My Diary
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2007/09/.....
2007年 9月 4日 (Tue) -- No.1
 +--北海道へ行ってきました--+
please clickplease click
夏休み最後の8月30日〜9月2日と、北海道へ出かけていました。
ちょうど2年ぶりの北海道〜♪
オットが4日間夏休みがとれることになって、岩手にするか北海道にするか悩んだのですが、ムスコの「旭山動物園に又行きたい」の一言で北海道に決定。
私は岩手に行ってみたかったのですが(「どんど晴れ」欠かさず見てるし笑)、 一緒に旅行できるうちは、ムスコの楽しみもないとね…という事で。 私は景色のいい中をドライブするだけでも大満足なのですが、ムスコは飽きてしまうんですよね。
please click
今回は旭川〜知床往復の旅でした。
移動距離が長いので、道中色々立ち寄るという訳にはいかなかったけれど、お天気にも恵まれて楽しい旅行でした。
初日午後から立ち寄った「旭山動物園」は、相変わらずの大混雑(汗) やっぱりねぇ〜。 2年前は午後3時を過ぎると、ぐっと人が減って見放題だったのですが、今回は閉園間際まで結構人がいました。
ムスコと私は大のペンギン好きなので、ほとんどの時間ペンギン館の前でぼ〜っとペンギンを見続けまったりしました。(オットはベンチで舟こぎ笑)
please click
その日は紋別まで移動して宿泊。 翌日知床まで出かけて観光船に乗り、屈斜路湖近くのホテルに宿泊。
翌日旭川までもどり、夜は地ビール館で美味しいビールを堪能しました。

ドライブの途中で野生のエゾシカやキタキツネにも遭遇できました♪
野の花も結構咲いていて、北海道ドライブ堪能してきました♪
*
*


◇memo◇
◆宿泊
紋別セントラルホテル…普通のビジネスホテルと思いきや、広くて清潔な部屋で、大浴場もありました。 口コミで評判だったバイキングの朝ごはん、北海道ならではの和洋の料理が並び、大満足でした。 夕食はホテルのレストランでとったのですが、いくら丼&ホタテ丼めちゃくちゃ美味しかったです。 しかもお手ごろ価格♪

ホテルフォレスター…TVが衛星放送しか映らない、というくらい山深い場所にあるホテルでした。(もちろん携帯も圏外) 夜到着して朝には発ったので、ホテルでのんびりする時間があまりなかったのですが、ここは早めにチェックインしてホテル敷地内を散策したり、まったり景色を眺めると良さそう。 ここは夕食がとても美味しかった♪ 名物だと後で知った「豆乳豆腐鍋」、豆腐が半分溶け出して、すごく美味しかったです〜。 家でも作る事出来るかしら。

旭川トーヨーホテル…こちらは普通のビジネスホテルという感じ。 でも部屋もこざっぱりと清潔で( ^ー゜)b 1階にコンビニが入っているので便利でした。

◆その他
こしみずリリーパーク…もう百合の時期はお終いなので、百合はそこそこ、という感じ。 ブルーサルビアやクレオメ等が綺麗に咲いていました。 百合が満開の時は、見事でしょうね。 ここの一押しはゲート前にある出店の「いも餅」。 せっかく北海道に来たのだからと注文したのですが、今まで食べた事ないくらい美味しいいも餅でした。 以前も食べた事あるのですが、ここのお店のいも餅くらいモチモチしたいも餅は初めてー! お店の方に聞くと、じゃがいも以外の物は全く使っていなくて、マッシュしたじゃがいもと片栗粉だけで作っているそうです。 それをカリッと油で揚げて、甘辛いタレをかけてくれます。 あまりの美味しさに、追加注文してオットとムスコにも食べさせました(笑)

旭川大雪地ビール館…レンタカーを返した後、近くにあったので寄ったレストラン。 もちろん地ビールが飲みたくて(笑) 店内に入った後、「あ、ここ前回も来たね」と気づきました(爆) ビールの種類も豊富で、料理も美味しいお店です。 私は「美白」「ケラ・ピルカ」を頂きました。 やはりチーズ料理が美味しくて、ムスコが特に気に入った料理は、「冷たいチーズフォンデュ」。 これって家でも作れるかなぁ。 冷たいチーズが固まっていなくてトロリとしているとは…いったんチーズを溶かした後、生クリームや白ワインを加えて固まらないように緩めているのかしら。

2007年 9月 5日 (Wed) -- No.2
 +--ウインナーパン&ライ麦入り角食パン--+
please clickplease click
久しぶりの焼き焼き。 定番ウインナーパンと朝食用のライ麦角食。
ライ麦角食、はるゆたかブレンドが足りなくて、リスドォルで焼いてみました。
どんな食パンになるかしら…と思っていたら、どっしり重いもっちり食パンになっていました。 やっぱりー。 粉の種類以外は全く一緒の配合なのに、こんなに食感が違うって不思議です。
私は食パンはどちらかというと軽いのが好きなので、リスドォルで角食を焼くのはこれからは無さそう。 蓋をせずに山形食パンにして、のびのび窯伸びさせたら、リスドォルの食パンもいけるかな。
今度フランスパンの配合で山食焼いて試してみようと思います。

2007年 9月 7日 (Fri) -- No.3
 +--ベーコンエピ--+
please clickplease click
今日の夕食のベーコンエピ。 パルメザンチーズもたっぷり巻き込んでいます。
2学期になって下校時間が少し早くなったので、ムスコの塾の時間まで少しゆとりが出来るようになりました。 これから冬に向けてどんどん早く帰るようになるので(一番早いのは4時半下校)、楽になるわ〜。 ちゃんとした晩御飯を食べさせられるようになります。(栄養的に、ですが。 基本手抜き〜爆)

昨日今日の台風、すごかったです。 今の時間も風はまだまだ強く吹いています。
植物の鉢が沢山あるので、なるべく風が弱い場所を探して避難させていました。 でも葉っぱがかなり痛んでしまっていて、ガックリ。
マンションの前の林からもちぎれた葉っぱが沢山ベランダに舞い込んでいるので、明日は朝からベランダ掃除に精を出さなきゃ〜。

2007年 9月 8日 (Sat) -- No.4
 +--STARDUST REVUE 『31』--+
スタレビ『31』
スタレビの新アルバム「31」発売されました〜♪
通算31枚目のアルバムですって。 アルバムは全部持っている筈だけど、そんなにあったっけかー?? あ、そういえばベストアルバムは買っていないのもあったっけ。
5日に発売されていたのに、今日の新聞広告まで知らなかった…orz ファン失格ね(汗) もうファンクラブにも入っていないし〜。
久しぶりのアルバム、嬉しい〜。 シングルの新曲はその間も発表されていたけれど、アルバム発売までじっと待つσ(^^;)
これからアルバム買いに行くぞ〜C= C= C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘

01 Spice of Life
02 未来は今に
03 彼女とOh My God!
04 愛の歌
05 初めて君と会った日
06 あなたの背中
07 Strange Dance
08 大渋滞
09 煙が身にしみる
10 大事なものは見えない場所にある
11 WAKE UP! MY HEART

2007年 9月 9日 (Sun) -- No.5
 +--カルピス『飲む ぶどう酢&カルピス』--+
最近はまっている飲み物…
please click
カルピス飲む ぶどう酢&カルピス』〜♪
オットが単身赴任中の為、食卓にぐっと酢の物が並ぶ回数が減っている我が家。(ムスコがお酢嫌い)
でも手軽に酢をとりたい〜。
飲むお酢って、注目されるようになった頃、リンゴ酢やらブルーベリー酢やら挑戦してみたのですが、酢独特の刺激がどうしても慣れる事が出来ず、リタイアの経験あり。
で、先日スーパーで見つけたのがこの『飲む ぶどう酢&カルピス』でした。
恐る恐る飲んでみたところ、美味しいではないの〜★
やはりお酢の独特な酸味はあるのだけど、どうしてだろう〜これは大丈夫。(ムスコにも飲んで欲しくて、ひとくて飲ませたら駄目でした(汗) こいつにこそ、飲んで欲しかった。
うがーっと暑い時にこれを飲むと、シャキーン☆とします(笑)
他にも「りんご酢」「うめの酢」があるので、りんごは試してみたいな。

普通の『カルピス』は、我が家はムスコ用に常備。
カルピスウォーター』は、OL時代に新発売されて超はまり、いつもデスクに乗っかってました。(自分で希釈するカルピスとどうしてこんなに味が違うのか不思議でした…今も不思議)
この間の旅行中に、コンビニで買った『THE PREMIUM CALPIS』は絶句するほど(大袈裟)、んまかった!(1本を家族3人で取り合い;←せこい;)

2007年 9月10日 (Mon) -- No.6
 +--フランスパンの配合で山型食パン--+
please click
朝食用の食パンを焼こうと思ったら、牛乳切れ…。
それじゃあ、この間試してみようと思っていた、フランスパンの配合で山型食パンを焼いてみることにしました。
リスドォル410gを使ってHBで生地を捏ね、1次発酵・ベンチタイム後、くるくる生地を巻く方法で食パン型にセット。
最終発酵前最終発酵後
型の縁から約4cm生地が覗いた頃(室温で約60分)、焼成に入りました。
焼成温度は『e-ぱん工房』さんのイギリスパンを参考にしました。(焼き色が薄かったので、190℃5分追加)
実は、もっと窯伸びすると思って、このくらいの最終発酵でオーブンに入れたのですが、殆ど窯伸びしてない〜;; なんだか角食とあんまり容量的に変わらないんじゃ…?
天使の囁きは、エピほどではありませんが、かすかにピチピチ言っていました。
please clickplease click
今朝こわごわスライスしてみたら、恐れていた程クラムの目もつまっていなくて、フランスパンっぽい気泡も入っていました。
トーストしたら、クラストパリパリ、クラムもっちりで、なかなかいい感じ〜。 ムスコも気に入ってくれたようです。
今度はもっとじっくり最終発酵に時間をかけて、山をこんもりさせてから焼き上げてみようと思っています。 オーブンのフランスパンキーで焼いても大丈夫かしら…( ̄-  ̄ ) ンー てっぺんが焦げ焦げになっちゃうかな…。

*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*

please clickplease click
塾前の晩御飯のバーガー。
チキンクリスピーに余っていた鶏蒲焼のタレをからめたら、マックの照り焼きバーガーラバーのムスコは大喜びしていました(笑)
今回は牛乳が無いため、リーンなパンで、噛み応えのあるバンズになりました。

2007年 9月16日 (Sun) -- No.7
 +--りんごの季節到来♪--+
please click
私の大好きなりんごの季節がやってきましたL(@^▽^@)」 ワーイ
今日スーパーに行くとおそらくこの間の台風で被害をうけた津軽りんごが6個で298円で売られていて、即買い♪
今週体育祭の玉いれ用の玉を作りに、友人が来るのですが、この友人が煮りんごが大好き。 なので、全部煮りんごにしちゃいました。
冷凍保存している「しっとりショコラ」に添えて出そうと思っています。

ちょいとここから愚痴なのですが…
中学2年生の夏休みって、『要注意』だと1学期末に学校からも言われていたんですよね。
あんまり目立つ事をするとガツンと先輩に怒られちゃう1年生ではないし、受験もまだ目の前にぶらさがっていない、お気楽2年生。
やらかしてくれました、わがムスコ( ̄ー ̄)o゛プルプル
ムスコの携帯はパケ放題にしていないのです。 サイトはPCで見ればいいし、着うたをDLする必要はないから、最低料金のプランで契約していました。
つい先日8月の使用料確定のメールが来たので開いてみると、目を疑っちゃいましたよ…10万超えちゃってます[:!!:](いつもは私のとあわせても1万程度) 慌ててPCで明細を確認すると、ムスコの携帯からウェブ使用料93000円。 9月も既に29000円。
激怒ですよ、激怒(-_-メ)
あれだけサイトを見るな、と言っていたのに。 しかも、怪しげなサイトに繋ごうとしてるしっ(ウェブ制限していたので、入れなかったみたいですが)
腹の虫が収まりません〜( ̄ー ̄)o゛プルプル
とりあえず、約13万円、今後のお小遣いやら誕生日祝いやらお年玉やらで、すべて徴収することにしました。(いつまでかかるやら) 自分で責任とらせます。
今日来月からのパケ放題のプランに変更してきましたが、これはあくまでも保険。 ムスコには言いません。
しっかしアホやな…ハハはものすごく脱力(爆) お恥ずかしい話です(ノ_<。)

2007年 9月19日 (Wed) -- No.8
 +--フランスパンの配合で山型食パン--+
please clickplease click
フランスパンの配合で又山型食パンを焼いてみました。
今度はじっくり時間をかけて最終発酵させたのですが、型から約4cm盛り上がるくらいが発酵の限度みたい。 190℃15分・170℃15分・220℃5分で焼き上げました。 やはり窯伸びは無し。 フランスパンの配合って、こんなものかしら。
スライスしたら、ちゃんと大きな気泡も入っていて、フランスパンのクラムっぽいので、これで納得することにしました。 今度はフランスパンキーでおまかせで焼いてみよう。うむ。
please clickplease click
please click
他の焼き焼き。
紅茶シフォンとツナロール。
シフォンは1日冷蔵庫で寝かせた方が、しっとりして美味しいのに気付きました。 先日たっぷり作った煮りんごを添えて。
今日もこれからシフォン焼きます。 何にしようかなぁ。
しっとりショコラや煮りんご、アイスクリームと一緒に盛るつもりなので、プレーンシフォンがいいかしら。

2007年 9月19日 (Wed) -- No.9
 +--ナチュキチ--+

please click

久しぶりにナチュラル・キッチンに出かけてきました。 半年ぶりくらいかなぁ。
最近ナチュキチはミニチュア物を多く扱っているらしく、ちっちゃなアンティーク風ミシン等のソーインググッズとか、キッチングッズが沢山ありました。
ちっちゃいもの好きにとっては、( ̄¬ ̄) もの。
ドールハウスみたいに本格的なものはいらないけれど(というか、置く場所ない;)、小さなフレームに納まるくらいなら、ちょっと並べてみたくなって数点購入。
please clickplease click
ちまちま〜と並べて、ミニパン屋さん(パンの数少なっ;)?
キッチンツールがツボ♪です。

他にエアプランツ、ミニワイヤーバスケット、ウッドスプーンを買ってきました。

2007年 9月27日 (Thu) -- No.10
 +--多肉ちゃんお迎え〜--+
please clickplease click
近所のバラ園の感謝祭で多肉植物全品3割引♪
ついつい連れて帰っちゃいました。
左から『デイビット』『月兎耳』『雅楽の舞い』『玉つづり』。
ちょっと徒長しているのが多くて、時間をかけてじっくり選びました。
鉢は、以前購入したM' home stileの「観葉ミニプランターセット」を使用。
あんまり鉢を増やすと冬の管理が大変になるのは解っているのだけど、ついつい…。
この夏の猛暑で、以前の多肉ちゃんたちも葉焼けして元気が無いんですよね〜汗 やっと涼しくなってきたので、盛り返してくれるといいなぁ。
please clickplease click
葉ざしした多肉も、芽が出てきました。 植え替えはもう少し先かな。
剪定した『ビアホップ』の先からも、ぷくぷく葉が生えてきています。

2007年 9月27日 (Thu) -- No.11
 +--スイーツプレート--+
please click
先週のお客様にお出ししたプレートを今頃UP;
しっとりショコラ、煮りんご、プレーンシフォン、ヨーグルトアイスクリーム。
他にプレーンとココア味のリエージュワッフルを焼きました。
久しぶりに焼いたワッフル、美味しかった〜。 又焼こう☆
来週は大勢のお客様(6名)が来るので(本当は役員の集まり)、何作ろう〜。
今の所、久しぶりのバラパン2種、エピ、スイーツはチーズケーキ2種とシフォンケーキを考えています♪

2007年 9月29日 (Sat) -- No.12
 +--クローバーの箸置き♪--+
please click
M' home styleさんの「クローバー箸置き5個セット」が届きました☆
L(@^▽^@)」 ワーイ
残量が1setになっていて、焦った〜〜〜。 本当は3setくらい欲しかったな。 プレゼントとかに良さそうだし。
それと一緒に「ランチプレート」も。
小ぶりだけど、軽いし綺麗に重なるので(スタッキングできるというのはポイント高い)、使いやすそうです。
スイーツを盛ったとき、ソースが混ざると困るような時にいいわぁ。
食洗機にも綺麗に納まりました(これ重要)( ^ー゜)b

ちなみにM' home styleさんで買った食器たち。
買ってるな〜〜〜;
食器大好きな私にとって、( ̄¬ ̄) ものの食器がズラリ…しかもお手頃価格なもので(〃∇〃)

写真をクリックすると、使い心地をmemoしています。
please clickplease click
→ヨーロピアンオーバルディッシュ
→桜小鉢
please clickplease click
→クローバーのチョコレートディッシュ
→クローバーのサラダボウル
please clickplease click
→カフェオレボウル クラッシックアイボリー
→ココット クラッシックアイボリー
please clickplease click
→野菜コトコトシチュー鍋1400cc
please click
→4つの観葉ミニプランターセット

M' home styleさんは時々メルマガ会員にのみ、2000円(1999円だったっけ)以上の注文で送料無料になる事があるので、興味がある方はメルマガ登録をお薦めします( ^ー゜)b

2007年 9月29日 (Sat) -- No.13
 +--実録!栗の渋皮煮(笑)--+
母が京都の友人から丹波の栗を貰ったので、お裾分けしてくれました。
…というより、母があまりの栗の量に根を上げ、半分我が家に来た次第(爆)
栗は食べるのは大好きなのですが、実は私も生栗を貰うと途方にくれる人。
甘露煮やモンブラン、マロンペーストとか大好きだけど、茹でただけの栗は3粒も食べればもういいや、って感じ。(生栗→茹でるしか思いつかない爆)
でも今回の栗は大粒の丹波産だーーー汗 無下にできないっ;
てなことで、丹波栗に敬意を表して無謀にも栗の渋皮煮に挑戦することにしました。(渋皮煮大好きなのよぅ♪)
昨日母に貰ってからすぐ栗を水に入れ、今朝鬼皮むきにとりかかりました。
栗の渋皮煮の作り方を検索したところ沢山hitしたのですが、その中の「和子のくらしエンジョイ」さんの鬼皮のむき方を参考にさせて頂きました。
一晩水に漬けた栗切り目はこんな感じで
一晩余り水につけた栗の皮は、予想以上に柔らかくなっていて、包丁で切り目を入れるのもあまり力を入れずにすみました。 切り目を入れた後、栗を入れた鍋にヒタヒタの熱湯を注ぎ、約2分茹でてから鬼皮剥き開始。
渋皮を傷つけてはいけない…とかなり切り目を入れるのに神経使ったのですが、「あ、傷つけちゃったかも汗」と思ってしまった深めの切り目でも、全く渋皮には傷をつけていませんでした。 むしろびびって浅すぎたのは、剥きにくいくらい。
ただ、剥いていて感じたのですが、切り目は栗の横幅いっぱいに入れておいたほうが、もっと剥きやすかったかも。
切り目から栗のてっぺん(尖った方)に向けて一気に剥いたあと、次はてっぺんから座の方に向かって剥いていくと剥きやすかったように感じました。
剥いたどーーー!please click
戦いの後
1時間半、鬼皮むきに奮闘。 爪をたててしまって渋皮にちょい傷をつけてしまったのも10個くらいありましたが、気にしない気にしない(爆)
鬼皮むきは、爪を大事にしている方は無理でしょうね(苦笑) 皮むき後親指の皮負傷していました(爆)
むき栗は約1200gになりました。
*
さて、いよいよ栗を火にかけることに。
和子のくらしエンジョイ」さんでは、鬼皮を剥いた状態で、一晩水につけてアク抜きするのですが、もうこれ以上待てん〜とせっかちな私は、今度は「Coffee Gallery」さんの「栗の渋皮煮」を参考にさせていただく事にしました。
重曹を入れた水に入れた栗を弱火にかけ、沸騰したらアクをとりながら10分、流水で冷ました後渋皮の周りの繊維状のものを丁寧に取り除く…×4。(3回目・4回目ではもうあまりアクも出てきませんでした。)
4回下茹でして、繊維を取り除いた栗(*´∇`*;△ はぁーplease click
つ   か   れ   た   わぁ  (*´ー`) フッ
せっかちな私に栗の渋皮煮は修行に似たものがあるような(爆)
苦労せず綺麗になる渋皮と、なんだかこれでいいのかというくらい、いまいちの渋皮。 渋皮煮の仕上がりに差がでちゃうのかしら。
三温糖を剥き栗の重量の3分の1の400gを、沸騰してから2回に分けて加えて30分煮あげました。(ここはシャトルシェフにお任せ)
火を止めてから最後にブランデーを100cc。(ちょっと多いかも?;)
(煮汁の甘さを確認したところ、あまりにあっさりしていたので、砂糖100g追加)
これでやっと渋皮煮完成☆ 長かった〜。 朝9時に栗を剥き始めて、煮上がって火を止めたのが午後5時。
…orz (丹波栗を貰わない限り、今後も作らないような気がする…)
please click
自然に冷めるまでじっと我慢。 しかも味が馴染んで美味しくなるのは一晩煮汁に漬け置いてからだって。 うぬぬ。
味は明日のお楽しみかぁ。

◆参考にさせていただいたサイト
和子のくらしエンジョイ
Coffee Gallery
ありがとうございました。

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen