生地になったので、15cc減らしてみました。 それでももう少し減らした方がいいかも、という生地の仕上がり。
前回と同様、オーバル型の発酵籠で作りました。
クープは控えめに入れたのだけど、やはり幅広のどどーんとしたカンパーニュの焼きあがり(笑)
熱々をスライスして、鶏照り焼きとチーズ、レタスを挟みました。
噛み過ぎて顎が疲れてしまうサンドイッチでした(笑)

2006年 3月29日 (Wed) -- No.23
 +--ツナマヨロールパン--+
please click
今日のお昼はツナマヨロールパンを焼きました。
みかさんのリッチ生地に、ツナマヨ・ピザ用チーズを巻き込んで、20cmのスクエア型で焼き上げました。
早めに生地を捏ね始めたので、発酵は常温でゆっくり進めました。(最終発酵は10分オーブン利用)
ムスコはこのパンが大好き。 1つ1つちぎりながら食べたのですが、中央のパンが、「周りを全部パンに囲まれて1つしかないレア物だ!」と変な希少価値を見出して、最後に大事に食べていました(笑)

2006年 3月29日 (Wed) -- No.24
 +--ピッツェル試行錯誤--+
please click
ピッツェルのキャラメル味と緑茶味を焼いてみました。
キャラメル味は砂糖40gの代わりにキャラメルクリームを50g、緑茶味は粉末緑茶(伊藤園「手軽にカテキン」)を小さじ2加えてみました。

結論から言うと、キャラメル味は、甘く無さ過ぎ(汗)
キャラメルの味もほのかに感じる程度。 もっとキャラメルクリームを沢山入れないと駄目みたい。 100g入れたら多すぎるかな…次回80gでリベンジかな。
緑茶味は、焦げ目を付け過ぎると、その苦味でお茶の味が殆ど解らない〜orz
写真はどちらも緑茶味なのですが、右のあまり焦げていない方は、緑茶味が爽やかで美味しかったです。 でも左のになると、もう殆どお茶は解らないし、色もいまいち。

同じ焼き時間でも、すごく焼き色が変わってくるんです; おそらくベーカーの蓋の開閉時間によって、プレートの温度が変わってしまうからでしょうね。 30秒ごとにちまちまチェックするのがいいみたい。(ちょっと面倒…爆)
丸く綺麗に焼くには、小さじスプーンで生地を丸くすくいとって、同じく小さじスプーンでそっと落とすのが、比較的うまくいくような気がします。
ピッツェル、まだまだ試行錯誤が続きそう…。

2006年 3月30日 (Thu) -- No.25
 +--ピッツェル試行錯誤 その2--+
昨日に引き続き、又もや焼いてみました。
今日は昨日と同じ緑茶味と、新たに紅茶味を試してみました。
緑茶味は粉末緑茶(伊藤園「手軽にカテキン」、紅茶は粉末紅茶(日東紅茶「新紅茶生活(アールグレイ)」)を小さじ2杯ずつ加えました。
紅茶味には更にアールグレイのティーパックを1袋分も加えてみました。
バターはケーキ用マーガリンを代用したのですが、今日はバターを10gずつ風味付けに加えてみました。(マーガリン50g+バター10g)
それともう少し甘い方が、おやつ向けになるので、砂糖も10g増量。
please clickplease click
焼き時間は30秒ごとにタイマーを鳴らして、つきっきりでチェック(苦笑)
やっぱりこまめに見たほうが、焦げすぎず失敗が少ないようです。
1分で焼きあがるのもあれば、2分かかることもあって、目が離せません。
それだけに、今回は綺麗な色に焼きあがったと思います♪
今日のレシピアレンジで、一応納得したので、これからはこのレシピでピッツェルは焼くつもり。
味のバリエはまだ色々試してみたいですね☆

今日はどっさり出来たピッツェルを、友人に試食(…というより、消費して貰わないと食べきれない;)してもらおう♪

2006年 3月31日 (Fri) -- No.26
 +--ハム&チーズロール--+
please click
今日のお昼は「ハム&チーズロール」でした。
ライ麦を40g入れたパン生地にマヨネーズを塗り、ハム・プロセスチーズ・コーンを巻き込みました。 粗挽きこしょうを効かせています。
ムスコとふたりで完食です(笑)
ムスコが6つ、私が3つ食べたのですが、ムスコはそれでもまだ足りないみたい。 ハハはダイエットも兼ねて、2つムスコに譲るべきでしょうかねぇ(笑)

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen