My Diary
画像をクリックすると
大きな画像を見る事ができます

Diary in 2008/09/.....
2008年 9月10日 (Wed) -- No.1
 +--ウラ県民性診断--+
友人がyahooのウラ県民性診断をやっていて、面白そうだったので自分も診断してみました〜。
私は岡山出身千葉在住なのですが、その結果は…

ウラ県民性診断 性格から見たウラ県民性は……北海道タイプ

北海道の人は、土地が広いこともあって、おしなべておおらかで大ざっぱな性格のようです。また、他の地域のような保守性(見栄を張ったり、家柄や格式などにこだわる)がありませんので、何事にも合理的です。札幌あたりでは冠婚葬祭も比較的簡素でお金をかけません。結婚披露宴はほぼ会費制ですし、葬儀も午前中に行うことが多いようです。また、ゴルフも休憩なしで回って午後から仕事をします。リサイクルショップの店数が人口あたり日本一多いのも、北海道の合理的な気質からうなずける話なのです。

北海道の男性には、フロンティア・スピリッツ(開拓精神)のイメージがありますが、実際は大人しいというか、ほわあっとした感じの人が多く、逆に女性は行動力のある男っぽい人が多いようです。これは開拓時代から男性と対等に働いてきた歴史があるためのようです。

北海道?? 意外な結果だわ〜。 ほほー。 ちなみに岡山県民性は、
岡山人の気質を一言でいうと、金銭感覚の鋭い真面目な理数系です。加えて勤勉で真面目で、流行にも振り回されないタイプが多いようです。

岡山は、奈良時代は鍬、平安時代は刀を作ってきた地域で、昔からもの作りが盛んだったため、理知的、理論的な性格が形成されたようです。岡山は気候が温暖で土地も肥えていて、経済的には豊かだったのですが、江戸時代は外様大名であったため、幕府に睨まれないように質素な暮らしをしてきた歴史があります。さらに大阪とのつながりが強かったために、鋭い金銭感覚が養われたのでしょう。現在でも、月賦より現金で買うし、財布のひもが固いため、「岡山で成功すれば、全国どこでも成功する」といわれるぐらいなのです。

ただし、北部の美作は人情があり、温和で誠実な人が多く見受けられます。
とのこと。
これを読む限り、自分は岡山県民じゃわ〜と思うんじゃけど(笑)
北海道はぼっけぇ好きじゃけぇ、まっいっか。

岡山でずーっと生まれたときから暮らしていた私にとって、12年前初めて県外で暮らす事になったのが、今暮らしている千葉県。 さすがにもうホームシックにはならなくなりましたが、越してきて数年は田舎もんぽくて訛りもあるんだろうなぁ…と何となく居心地悪い気がしていました(笑)
でも暮らしているうちに、周りは殆ど全国各地出身の人ばかり(笑) 岡山県民にとって千葉って都会じゃわ〜きっと皆お洒落なんじゃ〜と思っていたのも今は無し(爆)
(交通の便がいいのはめちゃくちゃ格差ある。 岡山は車無いと暮らせない笑)
でも最近岡山が何故かすごく愛しいのです。 歳取ったからだろうなぁ。
暮らすのは千葉が便利でいいけど。(北海道も近いし)

2008年 9月11日 (Thu) -- No.2
 +--「温室コナジラミ」と戦う (ノ`△´)ノ--+
please click
我が家に何鉢もあるレースラベンダー。
とても丈夫で何年も元気だし、花期も長くて(殆ど一年中咲いてる)、お気に入りのラベンダーなんですが、この夏1mmにも満たない小さな白い羽虫が大発生。 ちょっと振動を与えると、ふわ〜っと粉のように舞い上がり、又株に戻っていく。
とりあえずオルトランを処置し、様子を見ていたのだけど全然減らない。 大切なカシワバアジサイにまでとりつき、ついに葉っぱが全部落ちてしまって無残な姿になってしまいました<(T◇T)>うわ〜ん;;
とにかく虫の名前を調べて有効な対処方法を知らなくては、と検索をかけて解ったのが「温室コナジラミ」という名前。 確かに「粉」みたいだわ〜;;
オルトランを1週間ごとに散布するのが有効らしいので、3回程散布したけれど改善されません。 ついに専門家に聞くしかないと思い、近所のバラ園の園芸センターに駆け込みました。
「温室コナジラミ」効くのは「アクテリック乳剤」だと教えて貰い、購入。 500倍に薄めて霧吹きで植物にかけます。 ちょっと臭うけれど、これで撲滅できるといいなぁ…。
丸裸のカシワバアジサイ、葉っぱ出てくるかしら…もう駄目なのかなぁ…orz

please clickplease click
あまりに憔悴したレースラベンダーが植わっていた1鉢は、ラベンダーを抜いて新しく買ってきたハーブゼラニウムを3株(「プリティポーリー」・「雪嶺」)植えました。
ハーブゼラニウムは以前ローズゼラニウムを何鉢も育てていたのですが、老木化して処分したので、2年ぶりくらいです。 「プリティポーリー」は白〜濃ピンクのグラデーションが綺麗な花が咲くみたいなので、春が楽しみ〜♪ 「雪嶺」は斑入りの葉っぱが気に入りました。
ゼラニウムは葉っぱを切ってコップにいけても様になるので、早く大きくならないかな〜o(^ー^)oワクワク

2008年 9月12日 (Fri) -- No.3
 +--多肉が又増えた…;笑--+
please click
朝8時にピンポーン♪と何やら抱えて来たハハ。(早いっつのー;;)
ハハ曰く「この鉢飽きたから、いるものあったら引き取って♪」
飽きたとな〜〜〜??爆
もう多肉飽和状態の我が家ですが、捨てるのは可哀想なので徒長しまくりの多肉ちゃん達を胴切りして挿し穂用に。
親株は、我が家の葉ざし&挿し穂を放り込んでいる鉢にとりあえず植え替えました。
please clickplease click
「熊童子」「ハムシー?」「ビアホップ(新玉つづり)」「雅楽の舞」「虹の玉」後1つ不明多肉ちゃん。
「熊童子」は大好きなので、嬉しいかも。
涼しくなってきたので、夏バテしていた多肉たちもこれから生き生きしてくるかな〜♪

我が家のセダム丼2つ。
please clickplease click
セダムは夏も元気に増えたものが多かったので、ついつい他の鉢に移植して、又もやセダム鉢が増える事に(笑) だって可愛くて処分できない〜。

2008年 9月15日 (Mon) -- No.4
 +--ランチ会の準備1--+
去年の我が家の集まりの時に仕事で来れなかった元役員仲間のひとりが、「kenkenさんちに行ってないから行きたいんだけど〜♪」と言ってくれて、じゃあ他の元役員たちにも声掛けてみる〜?という事になりました。
木曜日に我が家に集合〜☆
総勢7名になりそうなので、早めに準備できる焼き菓子を順次焼き焼きしています。
please clickplease click
型はひとつ!大好きな焼き菓子」から、ドライフルーツケーキ
冷蔵庫に常備してあるドライフルーツのブランデー漬けと、長時間漬け込むと色が悪くなるので、クランベリーはブランデーを30分くらいあえたものを使いました。
ドライフィグがゴロリと入っていて、プチプチした種の食感がたまりません〜♪
スリム型で焼いて、焼きあがりすぐにブランデーをふっています。 翌日にカットしてクリアパックに個別に入れて冷凍庫でスタンバイ☆
please clickplease click
たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」からオレンジのアーモンドケーキ
レシピの分量を1.5倍にして、20cmのスクエア型で焼きました。 オレンジスライスのシロップ煮(缶詰)を並べたら、華やかでいい感じです〜♪
アーモンドプードルがたっぷり入っているので、馴染む翌日を待って、ブロックにカットして、これも2個ずつクリアパックに入れて冷凍庫に。
please click
そして定番中の定番の「まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」からしっとりショコラ〜☆・:.,;*
これは何度出しても大人気なので、外せませんね〜♪
レシピのチョコレートを100gに換算して、18cmのスクエア型で焼きました。 生クリームは残りを使いまわし易いように、90mlを100mlに増量。
1日冷蔵庫で冷やした後、ブロックにカットして4つずつクリアパックに入れて、これも冷凍庫。
焼き菓子はだいたい冷凍庫保存が大丈夫なので、早めに焼いておきます。 冷凍庫に焼き菓子があれば、急にお客さんがあってもすぐに対応できるので、大抵ストックしています。

さて、あさっては日持ちがしない、チーズケーキ系を準備します♪

2008年 9月16日 (Tue) -- No.5
 +--「カフェ日記」--+

やちさんの「カフェ日記」が届きました〜☆・:.,;*
ゆっくり眺めて楽しもうっと♪
こんな素敵な暮らしからは程遠いけれど、気持ちだけは…っ( ̄^ ̄;)
いつか、カフェ ベーグルチョコに行くのが夢です〜。

2008年 9月17日 (Wed) -- No.6
 +--ランチ会の準備2--+
前日は、日持ちがしないチーズケーキ等を焼きました。
please click
シフォンケーキ・アラカルト」のダージリンティー・シフォン
予定でははシフォンは焼くつもりがなかったのですが、お茶だけしてお昼前に帰る方がいるので、お昼にもたれない軽いシフォンがお茶のお供にあるといいなぁと思って急遽焼き焼き。
家にある材料で準備できる紅茶ケーキにしました。
レシピには茶葉は入っていないのですが、私はいつもティーパック2個生地に加えています。
ダブルミルクアイスクリームを数日前に用意したので、それを添えて出そうかと思っています。
please clickplease click
ちっちゃなチーズケーキのレシピブック」からベイクドチーズケーキ
材料を混ぜるだけのベイクドチーズケーキと比べ、卵白を泡立てて加えているので、スフレチーズケーキ程ではありませんが、柔らかい食感で、これも美味しいチーズケーキです。
前回見事に凹んじゃったので、kieちゃんのアドバイス通りオーブン庫内でゆっくり冷ましました。 翌日型から外してみると、凹んではいるけれど、外側の壁が崩れずに済んだので、ホッ♪
please clickplease click
もうひとつ「たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」からヨーグルトレアチーズ
小さめのカップに冷凍のアメリカンチェリーを1つ沈めています。
LOVE PANCAKE Little Kitchenの朝じかん」さんからヒントを頂いて、赤ワインでゼリーを作ったので、当日はクラッシュゼリーにして上にのせる予定です。 ロゼじゃないので、色が可愛くないなぁ〜汗
実際のせてみたら、ワインの色が濁っていて、漉し餡みたいに見えてしまいました。 かなりテンション↓; かっこつけずに、そのままか、あるいはピンクグレープフルーツのゼリーにでもしておけば良かった〜;;

ランチ会当日の明日は、「おもてなしランチ会のらくちんメニューブック」から4品作るつもり。 特に焼くだけ、とか和えるだけ、というメニューをチョイス(笑)
他にカイザーゼンメルとリエージュワッフルを焼こうと思っています。
( ´ー`)フゥー 考えただけで疲れてきたかも(爆)

2008年 9月18日 (Thu) -- No.7
 +--おうちランチ--+
当日はランチの料理に専念しました♪
please clickplease click
メニューはたかこさんの「おもてなしランチ会のらくちんメニューブック」から、全部選んじゃいました♪
たかこさんのこのレシピ本は、「らくちんメニュー」というだけあって、短時間で用意できたり、オーブン任せに出来るメニューが満載で、今回とても助かりました〜♪
ワンプレートに盛り付けてお出ししました。
ブロッコリーのキッシュ風(右写真)
にんじんサラダ
ポテトサラダ(友人が差し入れしてくれました♪)
プチトマトとモッツァレラのカプレーゼ
コーンクリームスープ
カイザーゼンメル
リエージュワッフル

ブロッコリーのキッシュ風は、アンチョビが入っていて(実はアンチョビのフィレ缶は、初めて買いました笑)、とても美味しかったです。 中の具は先に炒めておいて、パンが焼きあがった後すぐに卵液を加えて焼き上げたので、オーブンの熱を無駄にする事なく( ^ー゜)bでした♪
友人が差し入れしてくれたポテトサラダも、じゃがいも&さつまいもを使ったダブルポテトで、とても美味しかったです〜♪
please clickplease click
スイーツは、お昼前に帰らなくてはならなかった友人に出したくて、紅茶シフォンにダブルミルクアイスを添えて、ランチ前にお出ししました。
ランチの後、前日までに用意したスイーツをワンプレートで。
フルーツケーキは残ったパンとワッフルと一緒にお土産にしました。

今回は久しぶりの集まりで、ちょっと頑張ってしまい、10時〜16時すぎまでお客様だったので、後で疲れが少々出てしまいました…orz
親しくなる程、かなりラフなおもてなしになってしまう…ププッ ( ̄m ̄*)
でもオーブンフル稼働も久しぶりで、充実感がありました〜。 たまにはいいかも。

2008年 9月20日 (Sat) -- No.8
 +--「小さい花屋 果凛」さんへ♪--+
please click

雑貨屋さんのサイトから旅に出て、たどり着いたお花屋さん「果凛」。
なんだかとっても雰囲気が良さそうで、どうも割りと自力で行けそうな場所にある…でも地図を確かめたら、道を右折左折繰り返して行かなければならないっぽい…;
ナビのない我が家の車を地図を確認しながら、ひとりで運転していくのは無理そうだと判断して、オットに運転を頼んで出かけてきました♪
地図では複雑な気がしたのだけど、走ってみると全部道なり〜♪( ̄ー ̄)v ブイ! なんだこれだったら、自分ひとりでも出かけられる事が判明しました≧ω≦
花屋さん大好きという理由もあるのですが、一番大きな目的は11月にある果凛さんで催されるイベント「温楽会」に是非行ってみたいから。 その前に道の下調べをしたかったのです。
到着してみると、古い家屋を利用した、なんだか懐かしい感じの花屋さん。 切花ではなく、苗中心でした。
内心こういうお洒落な花屋さんって、苗もお高めでは…と思っていたのですが、お手頃価格〜物によってはHCの苗より安いー♪
下調べだけのはずが、苗をお持ち帰りしてしまいました(*≧ω≦*)ププッ
ラベンダー デンタータシルバーリーフユーフォルビアダイアモンドフロストローズマリーの3つ。
ラベンダーは、白っぽい柔らかい葉で、触るととてもいい香り。 この秋は咲かないかもとお店の方がおっしゃっていましたが、帰ってよく見ると小さな花芽を確認しました♪ 楽しみ〜。 四季咲きなので、春と秋に花を楽しめるそうです。
ユーフォルビアは、すでに2株持っているけれど、夏の間もずっと咲き続けて最近は花も少なくなってお疲れ気味だったので、咲き誇っている株を見ると又欲しくなってしまいました(笑)
please clickplease click
今回のローズマリーはちょっと不思議な株です。 葉も茎も細くて華奢なのだけど、花がとても大きくて華やか。 でも葉っぱからローズマリー特有の香りがありません。 とっても不思議。 お店の方と園芸種として開発されたものなんですかねぇ〜とふたりで首をかしげてしまいました。 ネットでも色々調べてみたのですが詳しい名前は解りませんでした。

想像以上の素敵な花屋さんだったので、イベント前にもお邪魔してしまいそう〜。 夏からベランダの鉢を整理して減らしてきたのですが、又もや鉢だらけになりそうな予感…笑
あ〜でもとても楽しかったです〜≧ω≦
じっくり苗選びしている間、オットはさぞ退屈しているだろうと思ったら、庭に使っている枕木や、水草が浮いている昔の釜戸の釜、ざくろの実を眺めて喜んでいました(笑)

2008年 9月22日 (Mon) -- No.9
 +--モーヴカラーのツウィッグリース--+
please clickplease click
TIARAさんの9月のレッスンキット「モーヴカラーのツウィッグリース」を友人と一緒に作りました。
けぶった紫系のドライで、とてもシックなリースに仕上がりました。
こんな風にドーム状にドライを仕上げるのは初めてで、バランスが思いっきり自己流になってしまい、上手く仕上がったのか、いまいちなのか解らない〜笑
掛けても置いてもいいリースで、私はとりあえず壁に掛けて飾っています♪
please click
■花材
キンポウジュ
モス
アジサイ
エキナセア
ミントフラワー
オレガノラヴィ エガツム
エリンジューム ブルーグリッター
ビバーナム(ブラウン)

2008年 9月23日 (Tue) -- No.10
 +--seriaの植木鉢で--+
please click
買い物に行ったついでに、100均のseriaを覗いてみたら、シンプルな鉢を発見☆
素焼きのままもいいのだけど、白の釉薬を外側に塗ってあって、これはこれでインテリアの邪魔をしなくて、どこでも置けそう♪
先日のランチ会で、我が家のセダムたちが人気で、「増やしたらいる〜?」と聞いたら、「いるいる〜」との事だったので、ちょうどいいかなと思って購入。
鉢にお金をかけちゃうと、もらう方も気を遣うでしょうしね。
please clickplease click
涼しくなってきて、元気に伸びてきたセダムを、植え込むというより土の上に放置(笑) しっかり根がついて、こんもり繁るといいなぁ♪
上手く繁ったら、里子に出そうと思います。

2008年 9月27日 (Sat) -- No.11
 +--ココアのマーブルシフォン--+
please clickplease click
友人から新鮮な桜たまごをどっさり頂いたので、マーブルシフォンを焼きました。(レシピは「シフォンケーキ・アラカルト」から)
私はエンボス加工の17cmシフォンケーキ型を愛用しているのですが、レシピ本は18cmの型で、いつも生地が余ってしまっていました。
(卵白のストックが無い時は卵5個全部使っているという事も原因)
今回は卵4個を使う分量に計算し直して、それに少々アレンジして焼きました。
生地にココア液を加えた後、全く混ぜずに流し込んだのですが(その方が模様が綺麗にでるかと思って;;)、底にどさっと沈んでた〜汗
■材料(17cm型)
卵黄 4個分
グラニュー糖 50g
サラダ油 40cc
水 50cc
小麦粉 80g
卵白 4個分
ココア 大さじ2
熱湯 大さじ3
ブランデー 小さじ1

この分量で17cm型から溢れることなく、ちょうどいい感じ。
ホールでプレゼントする時は、味見も兼ねて余った生地を紙コップで焼くのも、いいんですけどね〜。 でも紙コップで焼いたシフォンは、どうしてもパサパサした食感になるのが残念です。 紙は焼いている間の水分の蒸散が多いのかしら。

エンボス加工の18cmの型が欲しいなぁ…20cmも♪
お店では見つからないので、ネットで探してみようかな〜。

No.  Pass   

全ての日記を保存
拡張子は
htmlに変更して下さい。
Original script by Tacky'sRoom
Edit by Aikon's CGI Kitchen