My Diary 2006
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2006/04/.....
2006年 4月 1日 (Sat) -- No.1
 +--桜餅--+
ここ2・3日冬に戻ったかのような寒い日が続いたのですが、今日はお天気が良くて暖か。 一気に桜が満開になった様子です。
ムスコはテニスをしに行きがてら、サンドイッチを持ってお花見に出かけました。
私はというと…出かける予定もなく、ベランダからマンションの桜を見下ろすだけ〜(苦笑)
そうだ、桜餅の材料を揃えていたんだっけ。
桜の時期を過ぎてしまうと、桜餅を作る意味がない(汗)
とうわけで、cuocaでレシピ紹介されている道明寺粉の桜餅を作ることにしました。
please clickplease click
桜餅はやっぱ道明寺でしょ〜☆
紅麹で色を付けたのですが、ちょっと足りなかったみたい。 あまりピンク色に染まりませんでした;
でも餡は桜あんを用意していたので、餡のピンクを生かすには薄くて正解だったみたい。
電子レンジを使ってあっという間に桜餅の出来上がり♪
もちもちで美味しかったです。
桜あんがあと半分残っているので、もう1回桜餅を作ろうか、和風パウンドケーキを焼こうか思案中です…。
抹茶あんもあわせて購入しているので、桜餅ではなくて、こっちの餡を使って道明寺で包んでもいいな〜♪

2006年 4月 2日 (Sun) -- No.2
 +--プチフロマージュ--+
please click
今日のお昼ご飯にプチフロマージュを焼きました。
レシピは「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」から。
チーズは包み込むのではなく、中に練りこみました。 最終発酵後クープを入れてピザ用チーズをトッピング。 表面のカリカリに焼けたチーズが美味しい〜。

今日は夕方からムスコの最後のヤマハの発表会があります。
「おんがくなかよし」から9年間、よく続いたものだと思います。
アンサンブルのグループだったので、個人よりは練習もきつくなく、お気楽に続けてこれたのだと思いますが。(それだけに腕前は大したことないんですよねー;)
高校生ぐらいに、バンドでもやる時に役立つかしらね(笑)

2006年 4月 3日 (Mon) -- No.3
 +--ミルク食パン--+
please click
明日の朝ごはん用にミルク食パンを焼きました。
パン生地を発酵している時に、濡らしてしぼった布巾をかけているのですが、時々生地がべったりとくっついてしまい、あちゃー;という事があります。
mixiだったかGREEだったか忘れたのですが、パンのコミュニティーのトピックの中で、布巾の上から霧吹きで濡らしたらいいという回答があったので、この間試してみたら…(゜ロ゜)すんばらしい! 綺麗に布巾がはずれました。 パン生地も全く痛まず。
ご存知の方も多いかとは思いますが、お悩みの方は是非試してみてね。

2006年 4月 8日 (Sat) -- No.4
 +--又…桜餅--+
please click
先週末作った桜餅の材料がまだ残っているので、餡が痛まないうちに今日も桜餅を作りました。
今回は最初から紅麹を入れずに道明寺を作りました。 砂糖も三温糖を使ったので、ちょっとベージュがかった道明寺(汗)
餡を包むのも、この間よりは手早く出来ました。
オーブンを使うときに大活躍しているMatferのシリコンパットは、こういう時にも大活躍。 道明寺を楕円に広げるのも楽々。 くっつかないし♪

マンションの桜も半分くらい散ってしまいました。
今日は強い風だったので、ベランダまで花びらが沢山飛んできました♪

2006年 4月 8日 (Sat) -- No.5
 +--ウインナーロール--+
please click
ムスコの塾前の軽食に、久しぶりにウインナーロールを焼きました。
レシピは「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」から。
パン生地は「トマト&ハーブフォカッチャ」。 この生地は成型している時も、トマトとハーブの爽やかな香りが立ち上ってきて、お腹が空いてきてしまいます(笑)
粉は江別製粉ハードブレッド専用粉を使用したので、皮がしっかり・クラムはふわふわのウインナーロールでした♪

2006年 4月 9日 (Sun) -- No.6
 +--スフレヨーグルトケーキ--+
please clickplease click
mikoさんから随分前に教えていただいた「スフレヨーグルトケーキ」をやっと焼くことが出来ました☆
ヨーグルトとメレンゲをたっぷり使った、でも全くオイルを使わないさっぱりふんわりしたケーキです。
オーブンに入れると、みるみる膨らんできて、型から流れ出さないかと心配になるくらいの膨らみよう(汗)
1日冷蔵庫で冷やしてカットしてみました。 ちょっと分離してしまって、底にヨーグルトが沈んでしまっていますが…(ノ△・。) メレンゲをあわせる時に、きちんと混ぜきっていなかったんでしょうね。
でもふわっと軽い口当たりで、ヨーグルトとレモンの爽やかな味。 いくらでも食べてしまいそう〜笑
これはこってりした食事の後のお口直しのデザートとしてもいけますね( ^ー゜)b
果物のソースやアイスクリームとの相性も抜群だと思います。
mikoさん、素敵なレシピをどうもありがとうございました♪

2006年 4月13日 (Thu) -- No.7
 +--先生へのお礼に--+
please click
6歳から9年続けたヤマハも今日が最後のレッスン日です。
おんがくなかよし→幼児科→アンサンブルジュニア→アンサンブルクルーズと続けてきました。
お世辞にもあまり練習していませんでしたが、音楽の楽しさを知ることは出来たと思います。 グレード7級までは合格する事もできました。

お世話になった先生へのお礼に焼き菓子4種を詰め合わせました。
キャラメルマドレーヌ、フルーツケーキ、黒糖とココアのケーキ、紅茶シフォンケーキを焼きました。
please clickplease click
please clickplease click
今回残念だったのは、シリコンのマーガレット型でフルーツケーキを焼いたのですが、型から上手くはずせなくてボロボロ(泣) どうしてかしら。 4つほどは綺麗なのがあったので、先生には選んで入れました。
お友達用には改めてパウンド型で焼きなおししました。
紅茶シフォンには、ミルクティー風味になるかなと思い、コンデンスミルクを大さじ2加えてみました。

一緒にレッスンを受けたお友達と、受付の方にも小さな詰め合わせを用意。
喜んでくれるといいな。

2006年 4月20日 (Thu) -- No.8
 +--バゲット--+
please click
今日はお昼に久しぶりにバゲットを焼きました。
ちょっと時間に余裕が無くて、ベンチタイムを短縮したり、焼き上げ時間を短縮したり。
クープの入り方は、前回よりは少しましになったかも。
でもちょっと浅かったかな。
天使の囁きは聞けませんでした。
焼き時間を5分短縮したので、クラストは柔らかめで、ソフトフランスって感じです。
でも美味しかった〜♪

2006年 4月21日 (Fri) -- No.9
 +--いちごミルクのバターケーキ--+
please clickplease click
たかこさんの新しいレシピ本「“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」から、「いちごミルクのバターケーキ」を焼いてみました。
本が届く前から、小粒いちごをジャムにして用意していたのですが、レシピではほんの少しの砂糖でいちごジャムを作るんですねー(汗)
私のジャムは市販のいちごジャム程甘くは無いけれど、それなりにしっかり甘さがあります。
…という訳で、砂糖は30g減らしました。
型はシリコンのハート型にしたので、ボールで2種類の生地をマーブルにするのではなく、型にそれぞれの生地を入れて、後から軽く混ぜました。
焼き時間は35分。 途中で前後を交換して焼き上げました。
オーブンからコンデンスミルクのとてもいい香りがしてきて、幸せ〜。
焼きあがりを試食してみたら、もっと甘さを控えても良かったかな〜。 
たかこさんレシピを忠実に作ったら、もっと甘さは少ないのかも。
苺もあえて荒く潰したので、苺が固まりで入っている部分はちょい甘めでした。
でもコンデンスミルクの優しい後味がたまらない、後をひくケーキです。
コンデンスミルクを使ったバターケーキは、苺以外にも色々応用できそう。
抹茶ミルクなんて、ものすごく好きかも♪ バナナにもあいますよね。 o(^ー^)oワクワク

2006年 4月22日 (Sat) -- No.10
 +--「まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」--+
まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ
“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ
発売日から1週間遅れて、やっとamazonから届きました♪
書店で何度か未練たらしく本を立ち読みしていたのですが、これでじっくり眺められます。
このシリーズは3冊目ですが、この本が一番作りたいものが多かったかも。
表紙写真にも使われている四角のクッキー、どうやったらあんなに綺麗な四角に出来るのかしら…と思っていたら、シート状に伸ばした生地を、カットするんですね。
たかこさんのクッキーは何度も焼いたのですが、丸や四角のアイスボックスクッキーは、すぐに面倒になる私の性格[:青ざめ:]では、美しく仕上げられなかったんですよね〜(苦笑)
シート状に生地を伸ばしてカットするのなら、私でも綺麗な四角に出来るかも…かも。(あんまり自信無し;)
昨日焼いた「いちごミルクのバターケーキ」の他に、「オレオチーズケーキ」「キューブクッキー」「抹茶とあんこのバターケーキ」等々、焼きたいお菓子目白押しです。
「抹茶とあんこのバターケーキ」は、冷蔵庫にストックしてあるcuocaの抹茶あんを使ってアレンジしてみようかな。
それとたかこさんのロールケーキを見る度に、ロールケーキをリベンジしなきゃ〜と思ってしまいます(苦笑) がんばろ。

2006年 4月26日 (Wed) -- No.11
 +--レモンシフォンケーキ--+
please clickplease click
今日は友人への差し入れにレモンシフォンケーキを焼きました。
レシピは「シフォンケーキ・アラカルト」から。
初めて焼くのに、いきなりホールごと持って行く、大胆な私…爆
紙コップに少し生地を流して味見用に。
レモン汁が60ccも入るので、かなり酸味があるのかと思ったのですが、そんなに酸っぱくありませんでした。
焼き上げて型からはずした後に、レモン汁+砂糖を煮詰めたシロップを上面に塗るのですが、その甘酸っぱい部分が引き締めになって、私的にはその部分が好き♪
上面だけではなく、側面にも塗りたい気が。
国産レモンが手に入ったら、摩り下ろした皮を入れると、もっと風味が増すでしょうね。

今日は他にも2種類ケーキを焼いて、焼き焼きDAYでした。
1日寝かして、明日カットします。

2006年 4月27日 (Thu) -- No.12
 +--キャラメルブラウニーとフルーツケーキ--+
please clickplease click
週末に弟家族が遊びに来るので、「キャラメルブラウニー」と「フルーツケーキ」を焼きました。
レシピはたかこさんの「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」「ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ」から。
キャラメルブラウニーはレシピの倍量を作って、ふたつの型に分けて焼きました。 焼き上げ時間は温度を下げて10分増。
今まで焼いてきたブラウニーは、チョコレート以外にココアもたっぷり入れるので、黒々としたブラウニーなのですが、たかこさんのキャラメルブラウニーは、優しい茶色。
キャラメルクリームがたっぷり入るので、かなり甘いのかな…と思ったら、キャラメルのほろ苦さとクリームの優しい味がする、甘さ控えめのブラウニーでした。
写真は端っこを集めた試食用なのですが、ムスコがおやつにペロリと食べちゃった〜。
フルーツケーキはまだ味見をしていないけれど、1日置いてカットしたら、とってもしっとりしていて期待大♪

please click

カットしたブラウニーとフルーツケーキは袋に入れて、冷凍庫へ。 ブラウニーはブロック4つをクッキングペーパーで挟んで袋に入れています。 そうするとスルッと袋に入れやすいんです。 ボロボロ崩れないし。 本当は綺麗なラッピングペーパーでも使えばいいのでしょうけど〜笑。

明日はオレオチーズケーキを焼こうと思っています♪

2006年 4月29日 (Sat) -- No.13
 +--フロマージュ--+
please click
今日のお昼は「フロマージュ」を焼きました。(これってフロマージュって呼ぶのかなぁ)
レシピは「手作りパンの本―おいしいパン屋さんの味を手作りで」の「フォンデュ」を参考に。
中にはマカロニサラダとサイコロに切ったプロセスチーズを包みました。
やっぱりリスドォルは美味しい〜。 粉を変えるだけで、フランスパンにぐっと近い味です。(自己満足)

2006年 4月29日 (Sat) -- No.14
 +--おやつスティック--+

please click

今日は両親の家に弟家族が遊びに来ているので、みんなで一緒に晩御飯。(ハハが全部用意してくれました〜)
私は焼き菓子色々と、「おやつスティック」を持参。
レシピは「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」から。
牛乳をトマトジュースに変え(固形分を考慮して多めに)、イタリアンハーブミックスと粗挽きこしょうを加えて、おつまみ風味にしています。 長さは短めにしました。
トマトジュースは乾きにくいのか、かなり長い時間焼きました。
このスティック、赤ワインのお供に最適だーと焼いたのに、ムスコがパクパクポリポリ…。 大人はあまり食べられませんでした(泣)

2006年 4月30日 (Sun) -- No.16
 +--いちごミルクのバターケーキ--+
please click
弟家族へのお土産に、「いちごミルクのバターケーキ」を焼きました。
レシピはたかこさんの「“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」から。
今回はゆるゆる苺ジャムも、レシピ通りに作って用意しました。
前回と同じくハートのシリコン型で作ったのですが、今回は2つの生地をマーブルにせずに、2層に流してみました。
焼き上げると、おへそが出来ずにあまり綺麗な仕上がりになりませんでした;
上層に流した苺ジャムを入れた生地は、ジャムのぶんだけ水分の多い柔らかい生地になるのですが、そのせいで膨らみが悪かったのかも。 2層にするのなら、コンデンスミルク生地を上にしたほうがいい気がします。
レシピ通りの苺ジャムは、砂糖をあまり加えないので、前回自己流苺ジャムで作った生地よりも、苺が甘過ぎず酸味が爽やかな美味しいバターケーキになりました。

2006年 4月31日 (Mon) -- No.15
 +--オレオチーズケーキ--+

please click

ずっと作ってみたかった「オレオチーズケーキ」を焼きました。
レシピは「まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」から。
ストックしていたクリームチーズは200gのものだったので、サワークリームは使用せず、クリームチーズに変え、クリームチーズ200gを使い切るように各材料を1.2倍にしました。
(いつもいつもレシピ通りに作らなくてごめんなさいっ汗)
型は18x18cmを使用。
1日寝かして昨日夕食後に出したら、両親にも弟家族にも大受け!
普段私のチーズケーキに「まぁまぁだな」ぐらいしか言わない弟が、「うまいな、これ」。
やった!勝った!(何故勝負になるのか謎)
オレオクッキーが入っているせいか、チーズケーキの味は前面に出てこないんですが、それが受けたのかなぁ。 私はもっとチーズケーキ濃厚っというのが好みだったり。(もちろんオレオチーズケーキもとても美味しかったですよ♪)
大人気のオレオチーズケーキ、これからも焼く回数が増えそうです。

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen