My Diary
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2007/12/.....
2007年12月 2日 (Sun) -- No.1
 +--「キャラメルとカカオのお菓子」--+
「キャラメルとカカオのお菓子」
稲田多佳子さんの「キャラメルとカカオのお菓子」が先日発刊されました。
この本の事を私は全く知らなくて、みかさんの日記で初めて知って(発売当日!)、その日に本屋に走ってしまいました(笑)
だって「キャラメル」と「カカオ」ですもの〜。
たかこさんはこの本の前に「はちみつとナッツのお菓子」という本を同じシリーズで出されているのですが、これは購入を見送りました。(ナッツって価格が高いものだから〜汗←妙な所で貧乏性;)
でもキャラメル&カカオはそんなに材料費がかからないし、即購入です♪(チョコレートは安い板チョコ使用しています…いいチョコレートを買うと格別の美味しさなんだろうけどねぇ;)
キャラメルやカカオ(チョコレート)のお菓子は、他のシリーズの本でもたかこさんは沢山紹介されていますが、この本も作ってみたいお菓子満載でした。
飴のキャラメル、子供の頃私の母がよく作ってくれました。 市販のキャラメルと比べて格別美味しかった覚えがあります。 この本で初めて作り方を知りました。
キャラメルはカロリーが怖すぎて私は作らないと思うけど、まずはパウンドケーキでも焼こうかな。 この本を買った足で、グラニュー糖と生クリームをどっさり買い込んできたし♪

最近レシピ本を立て続けに購入してるな〜笑
買っただけで満足しないようにしなきゃ。

2007年12月 7日 (Fri) -- No.2
 +--ひたすら焼き焼き--+
今日は朝からオーブンフル稼動。
さっき最後のクッキーが焼きあがりました♪
please clickplease click
please clickplease click
たかこさんの「キャラメルとカカオのお菓子」から、「はちみつキャラメルパウンド」のはちみつキャラメルクリームを普通のキャラメルクリームに置き換えて焼いてみたのですが、洋梨が沈んで見えない〜orz しかも焼き色付きすぎた感じ。 苦かったらどうしよう…泣

2007年12月 8日 (Sat) -- No.3
 +--sweets便--+
please clickplease click
昨日焼き焼きしたお菓子たちをラッピングしたもの。
いつもラッピングには悩むのですが、結局毎年同じ感じになってしまいます(笑)
でもお菓子を焼いている時、包んでいる時は、ちょっとケーキ屋さんになった気分☆
雑貨屋さんでリースの中に揺れる青い鳥のオーナメントを見つけて、ひと目で気に入ったので、今年は黒猫が運ぶ、青い鳥便です(笑)

たかこさんの「キャラメルパウンド」、縦に差し込んで焼いた洋梨が、見事に底にぺったりと沈んでいました…orz お味は、しっとりしていてなかなか( ^ー゜)bグッドでした。

2007年12月13日 (Thu) -- No.4
 +--最近のパン焼き--+
please click
「オレ米食いたい」などと、抜かすムスコのせいで、しばらく朝用のパン焼きをお休みしていました。 晩御飯にはしっかりご飯炊いているし、炊いても1膳しか食べないくせにー(怒)
「そろそろ朝にパン出してもいいかなぁ〜」とお伺いをたてたところ、「え?いいよ?」…早く言え、早くー!
*
*
please clickplease click
please clickplease click
写真をクリックすると、ちょこっとコメントあります

2007年12月13日 (Thu) -- No.5
 +--リエージュワッフル--+
please click
以前からワッフル生地に抹茶を入れてみたかったので、焼いてみました〜☆
といって、実は抹茶ではなく伊藤園の「手軽にカテキン」を強力粉200gに対し5g加えたもの。 中には甘納豆を入れてみました。
もうひとつはいつものココア生地(強力粉185g・ココア15g)にチョコチップを入れたもの。
甘納豆やチョコチップは、一次発酵後生地を分割して丸めるときに、中に閉じ込めています。 緑茶ワッフルにはあられ糖をまぶして焼きました。
please clickplease click
緑茶ワッフルは、割ってみたらとても綺麗な緑色。
お茶の香りはするけれど、味的にはもう少し欲しい感じ。 10gいれてもいいかも。(抹茶だったら5gで充分だと思います)
色々な味のワッフルを又焼いてみよう〜♪

2007年12月15日 (Sat) -- No.6
 +--バターケーキ--+
please clickplease click
昨日は今年最後の色鉛筆の教室だったのですが、教室が始まった時からご一緒させて頂いている方から、こんな素敵なバターケーキを頂いちゃいました♪
去年もかぼちゃのバターケーキを頂いたのですが、その頃はまだ生徒は私も含めて2人。 今年は生徒も5人に増えたので、頂く事は無いだろうなぁ〜と思っていたら、なんと先生と生徒5人分焼いてきて下さったのです!v(≧∇≦)v
その方はお菓子とパンの先生の資格を持っている位の腕前なので、味はさすが〜〜〜なのです。
今回のケーキは、コーヒー味のマーブル模様。 マカダミアナッツがたっぷりごろごろ入っていて、とってもリッチなお味でした〜♪
ムスコに去年も頂いた方からだよ〜と言ったら、しっかり覚えていて
「ぉお!!(゚▽゚屮)屮 やったぜ!」と喜ぶ喜ぶ。 あっというまにホールが消えてしまいました…orz
このケーキの素敵な形は、ノルディックのものですねぇ〜★
「少々お高いけれど、いい型は型離れもいいし、綺麗に焼けるのよ。」とのお言葉でした。 やっぱり。

2007年12月19日 (Wed) -- No.7
 +--フェーブ--+
please clickplease click
今年も12月12日からcuocaフェーブの販売が始まりました。
予めメルマガで販売開始日時が解っていたので、PCの前でスタンバイ。 欲しかった「おいしいお菓子」コレクションを無事get出来ました♪ このシリーズと「黄金のババール」はあっという間に売り切れになりましたね〜; よ、良かった…買えて。
去年フェーブに魅せられてから、毎年1シリーズずつコレクションを増やしたいな〜と思っていたのです。
今年のミニミニお菓子フェーブも、細工が細かくて見ていて楽しい♪
please click
せっかくのコレクションなので、ニトリで買ったコレクションボックスに並べて、毎日眺めています。
ガレットデロワは焼かないんですけどね〜( ̄ー ̄;)
please clickplease click
フェーブと一緒に注文したラッピング用のこまごま。
いつ使うか解らないので、常備しています。 というか、ラッピング資材もコレクション化している気がします;
リボンタイは、よく100円ショップで買ったりしてたのだけど、10本で100円。 ありゃ…cuocaで買ったほうが格安じゃん(汗)
レース模様のラッピングテープ
英字のラッピングテープ
ポップタイ(チェックレッド)
ポップタイ(ドットピンク)
リボンタイ(レッド)
菓子パン用個袋(pains)S
今回特に気に入ったのは、プリントしてあるセロハンテープ♪
可愛すぎる〜。 早く使ってみたいな。
菓子パン用個袋(フランセ)S菓子パン用個袋(フランセ)Mも、とても使いやすくてお薦めです★

2007年12月20日 (Thu) -- No.8
 +--「ターシャからの贈りもの 魔法の時間のつくり方」--+
ターシャからの贈りもの
大好きなターシャ・テューダーのDVD第二巻「ターシャからの贈りもの」が発売されてた事を知って、ついポチ☆してしまいました。
これはNHKのBSで放送されたものを収録したものですが、未公開映像も入っているし、ミニ写真集も付いているんですよね♪
第一巻も持っていて、BGM代わりみたいに流しています。
第二巻は、確かターシャの誕生日のホームパーティや、クリスマスの準備とかの内容だったはず。
(さっき届いたのでまだ見ていないのですが)
ターシャのDVDを見ると、気持ちが静かに、ほっこり暖かくなる気がします。 そして、必ずキャンドルを灯したくなっちゃいます(笑)

2007年12月27日 (Thu) -- No.9
 +--最近の焼き焼き--+
please clickplease click
please clickplease click
please click
写真をクリックすると、ちょこっとコメントあります☆

今年のクリスマスは、オットが帰ってこれなかったので、ムスコとふたりでした。 普段の夕食でいいや…と思っていたら、「やっぱクリスマスはチキンだよね〜♪」と妙にこだわる奴が1名いるので、しょうがなくいつもの味噌風味のタンドリーチキンを焼く事にしました。
数年前生協の冊子に載っていたレシピをずっと愛用していたのですが、今年レシピを探してもその切抜きが無い〜〜〜(;_; )オロオロ ( ;_;)オロオロ
仕方が無いのでタンドリーチキンのレシピに味噌を適当に加えて、鶏もも肉を1日漬け込みました。
⇒覚え書きmemo
プレーンヨーグルト 100cc
味噌 大さじ4
ガーリックパウダー 小1
カレー粉 大さじ1
塩 小さじ1/2
胡椒 少々

本のレシピはガーリックパウダーではなく、しょうがすりおろし1かけ・にんにくのすりおろし1かけ
スチームオーブンのお任せキー「鶏のハーブ焼き」で焼いたのですが、網から落ちた油の始末にうんざり(爆)
本来なら天板を使えばいいのでしょうが、このお任せキーは、電子レンジとグリルを併用しているので、天板は使えないんですよね…。
次は下に耐熱ガラス皿を置いておこうと思います。
でも皮の油がしっかり落ちて、パリパリの皮が絶品のタンドリーチキンになりました♪
(ちなみに、本のレシピではオーブンで200℃15分、裏返して10分になっています)

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen