My Diary
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2007/10/.....
2007年10月 1日 (Mon) -- No.1
 +--栗の渋皮煮 味見♪--+
please click
苦労して(笑)仕上がった栗の渋皮煮、美味しく仕上がりました〜♪
やはり出来上がり直後より翌日、更に1日経った今日の方が美味しく感じました。
実は一昨日夕方煮上がった渋皮煮、翌日煮汁を味見したらどうも渋みが残って気になるので、煮汁をすべて捨て、もう一度煮汁に漬け直しました。
やっぱりその方が良かったみたいです。
ブランデー100ccも濃すぎることもなく、しっとりしたマロングラッセみたいな仕上がりになりました。
昨日夕方瓶6個に渋皮煮を詰め、煮沸消毒。 でも小さな瓶にはたったの5粒しか入らない。 ひと回り大きい瓶でも7粒。 1回で食べきっちゃうわ(笑)
美味しくてぽいぽい口に入れてしまうので、保存瓶に入れるほどでも無かったかも。 あっと言う間に無くなってしまいそうです。
あ〜でもこれだけ手間かけたのだから、ゆっくり味わって食べるべきか…。
please clickplease click
初めて渋皮煮に挑戦して思ったことは、これだけの手間をかけるなら、やはり大粒の丹波栗じゃないとやる気でないなぁ〜という事と(笑)、今後もし手作りの渋皮煮を頂いたら、最大限の感謝をしようという事(笑笑)
いい経験になりました。 良かった〜失敗しなくて (冷汗)

2007年10月 3日 (Wed) -- No.2
 +--明日の準備--+
please click
明日の役員会の集まりの準備☆
抹茶シフォン、オレオチーズケーキ、バナナとくるみのバターケーキ。
最初レアチーズケーキ、ベイクドチーズケーキを焼こうと思っていたのだけど、4月の集まりの時に出してた;(こういう時日記は便利だわ)
今ミネストローネを煮込んでいます。
*
*
*
最近の焼き焼き。
please clickplease click
please clickplease click

2007年10月 5日 (Fri) -- No.3
 +--久しぶりのバラパン--+
please click
我が家に集まった役員会の軽いお昼に、みかさんのバラパンを久しぶりに焼きました。
もしかしたら1年半ぶりかも〜;(写真に残していないだけかもしれないけど)
プレーンな生地にはボンヌのマロンクリーム、ココア生地にはチョコレートクリームを挟みました。
お昼用なので、チョコチップを挟むのはやめて、甘さ控えめに。
他にベーコンエピを3本。
前日から煮込んだ鶏肉たっぷり野菜たっぷりのミネストローネも好評でした。 良かった良かった。
please click
前日焼いたお菓子は小さくキューブにカットして、M' home styleさんのランチプレートに盛ってみました。 紅玉の煮りんごと渋皮煮も添えて。

2007年10月 6日 (Sat) -- No.4
 +--又々!栗の渋皮煮--+
今年は栗の渋皮煮を習得しなさい…という年なのかもしれません(笑)
ご近所の友人から又もや立派な栗を頂きました。
母のところにあった丹波栗も貰ってきて、1kg×2の栗たち。
皮むきハサミ今回は栗の皮むきハサミを買ってきて使ってみました。
一晩水につけて、皮に切り目を入れて軽く茹でた栗の皮は、確かに手でもむけるのですが、指先にマメが出来てしまったため、道具でもっと楽にむけたらそれが一番だな〜と思い、買ってみました。
(「栗くり坊主」というハサミもありますが、これは鬼皮&渋皮を一緒にむくハサミっぽいです。) 
切り目にハサミを入れてむくと、いい感じ。 力の入れ加減で、渋皮に傷をつけてしまう栗もあったけれど、使ううちにコツが解ってきました。 それでも時間短縮という訳にもいかず、1kgで1時間くらいは黙々と皮むき。(これが一番忍耐力が必要〜汗)
please clickplease click
今回は400gの砂糖の半分を黒糖にした黒糖風味の渋皮煮も作ってみました。 もうひとつは前回と同じブランデーを煮上がりに加えたもの。
試しに1kgの栗は、鬼皮をむいてからもう一晩水に漬けてみたのですが、渋の抜け方が早かったみたいです。 やはり急がば回れなのね。
前回は煮汁はそのままでしたが、今回はに煮上がった栗をあげて、煮汁を半分まで煮詰めてみました。
黒糖の渋皮煮は何故か甘みがあまり栗に染み込んでいない気がしたので(もう少し寝かせたらいいのかも)、煮詰めた煮汁を絡めながら食べても美味しいかな、と思います。
3kg余りの栗の渋皮煮を作り終えて、やっと渋皮煮のコツが解ったみたい。
まぁ来年も栗を戴かない限り、作らない気もするけど(笑)

2007年10月 7日 (Sun) -- No.5
 +--『ほんのりしあわせ。おうちパン』届きました♪--+
「ほんのりしあわせ。おうちパン」
門間みかさんの新刊『ほんのりしあわせ。おうちパン』が、昨日届きました〜♪
8月下旬に予約してから、届くのはまだ1ヶ月半も先なのね〜と思っていたのに、あっという間の1ヶ月半でした(笑)
みかさんご自身がおっしゃっているように、今まで出された本とちょっと雰囲気の違う、よりパン作りを追求しているような、そんな本になっています。 だからといって、ものすごく難しいレシピばかり、でもなく。
ずっしり読み応えあり、のレシピ本かな〜。
ずっと敬遠していた天然酵母の種起こし、挑戦してみようかなぁと思っています。 役員の仕事がひと段落した11月にでも。
焼いてみたいパン目白押しです。
ちぎりパンをちぎらずにスライスして、細長いままトーストするのって、そういえばみかさんの日記でも拝見して「お洒落だ〜いつかやってみよう〜」と思っていたのに、忘れていました。 この本の中にそれが載っていたので、次のおうちランチには是非使ってみたいな。

2007年10月 8日 (Mon) -- No.6
 +--「ベーコンチーズスティック」&「チョコチップスティック」--+
please click
みかさんの『ほんのりしあわせ。おうちパン』から、「ベーコンチーズスティック」&「チョコチップスティック」を焼いてみました。
しっかりレシピ通りに伸ばしてカットしたつもりなんですが、生地をくぐらせるのを、1回しか出来なかった〜(苦笑)
なので、みかさんみたいにほっそりスティックではなく、ぽってりスティック(笑)
特にベーコンチーズがポロポロこぼれてきて、難しかったです。 私はウェンガーナイフで生地を分割したのだけど、これはレシピ通りカードで押し切った方が良かったのかも。 そうすると、切り口の生地が少しくっつく気がするなぁ。 スパっとナイフで切ってしまった上、ベーコンの油分で2枚の生地も滑ってしまって;
チョコチップは生地をくぐらせるのは、あんまり手間がかかりませんでした。
成型直後成型直後
今度はもう少しほっそりとかっこいいスティックにしてみたい〜。
please click
朝食用のライ麦入角食も焼きました。 なかなか満足いく角食になりません。 もうちょい角が欲しかったー。

2007年10月10日 (Wed) -- No.7
 +--「アップルロール」&「ツナコーンロール」--+
please click
Sweet Countryのliraさんの「アップルブレッド」を見て、無性にリンゴパンを焼きたくなってしまいました。
みかさんのリッチ生地に作り置きの煮りんごとシナモン、あられ糖を巻き込みました。 6つに分割してエンゼル型に。 上にもあられ糖をのせて焼き上げたら、かりかりした食感がなかなか良かったです♪(中に巻き込んだあられ糖は、溶けてしまってました…やっぱり〜)
同時にツナとコーン、マヨネーズを巻き込んだものも焼きました。
もちろん自分ひとりで食べるには多いので、ご近所の友人を呼んで、一緒に頂きました。
please click
この間焼いた「オレオチーズケーキ」と「バナナとくるみのバターケーキ」を冷凍保存していたので、栗の渋皮煮と一緒にプレートに。
友人が手作りのワッフルを持ってきてくれたので、それも一緒に盛りました。
もうひとりの友人は熱々ミネストローネを持ってきてくれました。
思わぬ豪華なおうちランチに変身〜☆
スープの冷めない距離にいる友人って、気軽に呼んだり呼ばれたり、でいいものですね。(飲んでも数分で帰れるし〜笑)

2007年10月12日 (Fri) -- No.8
 +--8作目のブルーベリー完成--+
please clickplease click
8作目のブルーベリーが塗りあがりました〜。
今回はブルーベリーの粉がふいているような紫色を、わざと塗りこまずにかすれさせて表現する方法を教わりました。(でも自力では2度と塗れない…爆)
大好きなブルーベリーなので、今回は仕上がったら初めて額にでも入れてみようかと、意気込んでいたのですが、う〜む…100%満足したという仕上がりじゃないんですよね〜(苦笑) 葉っぱがいまいち気に入らない…。 どうしようかな〜勇気を出して飾ってみるか…?笑
次から食べ物から初めて離れて、花を塗ります。 花を塗るのは嬉しいけど、更に難しそう〜。

2007年10月14日 (Sun) -- No.9
 +--セダム--+
please click
秋バラがそろそろ開花し始めたので、近所のバラ園に様子を見に行ってきました。
まだ2〜3分咲きといったところ。 見頃の下旬が楽しみです。
併設の園芸センターで、「ユリオプスデージー」と「セダム」を購入しました。
「セダム」も多肉の一種ですが、買うのは初めて。 ぷちぷち小さな肉厚の葉っぱが可愛い♪ どんな風に育つのか、楽しみです。


大好きな「アンティークレース」。
切花として大人気なバラなんですって。 このバラをどっさり花束で貰ったら、惚れるよ(笑)
あまり背も高くなく、一枝にぎっしり花をつけるので、鉢植えでも育てやすそう。
でもバラは枯らしてしまう可能性大なので、手を出さないのです(笑)
すぐ近所に大きなバラ園があるので、そこでバラを楽しんでいます。

2007年10月15日 (Mon) -- No.10
 +--ツナロール--+
please click
中間テスト前で、塾に缶詰なムスコ。
晩御飯は塾の近くのマックで、という事が多いので、おやつに具沢山なツナロールを焼きました。
中にはツナ・ベーコン・ブロッコリー・コーン・チーズ・マヨネーズ、それに胡椒たっぷり。
ちぎった時、ふわふわのクラムがたまりません(笑)
野菜たっぷりのスープも一緒に。
please clickplease click
久しぶりの山食パン。 何も考えずにみかさんのリッチ生地(粉400g)を用意した後、『ほんのりしあわせ。おうちパン』の「くーぷトースト」にすれば良かった〜と後悔しました。 次は是非これを焼こう。

2007年10月17日 (Wed) -- No.11
 +--ショコラ&マロン--+
please click
久しぶりに「ショコラ」を焼きました。 チョコクリームをたっぷり塗って、チョコチップを散らしています。
それと「ショコラ」の栗バージョン。 リッチ生地にボンヌのマロンクリームを塗り、栗の渋皮煮を刻んだものを散らして。
なんだか、みかさんのレシピみたいに、優雅な「ショコラ」にならないわぁ(爆) どっしり田舎風(笑)
きっと生地の伸ばし方が足らないのと、ねじねじも少ないからね。 チョコチップも欲張りすぎたかな。 チョコがギラギラ溶けてるよ(汗)
「ショコラ」系のパン(ココア生地にチョコチップ)はムスコの好物。 私は「マロン」が気に入りました♪
最終発酵前please click
レシピは『みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓』から。

2007年10月17日 (Wed) -- No.12
 +--2008年カレンダー--+
2008カレンダー
黒井健さんの2008年版カレンダーが届きました♪
毎年買うこのカレンダーが届くと、あ〜もう今年ももう少しなのね…と感慨深くなります。(1年が経つのが早〜い;)
*
*
*
*
*
実はキャンセルをずっと待っていた、軽井沢の保養所の27日の予約がとれました♪
(10日前から何度も何度も空室状況をチェックしていたσ(^^;)
しつこく頑張った自分を褒めたい笑)
新人戦が終わった後なので、珍しくムスコが「部活休んでもいいよ」と言ってくれ、急遽1泊2日のドライブ旅行を計画することに。
今までも軽井沢は単に泊まるだけで(軽井沢銀座なんて行った事ない)、実はむりやり清里経由で向かってもらい、「黒井健絵本ハウス」に行くのが私にとっての最大の楽しみなのです。
(ムスコの楽しみは保養所の卓球、オットの楽しみは地ビールと昼寝 )
なんと27・28日は健さん在館の日ー!! しかもギャラリートークが27日にはあるのです。
あー今から心臓バクバク☆だー(*ノノ) キャー
大好きな「ミシシッピ」の原画の前で、絵にまつわるお話が聞けるなんてー(大興奮)
明後日のムスコの中間テストや、今週末の新人戦なんて、霞んでしまった駄目ハハです(爆)

2007年10月19日 (Fri) -- No.13
 +--ポシェット--+
please clickplease click
普段近所へのお出かけには、小さなポシェットを愛用しています。
緑のキャンパス地のポシェット(写真左)を使っているのですが、ちょっと褪せたり擦り切れたりしてきたので、「このシンプルな作りなら、自分で縫えるかしら…」と思っていました。
今日は予定のない日なので、急に思い立って作ってみる事に。
布は使う予定もないのに、ハーフリネンやリネンの生地を買い込んであるので、それを使う事にしました。
生地が薄いのでキルト芯を挟んでみることに。(初めて使った〜;)
内布はベージュのチェックのリネン。 一応リバーシブルに出来るように作ったのだけど、たぶん裏返さない笑(粗が目立ちすぎ;)
蓋が無いので、テープをボタンに掛ける様にしてみたけど、長さがあっていないし〜(爆) お揃いの小さな巾着作って、ごまかそうかなぁ(笑)
色は夏っぽいけど、キルティング芯のおかげで、ふかふかぬくぬくです♪
それにしても、ソーイングはやっぱり苦手だわ…。 こんなにシンプルなのに、3時間もかかっちゃった。 (;´・`)> ふぅ

2007年10月21日 (Sun) -- No.14
 +--トートバッグ--+
ポシェットに引き続き、トートバッグを3点作りました。
実は今度の週末に行く黒井健絵本ハウスで行われるギャラリートーク、「ミシシッピ 900マイル カヌーの旅―黒井健画集」にまつわるお話をして下さるのですが、その時に健さんにサインをして頂こうと本を持参するつもりなのです。 結構大判の画集だし、むき出しで持っていきたくないので、残りの布を使って大振りのトートバッグを作ることにしました。
please clickplease click
全部キルト芯を挟んでみました。 大きいバッグは良かったんだけど、小さいバッグにキルト芯を挟むと、内布から本体を引っ張り出すのが大変でした〜; でもぱふぱふした感じのミニトートは可愛くて、ポシェットのサブバッグとして活躍しそう♪(ポシェットには財布とハンカチくらいしか入らないんです;)
1m買ったキルト芯はだいたい使い切ったので、ソーイングはとりあえずお終い。 ( ´ー`)フゥー

2007年10月21日 (Sun) -- No.15
 +--HAPPY BIRTHDAY--+
please click
今日はムスコの誕生日なのです。 14歳になりました。
すぐ不機嫌になるムズカシイお年頃ですが、お手上げという程でもないので、よしとしなくちゃね。
産まれたときは2636g、48cmの小さなやせっぽちの赤ちゃんが、今では168cm、50kgになりました。
この時間にこのケーキを2つとも食べてしまいました。 カロリーが怖い…orz(とても美味しかったけど♪)

ケーキはオランダ家の。
千葉らしいお菓子が多いので、お土産によく使います。
「楽花生ダクワーズ」がお気に入り〜♪

2007年10月23日 (Tue) -- No.16
 +--「くーぷトースト」--+
please click
みかさんの『ほんのりしあわせ。おうちパン』の「くーぷトースト」を焼きました〜。
レシピの1.5斤の量だと、かなり背の高い山食になる感じだったので、ホップアップ式トースターを愛用している我が家では、トーストする時はみでちゃうなぁ〜と思い、400gの粉で計算することにしました。(こういう時ベーカーズ%表示はありがたいですね♪)
ゴールデンヨットは常備していないので、「はるゆたかブレンド」で代用。 水は10cc減量しました。
生地の量は2割少ないので、最終発酵は生地の山の高さが型より1cm低いくらいで焼成へ。
最終発酵後please click
なんだか窯伸びがいまいちなような…; もう少し高さが出てもいい気がしたのだけどな。
私は捏ねはホームベーカリーに任せているので、生地の仕上がりが足りなかったのかもしれません。(バターは、スイッチを入れてから5分位してから投入すれば良かったと、後から気づきました;)
でも焼き上がった後、ピキピキとトップが割れたのは初めて。
ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 すごい〜。
please clickplease click
翌朝5枚切の厚さにスライスしてトーストしていただきました。
かぼちゃのポタージュと一緒だったので、あえて何もつけずに。 カリカリもっちりの美味しいトーストでした♪
次はもう少し高さが出るように見直してみようと思っています。

*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*

みかさんが「食パン発表会」を第1回 10/28(日)〜29(月)・第2回 11/11(日)〜12(月)と開催されるのですが、参加したいなぁ〜と思っています。 この「くーぷトースト」で参加するか、もう一度焼いて参加するか思案中…。 週末は留守にするし、第2回に参加しようかな。 29日にまだ枠が残っていたら、恥ずかしながらこの記事で参加するかも。

2007年10月24日 (Wed) -- No.17
 +--ケーキ連鎖--+
please click
おやつに買ったバナナ、熟れすぎるともうムスコは食べてくれません; 実は私も青いバナナじゃないと食べる気が↓ キッチン中バナナの香りがぷんぷんするし、『あ〜これはもうケーキに焼きこむしかないか』と。
「バナナとくるみのバターケーキ」を焼き始めると⇒『あ〜そうだ、今冷凍庫にケーキのストックが全然無いから、「しっとりショコラ」も焼くかぁ』⇒『生クリームが100cc余っちゃうなぁ〜そうだチーズケーキも焼いとくか』
計画性も無く連鎖が起きてしまったものだから、湯煎でチョコレート&バターを溶かしたり、クリームチーズを柔らかくしたり。(いつもは電子レンジを弱くかけて柔らかくしています)
オーブン稼働中に次のケーキの準備をしたら、オーブンの熱を無駄にすることなく次々ケーキを焼き上げる事ができました☆

無計画の割には、手際良く3つもケーキを焼けて、自己満足〜。
「バナナとくるみのバターケーキ」→「しっとりショコラ」→「オレオチーズケーキ」の連鎖はなかなかいいかも〜。
明日キューブにカットして、3種類のケーキをひとつの袋に小分けして冷凍したら、急なお客様の時にいい感じやね〜♪

レシピはたかこさんの「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」「まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」から。
バナナは中2本あったので、全部焼きこみました。(ま、大丈夫でしょう)
チーズケーキは生クリームが100ccだったので、ヨーグルトを増量。(私はレシピのサワークリームを使わずにヨーグルトを使っています。 それは大抵突然焼きたくなるので、ストックが無いから〜爆)
oven*memo


*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*

役員の大きな仕事、昨日終わりました〜( ´ー`)フゥー
今日の午前中は報告書やアンケートの取り纏め。 これで肩の荷が下りるわ〜やったー♪
今日は午後からゴロゴロして体を休めようとおもっていたのに、オーブンをがっつり動かしてしまいました…。 明日にしようと思ってたのに笑

2007年10月25日 (Thu) -- No.18
 +--キッチンの文房具--+
please click
昨日焼いたスクエアケーキ、一晩冷蔵庫で寝かせてからカットしました。
綺麗なキューブにする為に必要なのは、☆定規☆
キッチン専用に、無印良品の定規を愛用しています。 目盛以外に定規本体に1cmごとの升目が入っているので、平行にカットするのにとっても便利。
それと台所で大活躍しているのは普通の事務バサミ。 錆びないようにシルバーストーン加工のハサミを使っています。 私は極端に握力がないので、キッチンバサミは固くて扱えません。 そこで普通の事務バサミの登場。 ピザだってチョキチョキ切ってしまいます。 ピザカッターを使うと、具が綺麗に切れなかったり、プレートに傷が付くのではないかと心配になるけれど、ハサミならピーマンだってウインナーだって、チョキチョキ切れてしまいます(笑)
この間ハサミでピザを切っているのを目撃したムスコが、ものすごくビックリしていました(笑) ずっと使ってたってば。
please clickplease click
定規を使って綺麗にカットしたら、4キューブずつオーブンシートでくるんでクリスタルパックに入れて。 ずらりと並ぶと壮観ですな〜。
端っこが残るのですが、これはムスコのお楽しみ。 ムスコは綺麗なキューブのケーキは食べた事ないのではないだろうか…爆
please clickplease click
更にジップロックに入れて、冷凍庫で保存。 これで急なお客様でも、いつでも解凍して使えます。 忙しくてお菓子を用意する時間がなかった時も大活躍です。 これにシフォンケーキを1台焼いておけば、完璧☆笑

2007年10月29日 (Mon) -- No.19
 +--信州ドライブ--+
please click
週末に信州へドライブに出かけてきました。 大雨[:雨:]に降られてしまったけれど、今年は清里に行けないと思っていたので、本当に嬉しい〜♪
保養所は軽井沢なのですが、いつも清里に寄って貰っています。 もちろん黒井健絵本ハウスが目当て♪ 今回は健さんのギャラリートークを聞くことができるという、特別な訪問。
今回の展示は「ミシシッピ」と「つきのよるのものがたり」でした。
「ミシシッピ」は約20前に健さんが友人とミシシッピ川を900マイル30日かけてカヌーで下った旅を、後で画集にしたものです。(絵を描くために旅をしたのではなく、旅の後に画集にする話がきたそうです)
途中浮き草の迷路で水路が見つからず、雨の中野宿した話や、大きな湖のあまりの大波に湖を渡るのを途中で断念した話、クルーザーからするするとロープが降りてきて、ワインとクッキーの差し入れがあった話等々、原画を前に聞く旅の話は、とても興味深いものでした。 まるでカヌーが目の前にあるような…。
「ミシシッピ」は私が持っている健さんの画集の中でも初期に購入した本で、とても好きな画集なので、お話が聞けて本当に嬉しかったです。

もうひとつの展示の「つきのよるのものがたり」は、もともとチャイルドブックとして園児向けに販売されたもので、本屋では手に入らない本だったのですが、8月に新刊として発刊されました。 舞台が絵本ハウスなので、絵本ハウスを知る人にとっては、又違う楽しみがあります。
絵の中のねずみが、美術館がお休みの日に、絵からとびだしておひさまを見に行く話です。 夜の絵本ハウスを描く為に、実際に夜絵本ハウスをライトアップして、写真を撮ったりイメージをふくらませたとおっしゃられていました。 絵に仕上げた後調度品のサイズが違うことに気付いたという、笑い話の披露も(笑)
絵に帰っていくねずみの原画の額の上に、帰り損ねたねずみをお嬢さんがフェルトで作って、ちょこんとのせていた事。 絵のねずみと同じサイズの可愛いフェルトのねずみが絵を覗き込んでいました。 これは健さんも知らないうちにお嬢さんが、こっそり置いていったんですって。 なんだかほのぼのするお話でした。
お嬢さんが作られているフェルトのころわんは、1月にあった松屋銀座店での原画展でも展示されていましたが、近く健さんとお嬢さんがコラボされた小さな展覧会が神保町で開かれるんですって。 それは必ず見に行くつもりです。
please clickplease click
記念に版画「フォレスト」を購入。 裏にはサインを入れていただきました。 「フォレスト」はサッポロワインのグランポレールのラベルの為にかかれた絵なんですって。 美瑛・富良野・帯広方面の景色をイメージされて描かれたものだそうです。 私も大好きな北海道の風景なので、とても嬉しいな♪
■購入した本:「12月24日」「ダーチャのいのり
please click
もうひとつ今回の清里で楽しみにしていたのは、柳生真吾さんの「八ヶ岳倶楽部」に行く事。 ずっと「八ヶ岳倶楽部」には行ってみたいと思っていたのですが、清里にあるなんて思っていませんでした(爆)
雨が激しかったので、雑木林の置くまで続く枕木の木道の散歩は断念。 でもギャラリーから綺麗な紅葉を眺める事ができました。
真吾さんの多肉植物の寄せ植え、見たかったな〜。 でも清里はこれからも行く事があるでしょうから、その時の楽しみにしておこうと思っています。
*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*
please clickplease click
ドライフラワー、安かった〜。 買い占めちゃった。 ラムズイヤーのドライ、1つしかなかったのが残念。
please click
旬のリンゴ、買い込んできました。 帰ってすぐ煮りんごに。

2007年10月30日 (Tue) -- No.20
 +--フォンケーキ&プチフランス--+
please clickplease click
先週末、友人の息子さん(ムスコと同級生)が誕生日だったので、シフォンケーキを焼いてプレゼントしました。
以前友人が我が家に来た時、残ったシフォンをお土産に持って帰ってもらった事があったのですが、それを食べた息子さんが、いたく気に入ってくれたそうで、誕生日も近い事だし、ホールでプレゼントするよ〜と言っていたのです。
お昼にグラタンをご馳走してくれるとの事だったので、シンプルなプチフランスも持参しました。
シフォン、喜んでくれたかなぁ〜。

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen